コロナ禍なワケ /バチがあたった / 神様仏様のおもてなし

Title : 飛沫の長雨

 

 

最近のアンケート調査の結果では、何と日本人の約7割が バチがあたる という言い伝えを信じているそうだ。都市伝説+田舎伝説ひっくるめての大人達からの教訓。

昨日、小学1~2年の子が、横でスッ転んだ友達に向かって

「ほら、バチがあたった!」

とはやし立てているのを見てふと思ってしまったのだが、

 

コロナ蔓延は果たして罰(ばち)が当たったのだと言うことも出来るのだろうか、と。

 

ドひんしゅくを買いそうな思い付きだが、いくら自分の考えを素直に述べることさえ許されない共産主義国家のような認識の国民が闊歩する日本国とはいえ、ここはインターネットの世界。

つまりは、世界中の130か国を超える人々が私の記事を読んでいるわけだからにして、日本人にどう思われようとも幻想に満ちた児童的な空想仮説をチラと述べさせていただきたい。

 

おひとり様引きこもり友人知人とのコンタクトは直接ではなくメールで

などという人格形成に不可欠な成長過程を完全に否定したものの考え方を実行した未成年者、大人と言う名前の威を借る大人子供達。それを金儲け第一主義のもとにこびへつらい迎合し許した社会。

バチがあたった

1人がいいんでしょ?。他人はウザイんだよね。情緒的に人に係わるのは重いんだっけ?。エモいのはパスでしょ?。

だったらスキンシップなくしてあげるね。人と人が係われない社会にしてあげるよ。ウィルス感染と言う大義があれば皆一緒。

手と手を取り合わなくても自分だけ変人てもう思われないから自己嫌悪に陥ることもないし、四六時中マスクつけて顔を隠してても誰も怪訝な顔をしないもんね。これぞ神様仏様のおもてなし!。

そーだそーだ。そうしよう。感染蔓延で済みやすい世の中にしてあげるよーん!。

とはいえ、コロナを経験して「自分にとって本当に大事なものは何かわかった」という人も多いというが、無意味な単独行動にNOと痛感した人は果たしてどれだけいるので消化。

 

ばちがあたる自業自得、自己責任は自業自得罰が当たる因果応報。なのに日本では全部ひっくるめて自己責任

 

コロナ禍以前に見た光景が鮮やかに思い出されるネ。小学1~2年の女の子が3人、公園の砂場に並んで座っていた。みんな黙ってスマホをいじっていた。それさえあてがっときゃ問題ないだろ、の親はヒドイが、この親にしてこの子あり。

あてがわれたって、砂場に来てんだから、お砂遊びのひとつもやってみりゃいいのにネ。

 

今年の夏、今年の8月の猛暑は殺人的。だけど、この殺人的猛暑の中、オリンピックは行われていたんだね!というタブーはTV人誰も口にしない。

裸の王様、の逸話。それは日本人の毛嫌いする五輪(いつわ)。

日本人のDNAをけなしちゃヤダヤダってね。

勘違い大国日本/ 税金はあぶく銭か / 政治家は芸能人か

Title :勘違い野放しの果てに一体何が拡散されたのか

 

 

そう言えば、給付金10万円握りしめ歌舞伎町風俗店に走った若者がコメントしてましたネ。どうせ拾った恋だもの、と言わんばかりに

「どうせあぶく銭なんだし、パァッとね!」

ヌアー、アハハハーン、何といフ残念なお人(お人達?)。ソレ、あぶく銭でないス。国民の税金で政府の議員自腹でもないっス。

国民の税金、オレにタダで回って来たんだからあぶく銭だべ。ではなく、将来キミらにツケが回って増税になって跳ね返ってくるのデス。デス・ゲーム。

行きは良い良い 帰りは恐い

でありまス。登山で上り始めてすぐ、空腹でもないのに持参のオニギリとお茶を全部オナカに入れちゃって、下山途中に遭難。あてなき救出を願いつつ極度の飢餓状態を迎える…。そんな感じのアナタでした。勘違いって怖いネ。

息は良い良い 帰りは恐い

は会食、カラオケの帰り道、クラスターど真ん中っショ。

 

トランプ現大統領は間違いなく再選。コロナ真っただ中でさえ働かなきゃ生き残れない人々が経済弱い人を大統領に選びますかネ。アメリカの利益を最優先、世界中を怖いものなしで渡り歩ける人を選ばない理由なんて有りますかナ。

そりゃ、政治に稚拙な日本人は「人柄が悪そうだから」という幼稚な理由で選ばない、そんな常識で生きつつ政府に振り回されてマスけど、アメリカの国民は命がけで選挙に生活賭けてマスからネー。日本人にとって政治家の人気は芸能人の好感度判断と同じ。TVに出てる人は皆有名人。アホクサいのヨ。

 

例えば、コレはどうよ。

「オリンピックが開かれないと思いますか?」

が日本のマスコミ。この質問にほとんどの人が引っかかりを覚えないっス。解答は、

「オリンピックを開催すべきだと思いますか?」

が正解。民主主義国家は主権在民。国民が主役。開くか開かれないか、政府が主導、国民は従うだけ。主権役人、が続く限り日本のオンライン化なんて1000年待っても来ないのス。

どこかの知事さんが言っておりました。「緊急事態宣言も県によってバラバラ。統一しなくて良いものか」

何で統一しなきゃいけないの?。それぞれ事情は違うでしょーに。天下統一の大河の見過ぎ?。勘違いって怖いネ。

 

