善行は報われる / 裏島太郎伝説 (前編)

 

 

 

裏島太郎は、白き泡やさしげに打ち寄せる砂浜を軽快にスキップしながら邁進し続けていた。ここ最近の己が自堕落さを払拭したき心持ちで一杯になったからだ。紺碧の空、鮮烈な印象残さずにはおかないクリア・ハイビジョンな水平線。

「春だ!。私の心持ちの春だ!」

裏島は激しく気分が高揚、スキップのバウンドを2から3へ上げてしまう。もんどりうって自身を餅つきさながら、白砂に叩きつける様に転倒した。その時だ。彼は30メートルほど前方の波打ち際、大きな亀が数人の童(わらべ)をこづき回しているのを目撃。鼻の孔に入った砂粒を激しくハタき落としながら立ち上がるや、裏島は異常な速さでスキップ走行。たちまち問題の現場へ到着した。

「あいやしばらく!。亀ッ!、お前は何ぞしとるだがや!。こがいな(このような)童ら相手に何ちゅう大人気(おとなげ)ない!」

「いかんのか…。童をイジメたらいかんのか?。何故だ。何故いかんのだろうか」

「弱い者イジメだによぅー!。亀!、お前の方が身体がゴツい。見てみぃ、皆お前の足元で泣いてんでねーのよ、可愛そうに!。おうおう坊、泣かんでええよ、泣かんで、よしよし~、お兄ちゃんが歌を歌っちゃるよ、歌を。

 

♪  亀の心にゃ壺がある フジツボまみれの中をば覗け

可愛いタコの童入り

シャコらが覗きに来ておじゃる ナマコも遠巻き 見ておじゃる

タコの童は満一歳 亀は知らずに大暴れ

吸盤童泣くのに大暴れ 恥知れドんぶら ちょこざいな

 

 

「何だ、その歌は。誰の作った歌だ。妙に耳障りがいいな。乙姫様にも聞かせたいものだ。あんた、名前は?」

「太郎だがん。太郎だと名乗るドがん。ほして(そして)お前は?」

「ソシャク。海亀のソシャク。よく噛め。…なあ、今から海底深く人知れず佇む竜宮城(たつのみやじょう)まで来てくれないか。そこの御姫様に、今あんたが歌った歌を聴かせてやってはくれないもんだろうか。何がしかの礼はするつもりだが…どうだろう」

「海底に城が?。それはどえりゃぁ面白そうな!。行こう!、と言いてえところだが知っての通りオレは亀と違ぅぞよ。人間は海底まで行けんのよ。後ろ髪は非常に引かれるんよ、ほいでも行かれんわ」

「それなら問題ない。そこいらの蟹に頼んで酸素補給してもらえば問題ない。蟹が酸素を大量に含んだ泡をアンタに口移しで肺に流し込むから大丈夫。どうだろう」

「そんいう話なら呼ばれよ。んで、蟹はどこぞにおりやさる」

 

亀は向こうの磯、岩の間をあちこちを覗き込んでいたが、ほどなく80センチ程の蟹と並んで戻って来た。

「この蟹が酸素ボンベ代わりをしてくれる。なあ、頼んだよ」

「気安くカニの肩に触るんじゃねえ!、この、いまいましいドンタレ亀が!。こいつの歌を乙姫様に聴かせるだぁ?。そんなにいい歌か、ちょっとお前、オレにサワリを歌ってみ。早く!。早ァーやァーくぅー!」

 

カニのハサミにワカメの手ぬぐい 淡路島より美しかのよ

まことの蟹の 誉れなれ ああ、誉れなれ  ぶくぶく

「こいつぁ~驚いた!。いわゆる泣ける歌じゃねぇかよ、ホントに。よし分かった、オレがひと肌脱いでやろうじゃねぇか!、待ってろ」

蟹はその場で脱皮したが30分を待たねばならなかった。開始5分、野良犬の乱入などがあり、裏島と亀は蟹のディフェンスに追われたからだ。

 

続く

 

 

◆写真タイトル / 好奇心

 

 

 

★ネコならエッセイ / 当ブログのエッセイ文、写真、イラストの無断掲載を固く禁じます。

善行は報われる / 裏島太郎伝説 (後編)

 

 

 

竜宮城は余りにも地味な海底城だった。

「いわゆる色がねえんだち。そりゃそうでよ。この城で人間様の恰好してんのは乙姫(おつき)様だけって話よドがん。ペンキは塗れても位の都合上、そんたらこと出来ねんドがん。」

「その通り。しかし…残念だ。あんなに良い歌なのに何故。…何故乙姫様は気に入らなかったのだろう…。解せない…」

「ア、それオレ知ってる。さっき乙姫様の従者に聞いた。あんなァ、歌を歌う途中途中でお前が息継ぎするだろ。裏島、聞けッ!お前の話をしてんだろうがよッ!(突如キレる)」

