アメリカの常識 / マスクするのは悪人 / ベインのマスク

Title : 「 ARE YOU STUOID,YOU KNOW? 」

 

 

NY在住のトマス・スマト・フォン(31才、建築設計事務所勤務)いわく、

「マスク着用を強制されてたまるか。オレは自由だ。オレにはしない自由を全力で守り抜く権利がある」

 

「確かに確かに。ドライバーはシートベルト強制着用だもんな。マスクもベルトも命を守るためのもの。それを強制するってことは自殺する権利をはく奪されてるって訳なんだしな。オレ達は常日頃からオレらの自由は完全に踏みにじられてると感じてやまないもんな」

と同僚のトマスに相槌を打つタマス・ピポポ・タマス。

 

「だろ?。マスクつけてると黒人は強盗と間違われて即射殺される危険があるんだから、警察狙撃部隊のSWATも黒マスク着用してるわけだ。逃げ延びた犯人に顔を覚えられたらあとで命がないもんな。やっぱマスクつける自由があるんだよ、家族のことを考えりゃ」

「やっぱそうか。トランプ大統領が頑としてマスク付けない理由はソレか。もう世界中に顔を覚えられちゃってるもんなァ~。今更って話だし、シークレットサービスなら黒サングラスに加えて黒マスク着用は必須だろうからな」

「マスク着用義務を課すロスあたりじゃバットマンの宿敵ベインがしてたマスクのレプリカが大人気になってんだろ。日本じゃマスク着用イコール悪人じゃないんだってな。ありえねー、何で顔隠して警戒されねーんだ?」

「この世に真の悪人はいない、と信じてるからだッてさ」

「ホントに?」

「ホントに」

腕時計の秘密

 

 

1⃣ 時計が必須アイテムの現代人。腕時計と手首時計、アナタはどっち派だろうか。手首に付ける時計はコンパクト、腕に巻き付ける腕時計は腕の血行が悪くなりやすい。

手首時計は人の目に触れやすいが、腕時計は夏場を除き衣服で隠れ見ることが出来ない。腕時計が体内時計とも呼ばれるゆえんである。

人の言葉を鵜呑みにすれば / 鵜はサギに変わるでしょう / 迂回戦術大流行り

Title : 魔が差すマサシ

 

 

「人の言葉を鵜呑み(うのみ)にするな」

確かに鳥の鵜(う)は魚を丸呑みにする。でも鵜飼は呑み込んだ魚を全部吐かされてしまうのだから、それを言うなら、例えとしては、

「人の言葉を蛇呑み(じゃのみ)にするな」

があるシックリくるのではなかろーか、中廊下のある家に住みたいと思ったことがあったナ。サンタナ。

蛇が呑んだ物を、蛇の首を紐で締め上げ吐き出させよーとする者などオランウゥタァ~ン。凄くコワイし。

しかし、鵜という漢字もひどく妙だ。弟の鳥とは…。兄、姉、妹らに思いをはせずにはおれないわけだが、それらは決して鵜とはみなされないのだろうね、ウスウス感じるネ。

「人の言葉を湯飲みにつぐな」

と言われてしまうと、おそらく大半の人が「えっ?」と口走る事だろう。なぜなら、人の言葉は液体ではないので、つげない。多分。

などとバカバカしくも道理を用いて、人の言葉は液体ではない!などとメクジラ立てるのは大人気ない。ならば、これはどうだ。

メクジラとは何だろう。目に入れても痛くない孫、という言葉に習い、目に入れても痛くないクジラ。いいや、それは違う、そんなことはない。目にクジラを入れたら激痛だろう。というより、大き過ぎて目に入らない。

目がクジラになる。そういう例えか。それなら謎は解けたと言って良い。

クジラは潮を吹く。人の目は塩辛い涙を流すのだから。だとしても、クジラを立てるというのは説明出来はしない。

つまり、涙が潮吹きに当たるのでは?、と確信にまで迫っても、結局はケムに撒かれて終わってしまう。

 

 

