スタンばる右腕 / 女性を知ろう / 空中静止するパスタ

 

 

 

“ 男性と女性は違う生き物である ”。巷でよく耳にする言葉。ボクがそのことを改めて思い知ったのは、とあるパスタ屋での光景。

好物のボロネーズを食べ終え、コーヒーを飲みながらスマホをいじっていたボクは、華やいだ若い女性同士の会話に何気なく顔を上げた。

ボクの正面テーブル、OLさんとおぼしき2人が、渓流を早い速度で流されてゆく鈴の様なデュエットで、リンチャチャリンと会話に夢中。

ボクの眼は髪の長い女性の右腕に釘付けとなった。

彼女は、パスタが美しく巻き採られたフォークを右手に持ち、それを自身の口の前にかざして今にも食べようという仕草。しかし5~6秒さりげなく見ていたが、その状態は硬直化したまま。

いかん!、これ以上見ていると不審者に思われる。ボクは再びスマホに目を落とし、ニュース記事の続きを…。30秒は経っただろうか。ボクはさりげなさ装い顔を上げる。

まだ食べていない!。さあ食べるわよ、口にパスタを入れるわよ、のスタンバイのまま、パスタ巻かれたフォークを口の前にかざしたまま、話に夢中!

まさか、最初に見た時のままなのだろうか。いやいや、ボクが目を落としている間にソレは食べられ、今僕が見たフォークはその次のものに違いない。

ボクは尚も巧みな泳がせ目、次なる一投をかたず飲んで見守る。1ヒットで満塁逆転サヨナラという緊迫した場面に全身が硬直する思いだ。とっさに腕時計を見やった。彼女のスタンバイ状態が長いことを想定し好奇心が沸いたのだ。

そこから93秒。パスタは何かの祈祷かマジナイの様にかざされたまま、決して彼女の口に入ることはなかった。

パスタにしてみれば、それだけ長きに渡り高見から店内を一望し続けられたのだ。さぞ見分が深まったことだろう。

男同士なら絶対にこんな光景はあり得ない。たちまち相手から「何やってんの?」だの「早く食えッ。気になるッ」と叱責される。

やはりそうか。口の前にフォークかざし続ける彼女の右ヒジはテーブルに付いている。長時間スタンばるには、そのポーズしかない。

自分は早く食べたいのだが話を切れず、しゃべり続けることを余儀なくされた、という風でもない。むしろかざしたフォークの存在を完全に忘れ去っているようにも見える。

男にこんな真似は無理。気の長い男でも無理。暇を持て余して摂る食事でも無理。無理無理無理無理、絶対断じて無理。

などと考えているイトマもなく、彼女はさも楽しそうに相槌を打ちながら、器用にパスタをフォークにクルクル。

アッ!すぐに食べた!!

その瞬間、かつて味わったことのない程のさわやかな春風が、ボクの頬を軽く平手打ちし、きらめく陽光がボクの眼を射抜いた。まぶしさに耐えきれず目を伏せるボク。アア、アア、そうかそうか、そうなのか!

女性は辛抱強い。野郎どもなど敵(かな)いっこない。男なんてセッカチ過ぎてダメだダメだ!。

それにしても、何という美しいフェイントだったのだろう!。一瞬のスキをついた鮮やかな盗塁!。などと考えながら会計を済ませ、ふと入口横のノボリを見ると、

“ 春のパスタフェア ” の文字。

なるほどねぇ。それで春風だったわけね…。それにしてもアノ硬直化…。やっぱり少し、クラッとする。

 

●写真タイトル / 男と女

 

 

ホワイト・トイレット・ナイチンゲール /コロナ禍のトイレで発見 / 奇跡の捕獲

Title : 極秘非公開成人指定写真

 

昨日、某回転寿司のトイレ内で非常に希少価値のトイレット・フクロウを捕獲。数十分の観察後リリース。寿司店には真イカ大葉握りを食べに立ち寄ったのだそう。

 

 

何と言うことだろう。これもアフタァ~・コロナの特異現象か!。

前回の寿司屋訪問からわずか6日。再びトイレでフクロウを発見した私。即座に隅の掃除機吸引部をフクロウに押し付けながら、壁にまで追い詰めたのだったが…。

“ 急須(きゅうす、お茶を煎じる器)、猫を噛む ”、あるいは“ 万事急須 ”といわれるように、あり得ない事が起きてしまうコロナ禍ではある。

回転ずしにお茶はつきもの。だが急須など見渡しても何処にも在りはしない。これが世の中の盲点。弱者はいつまでも弱者たりえない。

日々痛感するトランプ大統領なのかもしれない。

 

