自粛警察 / 検察官定年延長 / IT社会構築先送りと言う考慮

Title : アキェー星人いわく「ゾウリは大事」

 

 

愚かなる私は、ずっとこう思っていた。

“ 北朝鮮拉致問題が完全に問題硬直化しているのは、相手が相手だからだ ”

テロ国家だし人権無視の独裁政権だし、まともな話など通用するはずもない。ゆえに、この問題においては我が国政治家の無能さとは何の関係もない、と。

恥ずべき私は、ここんとこボンヤリ考えていた。

“パチンコ店が再三の勧告を無視して営業を続けるのは背に腹を変えられない金銭的問題なのであって、これを強制営業停止させる法律もないからだ ”

ギャンブル依存症を呈する客達に、独裁国家元首同様、まともな理屈も一切通用しないわけだし、パチンコ店営業は政治家の無能さとは何の関係もないのだ、と。

 

アキェー不尽 は独裁国家元首でもなければ依存症でもない。一国民の自由行動の権利、それはフアァスト・レデエの自由行動権利と完全に一致する。アキェー不尽はそれを私達に教えてくれた。

法律さえなければ誰をも人を裁けない、のだと。社会的、道義的、道徳的、常識的、などクソくらえなんだと。

 

妻をたしなめ、妻も理解してくれました。

そのヒトコトを言わせたい野党の屈辱的敗北。何故なのか。

たしなめる代わりに、アメ玉は自衛隊の徹底的感染防止マニュアルを完全実施する、と誓わせているのではないか。

自衛隊員が全く感染しないのは、感染防止薬を投与されているからではない。正しいマスクの使い方、手洗い方法、その他一切の当たり前、ありきたりな感染予防ルールを徹底的に遵守しているだけのことだ。

帰宅後、ドアノブを丁寧に消毒、自身は手洗いとウガイ後、速攻で全ての衣服を洗濯機、風呂場に直行、丹念な入浴。それを外出の度に欠かさず実行。

ちょっとソレは難しい。

むずかしいことを実行出来ていれば感染せず、牙をむいて待ちかまえる報道陣にアッカンベーも出来る。委縮軽率になることはない。夫婦間申し合わせで無謀に見える行動を安全なものに変えているのかもしれない。

ともあれ、キタに対しての拉致問題は硬直化。妻に対してのラチあかない問題もまた硬直化。ワタクシ達はみなこう思う。私達が投票しても政治など何一つ変わらない、と。

まさかの国民本家越えでしたか?!。

 

 

Title : フクロウ夫妻

 

 

自粛警察は皆、感染を過度に怖れ過剰反応をしている、と言われる。人の人権を無視する無神経なヤツは許せない、という感情爆発もある。

当然だ。

自粛警察はコロナ以降の出現ではない。SNSによる炎上騒ぎも全く自粛警察と存在理由は同じ。

無神経でいい加減な人間に対し憎しみと牙を剥く。

良い事だとは言えないが、悪い事ではない。振り回される警察の身にもなれ、と言われても、警察は街に疎遠、の感が常日頃強い庶民としては、少し汗かいてみれば?と言いたくもなる。海外要人警護もいいけど、国民ファーストまず有りきでは?と。

ま、腹から声出して歌わず、口の中だけで歌う安直な魂の勇気付け、と言う名の売名行為、甘やかされた我が国芸能人の励まし歌い継ぎ、それに比べれば自粛警察は感情ストレートで偽善はない。

 

 

Title : 苦労ワッさん、ツイッQ

 

 

愛は勝つ は東北震災でよく歌われた、だから今回も、と歌われる。

 

♪ 心配ないからね 君の思いが誰かに届く 明日はきっとくる

 

が、今回果たしてどれほど当てはまるのか、考えも無しに歌っている人々の顔が情けなさすぎる。

 

津波で人がなくなった。それにはほとんど人災の要素がない。

無責任な行動をする人が、もしかしたら自分は誰かに感染させるかもしれない、などとは考えず好き放題する。そんな人々が満ち溢れる現状の中、

心配ないからね

と本当に歌えるのか。きみの思いを誰しもがキチンと正しく受け止めくれる WITH・CORONAではない。

被災者と救援隊

という明快な図式ではない今回、悪意ある人々が始末に負えない。その事実を目の前にして

必ず最後に愛は勝つ

と言えるのか。嘘で希望を与えるのか。善意で歌ってるんだから無責任ではない、というのか。歌わないより歌ってあげた方が元気になる、という偽善を信じる単純な日本人も確かにいる。

拡がる善意の輪が前提だった被災地への応援歌、今回は破壊されるガマンの輪。果たして自分の子供や親、大切な人に、本当に、「心配ないからね」と言えるのだろうか。

 

上を向いて歩こう

も歌っていいのか。周りの人に激突するぞ、接触感染の危険があるぞ。ということで笑って済ませていいのか。

 

考えないこと。考えないでいられる為に問題を先送りすること。

IT担当大臣がUSBメモリが何かさえ知らない。なぜそんな人を総理は任命したのか。

ITを毛嫌いする高齢者の票を失いたくないからだ。人は自分と同じレベルの要人に安堵感を覚える。

マイナンバー普及率の低下が10万円配布を遅らせている。ITによる国民監視による弊害を国民が恐れた結果だ。

日常、考えない事がスタンスの国民が珍しくマジメに考えるのは国歌への警戒。

この国は嘘くさい

物言わぬ社会的発言権クソクラエのエセ有名人達が、今回珍しく声を大きく上げた。検察官退職延長法案に対してだ。

最近では珍しく耳にした明るく健全な情報だった。