まぶたに力こぶ / ネコは綺麗好き / シローの受難

Title : メグちゃん

 

 

朝5時50分。二階角部屋、四畳半和室、飼い猫パチンコ丸シローの枕元、湯冷まし時計の起床ベルがジャァーッっと鳴り始めた。シローはビクリと目を覚ますが、マブタはまだ閉じたまま。

“ アア?……今日は身体がオモダルか?…眠い…… ”

数分その状態でグズグズしていたが、意を決し、両目まぶたに力こぶ。

「起床ッ!」

シローは、自室の押し入れ上段、開け放たれたフスマから周囲をうかがうように顔を出し、砂金入りのダンボオル・トイレ以外には何もない部屋であることを確認してから、パピーのオサガリであるヒートテック長袖下着二枚重ね寝床の上で安心して顔を洗い始めた。

まず、右手を招きネコ状態にし右指わきを丁寧にナメ回し、それで右目マブタまわりを拭(ふ)く。続いて左マブタ。これを27回セット。

ようやく終えて満足気、軽やかに畳に降り立ったシローの耳に、突然、

「アンッ!、アンッ!、アンア、アンッ!!」

と激しく興奮し昂(たかぶ)った幼犬の鳴き声が廊下から飛び込んで来る。

次の瞬間、オッホホホそうなのよぅ~(爆)と見知らぬ女性の超うれし声が聞こえ、部屋出入り口のフスマ穴から、転がるように白いボーリング球がシローめがけマッハで飛び込んで来た!。

仰天し眼をむくシローに激突したボーリング球の正体は真っ白な洋犬、彼は嬉しさのあまり半狂乱になりながら高速回転するドピンク色の舌でシローの顔をベッロンベッロンとナメ回し、感極まって半白目となり横転、甘えるように

「キュゥゥイ~ン」と鳴いた。

悪魔降臨のような一瞬の出来事、ボーゼンと幼犬を見下ろしているシローに対し、

「ああら、メグちゃんたらッ!雑種ネコをキレイキレイにしてあげたのねぇ~、偉いわぁ~!」と見知らぬ女が入室、ハアハア!と転がったまま身もだえするペットを抱え上げ。

「ななななな、何だとキサマッ!、どこの誰だか知らないがワカメとヒジキのハーフみたいな髪型しやがって、バカ犬と何しに来やがったのだ?、この、この、どうしようもない、救いがたい大マヌケのフヌケ野郎がーッ!」

激怒するシローの右目はメグちゃんの唾液で半開き。迫力まるでなし。 “まぶたに力こぶ / ネコは綺麗好き / シローの受難” の続きを読む

ネコが便秘になる時 / シローの一番長い夜

Title : 初秋のうたたね (シローが出席している町内ネコ集会書記長、相沢カナ。メス3才)

 

 

夜10時半。妻の 野武子(のぶこ)が買って来た、グリーンキウイより20円も高く、その代わりグリーンキウイより酸味も少なく非常に甘いはずのゴールデンキウイが、有り得ないことにグリーンキウイより酸味が強く甘みも弱かったことから、大好物のゴールデンキウイをフタクチしか食べず、傷心のマインドのままキッチンテーブルに突っ伏してしまったパピーが、くぐもった声を上げた。

「そういや~ね……今日は仕事、目が回るよーな忙しさだったんだけどね……。こんなに働いてんのに借金で常に首が回らないボクって、ど~ゆ~感じなんだろ~ね~、お母さん」

「何言ってんだよぉ~、ハルオ~。昔から急がば回れっていうじゃないかぁ~。てことはさぁ~、アンタ、急いでいるけど首は回ってなくて、急いでるからこそ、目だけ回ってるってことじゃないかぁぁ~。ねぇ~?、そうでしょぉ~?」とハルオの母ダイナマイト・オミヤ。

「えっ…。それ…自分には全然同調してない感じですけど…。お母さん、中島みゆきの時代は回るの引用かなんかですか?」

唐突にキッチンテーブルの下から飼い猫のイマイマしげな声!。

「何、ワケ分からないことクドクド抜かして大満足なんだろうなあ、この…ハシにもボーにもかからない、ウナギつかみどり1時間1000円、そのくせ、哀れでブザマにも手ぶら帰宅の残念野郎がッ!」

「アハッ!(笑)。ウナギじゃなかったんだよシロー。あれ、アナゴだったんだよ。ね~?。ご時世だねぇ~。ま、下にいないで上に上がってきなよ」と仕事疲れ顔ながら、おだやかなパピー。

「ダメだよハルオ~。今シローはひどい便秘を何とか解消しよーと、力んでる最中なんだから~」

「ええ~ッ?!」驚いてテーブル下をのぞきこむパピー。

「なッ!!、何覗き込んでやがる !!、この、変態を絵に描いたような恥知らずの詠み人知らず万葉集野郎がッ!!、帰れ帰れッ、ワーワーッ!!、見世物じゃねえ!!、(その瞬間、ふいに僅かな便意が襲い、おしりを浮かせた拍子に腰砕けの口調となり)……で、いいのでしょうかね…。どうでしょう?(汗)…」

「でもサー、何で首が回らないって言うんかねぇ~。何で借金だと首が回らなくなんだろ~か」

「もう、いい加減にせんかバアチャン!…あっちこっちで借金した奴には、四方八方に返済しなきゃいけん相手がおるだろうが!。借金まだ返しとらんので相手と顔合わせられんだろ!ア?!、違うか!。それで自分の顔を、首を、周囲に回せんゆうことと違うのかッ!」テーブル下からシローのカンシャク玉爆発的な叫び。

「フゥゥゥン…。シローそれ本当なの?」と感心しきりのパピー。

「ハルオ…。便秘で唸ってるネコに解説されるよーじゃ、お終いなんじゃなかろーかアタシたち的には……。だけど、…何でお前またキッチンまでオトイレ持って降りてきてんだい?。部屋ですればいいのに~」

「ピミー(ハルオの息子、サマーオ。9才)が砂金(トイレ箱の敷き砂)を手ですくって持ってこうとするから持ち歩かんといかんよーになったんだろうが!。ッたく誰の差し金だか、両手にすくった富がサラサラ指の間からこぼれ落ちるって話だよッ!。どこまでネコをアイドル扱いすりゃ気が済むんだよ!」

「おやおや、こっちにおはちが回るとはねえ(笑)、あっははははー」とダイナマイト・オミヤ、キウイを口に放り込み、あまりの酸っぱさに顔をゆがめる。

「出てけッ!もう、みんな出てけッ!!。全然集中出来ないだろうが!、この救いようのない月見団子待ちわび親子がッ!!」

今回のシロー便秘苦悩大騒ぎパフォーマンスの真の狙いは、猫缶を並から再びスーパープレミアムに戻すこと。しかしシローには知る由もない。玉突(たまつき)家の家計を掌握しているのは野武子。

彼女抜きのパフォーマンスには何の意味もなかった。