口から噴射される飛沫なんだけど…。実験だと、自分の目の前の高さ50センチのシールド壁(板)、大声のヒマツが楽々と板を超えて向こう側に流れ込んでたんだけど…。

口の前に高さ10センチのシールドあるマスク付けてる人々……アレって……

ギャグ?。

勘違いって本当に怖いネ。

 

マスクを付けるリスク / マスクとクスリは使いよう / 売名行為を隠すマスク

Title : 誇大広告

 

 

映画『ダークナイト・ライジング』を観ていたら、バットマンがロビンに向かってこう言った。

「マスクは愛する人を守るために付けるのだ」

などと。勿論、ここで言う顔に装着するマスクは口丸出ーし、主に目の周囲を隠すもの、怪傑ゾロ的な。

マスクを付け自身の素性を隠せば自身の周囲関係者に火の粉がかからない、ゆえにマスク装着は愛する人を守る、という理屈になるのだと言っているのだ。

その点、スーパーマンはメガネをかけるだけで素性を隠せてしまえるのだから凄い。もしかしてトランプ大統領などは、メガネをかければ感染しない、とかいうウィルスに対してだったら喜んでメガネをかけたのだろうか。

サーカスのピエロなどは大きな丸い球を鼻に装着していた。別に素性を隠す為ではないが、それもうっとうしいのか最近のピエロは花に何も装着していないメイクのみのパターンが多い。

その点、これはどうなのだろうかね。

ネズミ小僧次郎吉。

ホッカムリしているが、アレは鼻の下だけ(顔では)を隠している。髪の毛、いわゆるマゲを隠すためにホッカムリしているのであろうが、私にしてみれば、単なるスケベェな一個人が、自分の鼻の下が伸びていることを隠すために鼻の下を布で隠している、としか見えないのだ。

とはいえ、ホッカムリのおかげで善意の活動は売名行為にはならなかった。

 

ルパン三世の次元は帽子を深くかぶり目を隠している。帽子のツバがマスクになる。むろん、目だけでなく髪型を隠すというのも非常に重要っちゃー重要な気もするが、しょせん、

 

声でバレる。話し方でバレる。耳の形、鼻の形、唇の形、などでバレバレ。目の色で分かっちゃう。歩き方など、仕草でミエミエ。

マスクひとつで愛する人など全く守れはしないのであるが、

そうかな。守れると思うけど。

などと見ている人に思わせてしまうところがヒーローの凄さだと言わざるを得ない。

 

 

 

日本人は顔を隠したいDNAを持っている。ニンジャはマスクをしているのと同じ。だからコロナの時代、マスクはほぼ定着している。シャイな自分も守れるからだ。

AFTERコロナは、WITHコロナ。だとかマスコミが言ってるけど、私に言わせれば

WAR CORONA

ありとあらゆる世界要素で、国内要素で、本格的な戦い、争いの様相が顔をもたげ始めている。

自分に火の粉が飛んでこないよう、飛んできても自分の素性が追跡されぬよう、

今、始まる

 

目隠し鬼さん 手の鳴る方へ

彼らは何故滑空するのか / 子供の押し殺した声は誰にも聴こえない

Title : YOU

 

 

歌う吟遊詩人、中島みゆきは自作の楽曲 この空を飛べたら の中でこう歌う。

 

空を飛ぼうなんて悲しい話を いつまで考えているのさ

 

確かにそうかもしれない。日本中の子供達は赤い鳥の楽曲 翼をください をよく歌うそうだ。悲しい気持ちで歌っているのかもしれない。

 

映画バットマン、スパイダーマンのエピソードには度々親のいない子供の苦しみが色濃く反映され、主人公が、ヒーローが、何故滑空するのか手に取るように理解出来る。滅多に笑うことのないヒーロー。悲しみと共に移動は続く。

鳥のように空を飛翔するのではない。

 

空間を渡り歩いてゆくのだ。

どこまでも自由自在に。闇に紛れ、ビルの谷間を縫うように。人の目に触れぬよう、空を横切らず、上下に落下するように、或いは急角度で斜線を引く。

 

蜘蛛 (クモ)、コウモリ。人に嫌われ決して脚光を浴びることのない生き物。

自身を重ね合わせ、うつむき、唇を噛み、そして息を殺して最後の砦に埋没してゆく。

 

夢。

いつからか慣れ親しみ、繰り返され、いつ尽きるとも知れなくなった、夢。

 

解き放たれ、心は無限大に空間移動する。行き、戻り、休み、再び飛び出す。

 

 

時を超え、子供達に勇気を与え続ける作品に感謝。

子守歌が聴けないのなら。

盆帰省 / 皿を分けたらクラスター / いつもと違う夏

Title :今年もこの世の花として咲きに来たよ

 

 

の帰省、その是非がケンケンガクガク取り沙汰されている。

ける、と書いて。回し箸ってクラスターではないですかい。なわけで、今年は盆休みが妥当。

楽しみ殺すにゃ刃物はいらぬ、コロナの1つも有ればよい

という恐るべき世の中。

でもねぇ…。日本のマスコミって相変わらずピントずれてるとシミジミ。

という行事は先祖が主役であって、ふるさとに帰省して家族と顔を合わせることが行事じゃないんでしょうに。盆休みを断念しましたとか言ってる人も多いけど、どっちかっていえば「盆休みに帰省するのを断念しました」がホントでないかい。

だって、墓参りしなくたって、どこで手を合わせたって先祖供養は出来るんだから。お墓のあるところにしか霊が移動出来ないはずないもんねぇ。千の風になれるのは肉体を有してないから。

千の風を聴いて賛同した人々、墓での供養、を否定した人々、一杯いましたもんねェ…。