「聞いてるよぅ~。ちいっとばかし向こうの昆布を見ただけでや」

「チッ !! ……。聞け!。よく……。息継ぎの時にお前の鼻の孔が膨らむ角度が気に入らねえってよ。なんかブラックホールみてえだって。分かるかァ?このシリアスな……なんかこう………。分かったか !!」

「うん、分かる。自分の見聞きしたことをよぅー、臨場感一杯に表現して聞かせちゃあーのによぅ、ふと気づけば自分の中に、驚く程ボキャがない。ぼきゃぶらりい在庫なし!。分かるっちゃデどん!」

「そうなの?」

蟹の話を聞き終わり亀は全身が総毛だった(注 / 海亀の甲羅に繁茂しているコケを時折漁師が毛と勘違いすることがある。ウッキーペディア)。

「だとすれば裏、お前は一刻も早く此処を立ち去らねばならん。お前は此処の存在を知ってしまった。乙姫様は用無しの人間を此処に置くほど愚かではない。すぐにも刺客がやって来るぞ」

「じゃ帰るっち。蟹、またブクブクッてしてやりんな。行こ行こ」

「まあ待て裏。無事オカに帰っても刺客がお前の家までやって来る。そうだ、言いものをやろう。待ってろ」

亀は土間の冷蔵庫へ向かう。慌てて蟹が追い冷蔵庫を一緒に覗き込んでいたが、亀だけが玉手箱を手に戻ってきた。

「蟹はあそこで何を食ってんじゃろか」

「トコロテンだ。……コラッ!、冷蔵庫のドアちゃんと閉めろ!…。いいか裏、浜に着いたらすぐに玉手箱を開けろ。煙が出るから顔全体に煙を浴びるんだぞ。そうすればお前は即刻オジイチャンになる。その時いいか、上手いもんが玉手箱の底にあるぞ、と蟹に言うんだ。アイツはすぐに覗き込むから、蟹の後頭部を叩いて玉手箱の底に顔を打ち付けろ。どうだ、出来るか」

「どういう意味かサッパシだなし。そうすっと、ドんぎゃなるんね」

「蟹もオジイチャンになるんだ。アイツも狙われるだろうから顔を変える方がいい」

「蟹も年取ると顔変わるんけ!」

「変わらない。あくまでもアイツの気分の問題だろう」

 

亀の指示通り、裏島太郎と蟹はその通りに実行した。確かに紅顔の美少年はたちまち老人と化したが、家族を始め村人のことごとくが即座に彼を裏島だと承知した。蟹のことは誰にも素性が分からなかった。蟹は太郎の家で泡盛の味を覚え村一番の酒豪になった。裏島は一気に年老いたが、とうとう刺客など全く現れもしなかった。亀の作り話はおとぎ話の上っ面だけをなぞった帳尻合わせだったようだ。つまりは何が何でも玉手箱から煙が出る、というエンディングに固執した。恩を仇(あだ)で返されたという、“ 浦嶋太郎 ” における一般通念を払拭したかったのかもしれない…。

というのも太郎が老人と化したのは顔だけ。他は青年のまま。すなわち、老人が清らかなボーイ・ソプラノで歌いながら浜辺をスキップする。その噂はたちまち全世界を駆け巡り、太郎の村は一大観光村で栄えたという。

 

完。

 

 

■写真タイトル / 期待外れ

 

 

 

★ネコならエッセイ / 当ブログのエッセイ文、写真、イラストの無断掲載、転用を固く禁じます。

9の世界 / くよくよ / しくしく / 苦の世界

Title : 九九算の世界

 

 

すくすく育つ、という言い回しが在る。お母さん達は、我が子に対してこの言葉を嬉し気に使うものの、すくすくという表現の真意は知らない。

すっくと立った木、という言い回しを聞くが、これと同義なら意味はホボホボ分かるような気になる。

で、我が子に向かい「すっくすっくと育って欲しい」と告げると、何か釈然としない。我が子が樫の木モックとさえ思えたりする。

胸がすく思いがした、とよく言う。これも、よくよく考えてみると意味不明。腹がすく、と言うではないか。胸がすく、と同義でよいのか。更に疑問が湧くが、くすくす笑う、のくすくすの意味を分かる人がいるだろうか。負けずにしくしく泣くも難しい。分かるようでいて考えてみると、?。

くすしくを合わせてみるとくすしく(神秘的、奇妙)になるぐらいは分かるのだが…。これを英語でシックシナインという…。

 

 

よくよく考えた結果、ゆくゆくはそうなるんだろうなとは思った。そうなったらしゅくしゅくと行えばいいだけの話だ。別にくよくよなんてする必要ないんだから。

と使われるように、日本人はを言葉に多用する。

楽あれば在り。

とにもかくにも、(世)の中、9(苦)から逃れることは無理。せいぜい4x9=36、弥勒(みろく)におすがりするのみ。住んでいるのが東京23区なら尚更だ。