最後にこう付け加えたい。私は夕飯にシラスご飯を頂いたが、私は小魚の群れを丸呑みしたと言って良いのだろうか。

何故こんな話をするのかというと、コロナ渦、奇妙キテレツで謎が解けない事ばかり。くれぐれも鵜呑みにするのは辞めようと言いたかったのだ。つまり、

卯呑み、ウサギを呑むのは蛇。双方とも干支に入るケモノ。しかも鵜も酉として仲間入りしているのだ。

アレ?。もしかして干支のケモノは全て食べ物を丸呑みにしているのではないか?。いや、ネズミは違うか。アレは細かく噛み砕いて食べているからネ。ていうか、猿も噛んでいるから違うな。

ま、とにかく、そういうことだろうとは思う。

持続化給付金と持続化補助金は違う / 湯飲みと茶碗は同じか

Title : 薄っぺら紙人形を吸い出しながらWave2トンネルを行くサングララ

 

 

お米の国のアトランタから日本国の真平(まったいら)家にホームステイ、すでに一ヶ月となるボブ(16歳)は、手慣れた様子でカツ子(45歳)の夕食膳をアシスト。

「みんなの湯飲みをテーブルに並べてよ」とカツ子。

「え!そんなのあったの?。いつも食べた後、みんなお茶を飲んでるのに。今日はお湯を飲むの?」

「アッハハハ。湯飲みと言ってもお茶を入れて飲むもんなんだよ。英語だと

Do You Know Me?

だしー」

「そうなの?。ア、お茶を入れて飲むのはお茶碗だったもんね~」

「何言ってんのよ。アンタ、いつもお茶碗にゴハン入れて食べてんじゃないの」

「アレ?そうだったねー。お茶碗にはゴハン、湯飲みにはお茶、何かややこしーね。どうしてガイジンをまどわせるネーミングが多いの?」

「アハハ、別にまどわせてんじゃないよ。ガイジンが細かいこと、イチイチ気にし過ぎるだけだよ。こないだもアンタさー、

キューリの漬物はヌカに漬け込んだものなのに、お茶漬けは別にご飯をお茶に漬け込んでないとか言ってたじゃないのー」

「ややこしいなー。茶飯(ちゃめし)はお茶でゴハンを炊くしー、お茶菓子はお茶で炊いてないんだよね~」

「マ、日本人はワナをしかけるのが得意だってことよ。持続化給付金と持続化補助金とは違うからねー。一緒だとおもったら痛い目に遭うんだからアハハハハ!」

「どうして日本人は日本人をもワナにはめようとするのッ!」

「忍者だからよ!。煙(けむ)に巻くって言うじゃないの」

「カッパ巻きはキュウリ、鉄火巻きは火でうった鉄を素早く海苔で巻いたもの、海苔巻きは海苔をゴハンで巻いたもの、一番ムズカシーのが煙をノリで巻くということ。忍術の会得はむずかしく、ひたすら修行あるのみ。そういうことだよね?」

「アッハハハハハ!。そうなのよ!全くそうなんだわ!」

 

 

レインボーブリッジの色を変えた損失 / 感染注意喚起の代償

Title : DOG専用フェイス・シールド

 

 

「今日は、東京土地事選直前ということで、番組放送時間を通常より2分ほど延長して総力特集してまいります。…ゲストはスタジオにたった一人だけしかお呼びしておりません。東京退学教授の糸吐開口(いとはきかいこ)さん、よろしくお願い致します」

「別に……。いいですけど」

「早速ですが、原色の小粋土地事やはりが立候補を表明したわけですが、今回のコロナ騒動で都は不必要な税金の無駄遣いを多く指摘されておりますよね。この点をどうお考えですか」

「まぁ…、都の税金無駄遣いの最たるものの1つに東京アラーホがあります。ご存知の通り、これは都内で再び感染者が増加した時にベイブリッジの虹色が赤色に変わり、都民に警戒感を促す、というものでした。