 

 

秋空に消えた飼い主 / 初恋相手との再会 / 柿の木の見える縁側 / 前編

Title : シロー

 

 

「モフモフが猫なのであれば、猫舌のボクなんてねー、ラーメン食べる時いつもハフハフなんだからねー、オバアチャン、これをどう思う?」と祭日の昼下がり、カウチで寝返りをうちながらパピー。

「別にどうもだねぇ。孫のピミーだって、こないだ風邪ひいた時コフコフ咳き込んでたじゃないか~。ね~?、それだけのことだよー。あらシロー、もう時間かい?」

バアチャンであるところのダイナマイト・オミヤ、キッチンテーブルの下から出て来た飼い猫シローの前にひざまずき、ザルに装着されている白ゴムヒモをシローの首にかける。

「今日は待ちに待った新築祝いアジ雨の日(欄外参照)だね~、ガンバッといでよ!(笑)」

「ありがとバアチャン、アジカゴ(欄外参照)作ってくれて。いっぱい取ってくる.。今夜は安物の並ネコ缶いらんのだからね」と、いつになく生真面目な表情のシロー。

 

新築祝いアジ雨の日

ここ青葉町一帯に古くから残る新築祝いの風習。近隣住民への新築お披露目を屋根からの紅白モチまきという形式で祝う風習は日本各地にあるが、青葉町一帯ではモチの代わりに紅白アジを屋根からまき散らすことが一般的であり、およそ80年の歴史があるとされる。

紅白のアジは、生食用の12㎝小アジに紅ショウガ汁で赤着色、小麦粉まぶしで白着色され、それを新築家屋下で待ち受ける100匹にものぼるネコ達に向かって投げ与えるという祝いの催事である。

人間参加も良しとされてはいるが、このような馬鹿げた催事に参加して猫らと本気でアジを奪い合う者などおらず、実質的には猫向けのお披露目行事である。数年前、この催事真っただ中に紛れ込んでしまったポメラニアンがネコ達の肉球アメアラレパンチで失神したという記述が青葉町郷土史に記されている。

なぜ、モチの代わりにアジなのかは諸説あるが、それがこのブログのモチアジである、というのが定説。

アジカゴ

100円ショップで購入したフニャフニャのプラスチックザル(直径20㎝)の両端にパンツの白ゴムヒモを通し、ネコの首にかけたザルにネコがくわえたアジを落とせるように工夫されたもの。今回シローが首にかけたものはショッキングピンク色。オミヤ制作。2年前に特許出願、翌年、却下通知。

秋空に消えた飼い主 / 初恋相手との再会 / 柿の木の見える縁側 / 中編

Title : アジ拾い名人クロちゃん

 

 

快晴、午後4時、気温24度、風速1mの中をパチンコ丸シローが行く。ショッキングピンク色のザルは激しく目立つ。車両通行のほとんどない路地裏から路地裏へとつなぎ、途中で幾つかの庭先を横切ったが、

「すンごいのブラ下げてんねェー!。なに?、アジ拾い行くのー?」

などと賞賛の声がイチイチ人間達から上がる。

“ アジ拾い、だと?キサマ。今日の、屋根からアジを投げる奴のことを知らんのか。ママさんバレーで名アタッカーと言われるメリー健子(メリーケンコ)なのだぞ。凄いスピードでアジが飛んでくるからな、キャッチしようとでもしようものなら取り損なってアジのホッペタビンタだろうが ”

2日前のネコ集会申し合わせでは、不用意にアジをキャッチしようとせず、ネコを狙って投げつけてくるアジをかわして、アジが地面に落ちてから拾う方法が採択されている。

100円傘のビニール地で顔をシールドする案は、視界不良となり危険であることから却下。傘を拡げてディフェンス、も同じ理由で却下。

黄色いコスモスの咲き乱れる庭先を横切り正面の塀へ向かうシロー。見れば水色のバスキャップをかぶったシロネコ小娘が、今まさに塀の下をくぐり抜けようとしているではないか。

アジを沢山入れるため、大きめのブカブカのバスキャップを飼い主が選んだのだろう。くぐり抜けた時にキャップが塀の板にひっかかって脱げてしまった。道路側からキャップを拾おうと伸びた白い手をスパァーン!と、はたくシロー。

