測定値の時代 / 糖度計 / ウソ発見器 / 心の測定値

Title : 計り合いたい二人

 

 

「測定値の時代なんだねオジイちゃん!。何でもかんでも数字で価値が分かる時代に生きてるんだネ、ボクら」とツブラな瞳を輝かせながらポケット糖度計をしげしげと眺める株重(かぶしげ。小4)。両手はミカンの絞り汁でベタベタ。

「そうだなハ~。オジイちゃんも、まさかここまで文明が進歩するなんてカブシゲの年頃は想像もつかなかったよホ。皆スポーツが大好きだったんだよなハ~」

と、目の中に入れたら激痛なので実際はしたことがないものの、入れたいぐらいに可愛がっている孫の手の果汁をタオルで拭き取りながら重㈱。(しげかぶ)

「エッ。今でもみんなスポーツ大好きだよ。ボクがサッカーでJリーグに行きたいって、知ってるでしょオジイちゃん!」

「ウムウム知ってるよホ(笑)。スポーツの勝敗はみんな得点で決まるだろホ?。観ていて分かり易いんだよ勝ちそうだ負けそうだが。…そんでもって得点が追いつかれそうになったり逆転したりすると興奮して大騒ぎになるからねヘ~(笑)」

「そーだね!。学校のテストも得点ついてくるけど勝ち組と負け組で泣き笑いだもんね~。世の中、全部の物の価値が数字で決まっちゃうんでしょッ?。お金で世界が動いてるんだから。お金も得点と同んなじでしょ?。泣き笑いだから」

「でもなハ、数値で測定出来ないのは人の心だなハ~。これだけは無理だハ」

「でも体温計とか体重計とかあるよ。脳波も測定出来るし嘘発見器もあるから、そのうち心を計れる測定器も出てくるよ絶対!。今のテクノロジーって全然凄いもんねッ!」

「そうだなハ~。そんな時代が来てもおかしくはないなハ~(笑)。カブシゲは好きな女の子が自分の事どれくらい好きか知りたいんだろホ~?。100点満点で相手の子がカブシゲを何点くらい好きだったら結婚すると思うかハ~い?」

「100点満点に決まってるよオジイちゃん!。ただ付き合うだけなら100点じゃなくてもいいけど、結婚となるとヤッパり満点じゃないと後々モメる原因になるよ!。そうでしょ?!」

「そうだなハハハ……。それじゃカブシゲも相手の子から心を測定された場合は100点なんだねヘ~。満点カップルってことだハ~、相思相愛だねヘ~(笑)」

「うん、その通りだよオジイちゃん!。オジイちゃんはオバアちゃんのことを100点好き度数だったから結婚したのッ?。ポケット測定器あったら計ってたでしょ?、マジで!。実際のところは何点くらいだったの?」

「そホだなハ~。結婚したての頃は50点くらいだったんじゃないかなハハ…」

「エエーッ!!、そんなの絶対あり得ないよォーッ!!。50点くらい好きな人なら世の中にゴロゴロいると思うよーッ!。それくらいなら結婚しないで友達でいいんじゃないのォーッ!!。ボクそんなの絶対(結婚)しない!。あり得ないーッ!」

「ホホホホ(笑)、そ~かそ~か。じゃあカブシゲは100点満点同士で結婚した後にだねへ、も1回お互いに好き度数を測定して、どっちかが50点くらいになってたらどホするのかなハ~?」

「エーッ!、そんなの見えてる、離婚でしょ!それしかあり得ないでしょー!。あ?。オジイちゃん最初から50点なのに、どうして離婚しなかったのサ?!」

「オバアちゃんがオジイちゃんの好きをなハ、100点にしてくれたからだよホ」

「エ!。いつくらいの時?!」

「昨日…」

「エ。だって、昨日…オバアちゃんのお葬式だったんだよ」

 

◆写真タイトル / ふたつ

 

★当ブログのエッセイ文、写真、イラストの無断掲載、転用を固く禁じます。