あれほど巨大な橋を虹色から赤色に塗り替えるわけですから、莫大なペンキ量、それを運ぶトラック燃料費、人件費、総計約5兆円が吹っ飛んだわけです」

「ペンキの量、ハケでペンキを橋に塗り付ける職人さん等、数字的にはどれ位だったのでしょうか」

「ちょっと、お手元のプリンをご覧下さい。プリンの横にメモが視界に入っていると思います。そちらのメモをご覧いただけますか」

「はぁはぁ。ペンキ缶500000個、職人(テレワーク含む)70万人、缶、ハケ輸送に携わったウーパーイーツのバイト約8000人、とありますね。これは凄い予算になったんじゃありませんか?」

「5兆円のうちの2兆円ほどは、削りはがしたレインボー色のペンキを溶解し、それを廃品業者に入札制で個別販売した売り上げが計上されましたが、残りの3兆円は今尚都内某所から湧き出ている地下の真水です。まさに都民の血税が文字通り血の赤に塗り替えられてしまいました」

「今回アラーホが解除された段階で再び職人さん達が橋を虹色に塗り直したわけですが、一夜で塗り直すのは大変だったんじゃないですか」

「小粋土地事は都の請負業務を失職した人々にあっせん、有意義な雇用確保が出来たと満足気ですが、日給は一人当たりどれくらいだったのでしょうか?」

「ウーパーの方には現物支給でルーパーという両生類を2尾、ペンキ職人には一人頭、20饅頭と聞いております」

「つまり、我々への政府給付金がひとり10万円でしたから、10万は逆さから読むと万10。漢字に置き換えますと万頭(まんじゅう)。その政府案に足並みをそろえる形で饅頭(まんじゅう)にしたのでしょうか」

「そういうことだと思います。大阪でも痛点閣の色を変えるという警鐘がとられましたが、こちらは大規模なペンキによる塗り替えではなく、府民全員が一丸となってペンキ玉を痛点閣に投爆させる手法が取られました。

おかげで総費用は2~3万円で抑えることが出来ましたが、手投げの悲しさ、高さ4~5mまでしかペンキ玉が届かず、せっかくの蛍光塗料ペンキも全く遠見からは確認出来ず、痛点閣の前を横切る人だけしか警鐘を確認出来なかったのは残念でした」

「はい。…以上の検証から土地事選の行方を占いますと、糸吐さんはどうなるとお考えでしょうか」

「今回の塗り替えに使われたペンキは全て原色だと聞いております。やはり土地事も原色が強いと思います」

無観客試合の別呼称決定 / 消えたスポンサーの正体とは

Title : 虎が来る

 

 

「それでは心労の方。…アナタはこちらの針布の前で一生かけて変容しないと誓いますか」

「誓いません。てか、かなり近いっちゃぁ近いけど。つぅか、変容でなくて変身じゃね?。アフターコロナで以前には戻れないしオレ。芸人辞めて何か他のバイト探すわけだから。変身すっけど変容はしないっしょ」

「♪ 山口さんちのツトム君、このごろ少し変容……とはいかないのですね?…。では針布にも伺います。アナタはこちらの蜃気楼、いや、心労を一升飲んでから…てん、いや、言い換えましょう…。一生かけて変容しないと地階でステイホー……、いや、誓いますか」

「誓います。女は妊娠すれば見た目かなり変容するのは当たり前の話ですし。私、子供欲しいですから」

二人は指輪を互いに投げ合い、指にはめるセレモニーに入ったが、周囲の心配通り針布は指輪を取り損ね、それは足元で空しい音を響かせた。

針布はウェディングベール型のフェイスシールドを持ち上げ言った。

「だからプロ野球の無観客試合の様子って社会人野球の試合と勘違いしやすいって私、さっき言いましたよね?。したらば無観客試合は観客は無冠、って呼ぶのがフツーだろ、そんなん」

それを聞きムッとした心労、「てか、秋口前にサーファーは既に第100何波くらい乗ってんじゃネ?。したら、プロ野球の選手が波に乗って調子掴めずシーズン終わっても沈黙の観客は居ねーんだし、良くね?」