「甘いッ!お前はアルゼンチンハチミツより甘いッ!。帰れ帰れ、このいまいましい軟弱者がッ!」

白ネコの顔も見ず、ザササササと鮮やかに塀下くぐり抜けたシローは50m先に迫った目的地へと急ぐ。フニャフニャ素材のザルだから、通過する時は簡単にひしゃげ今は元通り。

交通量の多い道路ゆえ、ここは信号待ちして横断歩道を渡るしかない。チョコンと座り、シローが半身伸び上がらせて信号機を見上げていると、女子高生ふたりがザルの中に何かを放り込んだ。驚いて見下ろせばキットカットだのカブキ揚げだのが幾つも入っているではないか!。

「何しやがる!! 、この恥知らずの勘違いのハロウィンかぶれ野郎が!!。ナメてんのか!!」

「アレ?。今日ハロウィンと違うっけ?」「毎日がハロウィン(爆)」

このクソいまいましい…と言いかけシローはハッと顔を右方向に。木製の風呂桶を背中にしょったキジ猫が向かい側を横切ってゆく。あれは間違いなく名アジキャッチャーの嗚呼白(ああしろ)家の幸四郎!。遅れをとるものかと青信号と同時に横断歩道を小走りに横切るシロー。

目的の家は目前。垣根越しに人だかりが出来ていて、まだ視界に入らない庭からは、おわああああー!、だの、うあああああ~ん!、だのネコ達の歓声とどよめきが聞こえてくる!。もう始まってんのか、何だクソウッ!。

カアッと頭に火がつき、人だかりの脚の間をくぐり抜けようとするシローの視界に1匹のネコの姿が飛び込んで来た。

それは見覚えのある美しきミケネコ。ゆっくりと10mほど先の醤油屋手前を横切ってゆく。目をこらすシローの顔に衝撃の二文字が点灯!。

「ひひひひひひひひひ、火露美(ひろみ)さぁぁぁぁぁぁんッ!!」

彼女こそ、もう何年も会っていないシロー初恋の相手。滅多に来ない縄張り外に足を伸ばしたからこその再会。

気が付けば、シローは、まるで園児が駄菓子屋のソースイカに魅せられたかのように彼女の後をふらふら~ッと追尾し始めていた。

秋空に消えた飼い主 / 初恋相手との再会 / 柿の木の見える縁側 / 後編

Title : 火露美(ひろみ)

 

 

 

竹垣の下、シローは身体をペッタンコにして、手入れされぬまま繁り放題の庭樹と雑草の隙間をムリムリ通過、存在を消しながら庭内の様子を探る。

10畳ほどの庭。正面に縁側。先ほどまで訪問していた医者か看護婦が全開にしたに違いない古びた左右障子(しょうじ)戸。

こちら側を頭にフトンに横たわるのは白髪のオバアチャンか?。

たぶん飼い主だろう…。その顔を覗き込むようにキチンとお座りしたシロー憧れの初恋相手、ヒロミ(火露美)。

小枝に触れて音が立たぬよう、シローは最新の注意を払いながら窮屈な姿勢を立て直し、ゆっくりと繁みに四つん這い姿勢で座す。

 

「ヒロミ、見たか。柿の実がずいぶんと熟した色になってきたろう?。青いのも多いけどなぁ…。今年は食べられんで終わってしまうかもしれんから、さみしいよぅ……」

か細い声で飼い猫に話しかける女性。シローは右手の柿木に目をやった。3m丈の木は、たわわに実った柿を身にまとい秋化粧。それらはザッと観たところ、濃いオレンジ色一色のものと未だ半分青色のものがせめぎ合っている状態だ。

再び縁側に目を向けると、ヒロミが飼い主の声を聞きとろうと顔を白髪頭に近づけたところ。

「お前はこれを食べなね。アタシが開けてやるから今ね」

枕元の猫缶を仰向けの胸の上に乗せフタを開けようとする飼い主。薄地の浴衣の袖が落ち、やせ衰えた浅黒い両腕が見えた。

一生懸命に力を込めてフタを開けようとしている飼い主の焦りがシローにもハッキリと伝わって来る。

十分も経った頃だろうか。辛抱強く、身じろぎひとつせず座していたヒロミが半身を伸ばし、飼い主の左腕をふいにペロペロと二度舐めた。その瞬間、シローの聞き覚えのあるパカッという音が聞こえ、奇跡的にフタが開いた。

「ああ、ああ、開いた、開いた、良かった良かった、ほらほら、食べなさい」

隙間風のような笑い声が聞こえ、飼い主は半身を懸命にネコに向けようとあがき、ようやく缶詰をヒロミの足元に置くことに成功した。

ネコ缶に鼻先を入れ、おとなしく食べ始めるヒロミ。シローは首を長ぁく伸ばしネコ缶の銘柄を確認しようと試みる。見慣れたブルー地にピンク文字。

“ オレの安物並缶と同じだないか!”

