何故、人に迷惑をかけても平気な自分になってしまったのか / 貴方や私に自分革命は起こせるだろうか

Title : もっとすごいはず

 

 

児童のランドセルが重い物になると8kg弱などと、関係各位は一体何を考えているのか。メーカー、両親、学校、それらことごとくが明らかに不作為の児童虐待者だ。

何てこと言うんだ!と反論する社会は既に常軌を逸し、何が正しく何が間違っているのかを正当に判断する能力を失っている。現にこんな問題で政府が介入しなければ事が改善出来ぬなど、もはや人情シュレッダー、末期状態に等しい。

私は5kgの米袋をレジに運ぶだけでも難儀だ。だが問題はそれ以前、児童イコール、ランドセル。

そんな無意味な伝統や象徴について何一つ考えることなしに、頬をバラ色に染め高価なランドセルを購入してあげる保護者は自身の生き方や物の考え方について最初から全部洗い直してみた方が良い。このブログを真剣に読み暗記しそうになるほどだ、を強くお勧めしたい。

でなければ、生意気だと罵られてなお一銭にもならない記事投稿を続けている張り合いがない。といいつつ、涙目でブログを続けて下さいねと先日私に言ってくれた5人の女子高生には感謝申し上げたい。

ひとたび成人してしまうと人は自身の物の考え方、それから派生する生き方をほとんど変えることが出来ない、といっても過言ではない。例えば、

学生だろうが職業従事者だろうが、遅刻をして叱責、口頭注意されたとする。問題だ。二度とないようにと釘まで刺された。寝坊の原因なら再犯の可能性高し。当然これまでより『早い時間帯に就寝、強力目覚まし時計添え』ということになる。何故睡眠が足りなくなるのか、就寝が遅れるのか。寝付けない、余暇にいそしんでいる、その他もろもろ。それらの要素を取り除く必要がある。

取り除くそれは、楽しみごとや苦しみごとだったりする。どちらも容易に排除出来ない、したくない、ことだったりする。だとすれば少ない睡眠時間でいついかなる時もガッツリ目覚める強い意志を持つしかない。出来ないのなら人に目も気にせず全力疾走で駅まで疾走する、自転車で暴走するしかない。

それを断行すれば社会に多大なる迷惑がかかる。

それでもやる人がいて新聞に載る。大抵はそんなことまでしない。

つまりは、こんな簡単な、遅刻しないようにする、ということでさえ達成不可能な大きな壁が立ち塞がってしまう。

まあね。でもそれってオオゴトではない話だよね。だと多くの人が苦笑いし、ああ今日は癒される話を聞いた、皆そうなんだなあ、などと晴れやかな気分になったりするのは全くとんでもない話だ。

一見単なる生活習慣の改善、という問題に聞こえるがそうではない。

社会人は、時間に、スケジュールに、縛られなければならない。という絶対認識がない。あれば慢性的な睡眠不足でも絶対に遅刻しない。

問題は、時間に拘束されなければならない、という意識の欠如よりも、何故そんな当たり前の常識を軽視するに至ってしまったのか、という原因の方だ。

時間厳守、には相手がいる。相手がある。守ってもらわないと不利益を被る相手がいるのだ。電車が途中停止したなどという外的要因ではなく、内的要因で頻繁に遅刻を繰り返しているという場合、

その人は第三者である相手を無意識に軽視していると考えるべきだ。非常に嫌いな相手で意図的に遅刻して嫌がらせをしている。ということでもない場合、おそらく誰に対しても相手を軽視する言動を繰り返していると疑っても良い。

そんなことないと思うけど…。という人がほとんどだ。自覚がない。

自覚があるはずはないのだ。相手を無意識に軽視している人は絶対的に相手の立場になって物事を考えてみる、という実験をしない。もし自分が同じことを何度もされたら?、などと考えてみることなど容易い実験なはずであるが、

しない。

或いは全く思いつかない。何故か。

自分以外の第三者を認識しにくく育ってしまったからだ。何故か。

自分と他の人は考え方や反応の仕方、何が重要で何が不必要な事柄かを判別する価値観、それらもろもろ、全て違う解釈をする、違う反応をする、という事実認識をことあるごとに体験、体感せずに育ってきたからだ。何故か。

幼児期、周囲の大人達がそうさせなかったからだ。何故か。

皆一緒。その無意味で人間物質化思想だけに幼児を当てはめ、すこしでも異をとなえようものなら即刻叱責してきたからだ。

どうしてみんなと一緒だと嫌なの?、どうしたいの?とやさしい口調で子供が委縮することなく意見を言える状況を摘み取ってしまったからだ。

大人の都合、大人の立場で子供を画一化の陳列棚に据え置いたのだ。

意見と意見がぶつかり合わなければ、交渉を繰り返さなければ、落としどころが分からない。落としどころが分からなければ、大抵人間関係はたちまち破綻をきたし決別の羽目となる。

相手の性格や性質が見えてこない。相手のソレが全く理解出来ないと言うことは、自分が自分を理解出来ない育ち方になってしまうということだ。

大人による児童虐待、大人や子供による弱イジメ、パワハラ、セクハラ、これら全ての案件はこのことと大きく大きく関わっている。

このことを整理し理解し解明し認識しない限り、世の中は一切合切良くならない。そればかりか益々病巣を拡げてゆくばかりだ。

 

余暇の制限時間を超えてまで熱中してしまう何かは、

“ 自分探しの本命そのもの ”

すなわち自分自身そのものの疑いがある。そうなれば、たかが遅刻の危険性くらいで行為を終了出来ようはずもない。

ほんの僅か自分を変えるくらい簡単な事。その通りだ。

ほんの僅かな部分が自身の大部分だと知らない限りには、流ちょうなことも言ってはいられる。