「違ぇーよブァァ~カ。全力投球で違ぇよ、ブァァァァ~カ。東京五輪が規模縮小って開催形式変容だってネ。無観客競技、無スポンサーだかんネ、ウチラの欠婚式と同じジャケ。オンラインで招待客って知らせた知り合い、オンラインをライン川下りって勘違いして皆ドイツに行ってしもうたけんネ」

「どうやって行けた」

「細けぇんだよオメエはよぅ~。それよっか、

私達はパラ応援してます

って、すぐ逃げる応援だったってか」

「だべ。食らいついたら絶対離れないのがスッポンサーでねーか。したら、スポンサーってただの亀のこと?。てか、カメだろ、そんなの」

 

二人は話すうちに次第に接近してゆき、ついには社会的距離を逸脱し、指輪を拾うのも忘れ仲良く腕組みしたまま夜の街へ消えて行った。

マダム陳の焼き餃子 / 中華料理の珍味楼 / 東京大田区糀谷商店街

Title : あっちちマスク

 

 

だから違うんだってば、やだなァ~もぅ~。毎度日本国TV報道の主題ピントずれ。

アメリカの人種差別暴動と大統領の指揮権発動について、なんだけどネ。

 

問題の核心は『人種差別』でないヨネ。今まさに世界はパンデミック真っただ中。アメリカはそのコロナ渦の最危険領域国家。

世界的パンデミック下、全ての国家はウィルス感染終息国策実行の義務を負うハズ。

世界の警察は辞めても、アメリカの国民と軍隊は、全世界を縦横無尽にたやすく移動できる大国特権保有国。だから無責任極まりないブラジル国家リーダーと並べては語れないッショ。

どして日本のマスコミは、知識人と称する人々は、コメンテーターは、

「オバマなら国民に寄り添い対話をした。トランプは独裁的な強権発動で国民をねじ伏せようとしている」

とかワケ分からないこと言ってんでショー?。

 

人種差別問題は今、大騒ぎしていいはずがない。パンデミックでないなら好きなだけ権利の主張に立ち上がればいいだろう。絶対に声を上げ続けなければならないだろう。そんなの当たり前、決まり切っている。

黒人の頸動脈を馬乗りで圧迫する、立ちはだかる暴徒を突き飛ばす、掴みかかる警官達。日本のマスコミ、なんで「飛沫感染してしまいますよ」とヒトコトも言わないの?。出演者の誰ひとりとして言わない。

しょせん対岸の火事?。パンデミックでありながらも太平洋の向こうだからヒトゴト?。

この暴動の前と後で感染患者がどのくらい増えたのか、なんて誰も疑問を投げかけない。暴動のさ中でも病院最前線の声を聞けば、おおよその検討はつくはずッショ。

人種差別問題なんてずっと前から在る。くだらない理由で雇い主に殴り殺されたメイドのハッティ・キャロル裁判、アッという間に雇い主は無実。だって裁判じゃないヨ、こんなの。この有名な事件だって何十年も前の話。

アメリカ建国以来、差別加害者側の嗜好言動は今日に至るまで何一つ変わらない。遠く離れた異国のボクにさえ、それを記録した数限りない作品が津波の様に押し寄せ続けるから、そうと感じる。

社会の人種差別反対ムーブメントは徐々に好転しつつはあるケド。

とにかく、深刻な人種差別問題は語り始めれば膨大な時間を要する。

でも今ではないよネ。

日本で感染爆発が起きて医療崩壊目前という状態のその時、緊急事態宣言発出。国民にステイホームが呼びかけられた。

まさにその時、深刻な校内イジメ事件が起き、被害者側関係各位が、国民に教育委員会と学校側への抗議デモを呼びかけたら、

ボクらはデモに参加するかな。参加しない事でイジメ賛成者だとレッテルを貼られてしまうかな。

協調性を尊ぶ日本人から見ればトランプ大統領ほどタカビーな人は居ないヨネ。いまいましい奴に見えるヨネ。

でも、そんなことは関係ない。彼がどのくらい人種差別者かどうかも今は問題じゃないヨネ。

パンデミックを止めなくちゃデショ。

ボクは矢も楯もたまらず大声で叫びたい気持ちをグッとこらえ、たまたま目に飛び込んで来た、いわゆる街の中華屋さんに飛び込んだ。

 