上流階級イメージのあるヒロミさんが自分と同じ並缶を食べているとは意外だ。シローは食い入るように縁側の光景に目をこらす。

その時だ、何故か無意味に踏ん張っている後ろ足左の肉球にチクリと痛みが走った。

“ アッ!キショーめ!アリだなッ!! ”

普段なら、こんな場所に絶対長居などしないのだが。音を立てられないのでアリを憎々し気に叩くこともままならない。

気を取り直し、再び縁側に視線を戻す。ゆっくり、品よく食べ続けている飼い猫の背中を飼い主が撫でている。その左腕が突如パタリと畳上に落ちた。

一瞬、二匹の猫の心臓が止まった。

 

そして再び鼓動が再開される。

二匹の猫は微動だに動かない。二匹の周辺の時間は完全に静止状態にある。

 

そして再び時間が動き始めた。

ユックリと立ち上がり、何かを追うように、導かれてでもいるかのように、ヒロミは空中の一点を目で追いながら縁側に出てゆく。

シローの真正面にヒロミの顔がある。だがシローは隠れようともせずヒロミと同じ宙の一点に目をクギ付け、身じろぎもしない。

 

二匹のネコの顔はさらに一層上を向く。その視線の先にあるのは柿の木の枝。

最初、柿の木の枝先の完熟した柿の実が、無風の中、大きくゆっくりと揺れた。一拍あってその上の枝の柿の実。同じく熟した実だけが大きく揺れる。

二匹のネコは立ち上がり首を精一杯伸ばして空を見上げる。

雲一つない一面の青空に何かが吸いこまれ、余韻も痕跡も残さず

 

消えた。

 

再び、時間が止まり、二匹のネコは石像のように動かなくなった。

どれほどの時が流れたのだろう。1分かもしれなかったし、1時間かもしれなかった。

魔法がほどけたかのように、ヒロミがゆっくり部屋に戻り始めた。薄暗くなり始めた和室の畳に座し、食事の続きを始めた。ゆっくり、とてもゆっくり、ひと味ひと味を噛みしめるかのように。

 

アジを手に大騒ぎしながらはしゃいでいる信号待ちのネコ達の後ろを早足で抜け家路を急ぐシロー。

途中、出がけに見かけた小娘ネコと目が合った。彼女が重そうに両手で下げたバスキャップの中はたくさんのアジで満たされている。小娘は、小麦粉まみれで開かない片目ではない方の目で笑うと、さも嬉しそうにみゃあ~♪とひと声鳴いた。

シローは何の反応も返さずただ黙々と家路をたどる。その途中途中、行く先、行く先、まるで水先案内でもするかのように人家の灯りが次々にともってゆく。

 

「アレ?!、シロー、ザルは?!。どした、アジはどしたの」

待ちかねていたオミヤがキッチンに現れたシローの姿を見て驚きの声を上げ、その顔は飼い猫の暗い面持ちにみるみる曇ってゆく。

「シロー………。アジは……」

「取れんかった。お腹空いとるのでネコ缶出してくれんか」

「何で名人のお前が取れなかったのかね…。アタシがプレミアム猫缶を今から買ってきてあげっからさー、ちょっと待ってなよ~、ねぇ~?」エプロンをほどき出かけようとするオミヤ。

「並缶が食べたいのだから」

普段とあまりに違う飼い猫の重く暗い声に、こちらに背を向けTVを見ていたパピーとマミーが思わず振り返る。

シローはネコ缶のフタを取ってもらうと、それを二階の自室に持って行くようオミヤに頼んだ。

 

「何か様子が変じゃない?。オバアチャン、何か聞いた?」とマミー。

「便秘だからアジ取るの気が進まなかったんだよ、きっと。こっちも夕飯にしようよ」とパピー。

 

暗い部屋。明かりもつけずネコ缶を食べるシロー。ゆっくり、ゆっくり、噛みしめる様に食べている。

 

人は泣いて想いを外へ吐き出す。ネコは涙を流せない。思いは、いつまでもいつまでも胸の中から吐き出されることがない。

そのことが、

 

これを書いているボクを泣かせる。