Title : 珍味楼店内

 

一刻も早くアメリカの暴動を鎮火させたい!。人々をダマにしたくない!。そう祈るなら、メニューオーダーは米粒が一粒一粒パラパラな、

 

五目チャーハンしかない!。700円。量は男なら少な目、女子ならまぁまぁ。四川餃子房の五目焼きそばは具材を数えてみると実は11目チャーハン。ここのは、グリーンピースにハムに卵にネギ………で、4目チャーハ…ン……。気を取り直して餃子を一皿注文。

ウィルスを封じ込める重要性を、身をもって感じるためだけに具材を封じ込める形のギョウザ注文となった。

 

 

マダム陳の焼き餃子5個500円

マダム陳……。誰。

ひとくち食べ、背筋を痛める程に大きくのけぞっちまったゾヨ !!!!!!!。

ううううう旨い!!。あり得ない程に旨い !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!。

餃子食べ歩きが趣味な方、まだ食してないなら絶対にオススメ。

ボクが餃子通というわけでは全くありまっしぇん。近場の中華料理店でナニゲに餃子をヒトサラ注文するだけの男。

大抵は、いわゆる「フツーにおいしい」という感想。もっと美味しい餃子が食べたい、なんてことを思いついたこともない奴。

この餃子の中身は、写真でもお分かりの通り、具材がダンゴ状になっておらず、チャーハンのように具材一つ一つがパラパラ。食感が心地よく、実は小エビも入っているし、肉汁がジュワァァ~とこぼれ出しマッス。

なわけで半分噛み取る食べ方はもったいなく、一つを一口で頬張るのをオススメしまっす。皮は厚くも薄くもなくトゥルンとしていて好き。

何というヒトなんだマダムッ。

四川餃子房に再び入店 / 五目焼きそば / フクロタケにコロナ社会の現状を見た

Title : 疑心暗鬼の初登校児童

 

 

緊急事態宣言解除のあと、ようやく私の元にも、私が発令した金求事態宣言に呼応すべく給付金申し込み用紙が昨日届いた。早速申し込み、今日は糀谷を自転車視察。

「なぜスカイツリーは赤くライトアップされないと思いますか」

私が心の中で叫ぶインタビューに答える通行者など一人たりとも居ようはずもなく、スカイツリーの煮え切らない訳分からん色(スイカが赤くなく変な薄オレンジしている時があるがアレだアレ)同様にだね、夜の街対策とはエイズ対策と同じだと認める者が居ようとも居まいとも、その真意を確かめることもせず私は四川餃子房に飛び込んだ。

この店はどのメニューも異様に安く、メニュー数も異様に多く、皿に盛りつけられた食材量も異様に多く、サイト評価は★★★★。

前回入店時は皿テンコ盛りを知らず二品も注文してしまい、完食するまでに冷や汗を流したものだったが、今回は一品、五目焼きそばのみで余裕の待ち時間。

 

注文から6分、来たッ。

Title : 五目やきそば670円 (写真右下の黄色いのは辛子)

 

 

 

Title : フクロタケ矢印 (⇒) 入り

 

 

アニメのカリメロに似たキノコ、中国ではよく食べられているフクロタケが一杯入っている。袋の中のネズミとは⇒ (矢印)のことだったのだ!。GO TO が内包されているこの姿にこそ、コロナウィルスに翻弄され前に進めない私達の姿を重ね合わせることが出来る。これを見たいがために私は五目焼きそばを注文したのだ。嘘つけこの馬鹿野郎これが入ってるなんて知りもしなかったくせにバカタレが。ま、それはそうかもしれないが、

 

ところで、このタンザク切りのチャーシューかと見まごう肉厚のキノコの正体は不明。誰か分かる人。

 

 

とぅるん、としたアンカケに濡れ光るソバは美味。しかし他のメニューと違い、何故か五目焼きそばの量だけは普通。何だ、これじゃ足りないジョ!。他の皿も追加しようかなと思いきやラストオーダーは午後2時半、あと20分しかないので諦め、エッエッ。

今日は日曜日、天気は快晴。人の出もすっかり戻って来た様子。風薫る季節、澄み切った青空。コロナ騒ぎなど夢だったのだと思……わせてはくれない人々のマスク。

羽田空港内に自転車散歩。トンネルも2つくぐりターミナル目前にして

 

これより先は自転車通行禁止

標識にがっかり。まあね、テロの時代だから。9・11前はターミナルにまで行けて楽しかったのにねぇ~。

 

 

 

If you’re black you might as well not show up on the street

もしあんたが黒人なら 通りでは目立たない方がいいぜ

 

Just like the time before and the time before that

これまでもそうだった様に これからも同じように事は進む

 

 

Hurricane / BOB DYLAN 〈songwriting and play〉

アメリカ戦時下の大統領 / 市街地に軍隊派遣 / トランプ大統領は暴君か

Title : ニューイヤーPDはどこに

 

 

何ざんしょ。TV番組司会者だとかコメンテーターがトランプ大統領の軍隊派遣はおかしいと声高。香港に対する中国の姿勢をとてもじゃないが責められる立場ではないと。トランプ氏はナイトではないと。連日の暴動、とてもサイレン・ナイトではあるんだが、と。

私はトランプ大統領のことを好きか嫌いか、などとさえ関心もなく、感情交えずにフツーに見ると、

警察に、警察官に激怒している人々を阻止する人々が警察官だとすると、とんだマヌケな火に油。ようするに、

マングースにはコブラをぶつけるのではなく、ウナギか穴子にでも対応させるべきだということだ。

問題の根本である最悪当事者を暴動阻止に抜けるより軍隊出動。日本人は、自国市街地に軍隊出動と聞いて狂気の沙汰だと大騒ぎだが、何も機銃掃射したりミサイル発射したり戦車が繰り出してくるわけではないのだ。

純粋な愛国心を持つ兵士が市民に相対する方が、暴徒化した人々をいさめる効果があるというチョー当たり前の筋論だ。

現時点、アメリカに最も必要とされることは感染拡大阻止。正義よりも命が最優先される。殺された被害者の命の重さがアメリカ全土の市民総体の命と同等に重い、という論理は成立しない。

人の命はひとりひとり平等。警官の制服を、まとった人種差別の殺人者は今回明るみに出た行為だけでも平等権利を自ら放棄したわけだ。

自他共に権利の放棄行為を行ったものは死刑宣告される。死刑是非の論争は絶えないが、この世の中、自業自得で自分の権利を失うことは五万とある。

人間ひとりの基本的人権だけが、何をしようとも権利放棄されることがない、という超法規的な思想に私は納得出来ない。

被害者の兄弟はそのことを言った。暴徒に対し泣きながら訴えた。

こんなことを望んでいない

こんなこと、とは自らの権利を自らの手で廃棄する行為のことだ。戦時下の大統領は民衆の権利放棄、自滅行為を断固として阻止すると宣言した。彼が人種差別者であるかどうかの真意は、この宣言とは何の関係もないとみて良いだろう。

香港抗議デモと同列に語る日本のマスコミは幼稚。自国が他国に許されざる強制占領されようとしている時、人々は立ち上がり、国民を裏切った政府が派遣した兵隊である警官と激突した。問題の根本が全く異なっている。双方をゴッチャにして語るということは、

キツうどんもタヌキウドンもあるのだから、動物園の一つのオリにキツネとタヌキを入れて飼育できると言っているに等しい。

 

そんなことより、議事録がない、のひとことで片づけられてしまう日本国民だよー。毎度好き勝手にオカミに人権軽んじられてもオオゴトだと思いもしない。大河ドラマ見てオカミ万歳三唱。

草食動物が来る。