Billie Jean / Michael Jackson

Title : Phoooooooow !!

 

 

People always told me be careful of what you do

And don’t go around breaking young girls’ heart

And mother always told me be careful of who you love

And be careful of what you do ‘cause the lie become the truth

 

 

周りの人達は いつもボクに こう言っていた

何をするにせよ 行動には気を配れってサ

そいでもって、母はいつもこうだ、

小娘につきまとって 傷つけたりすんじゃないよって

そんでだな、惚れる相手が問題なんだからってネ

付き合い方に気をつけな、

嘘をでっち上げられちまうよ、なァんてネ

 

When you wish upon a star / 星に願いを

Title : Rapunzel〈ラプンツェル〉

 

 

IF your heart is in your dream

No request too extreme

When you wish opon a star

as dreamers do

 

 

もしも心が思い描く夢で満たされたら

到底、実現は無理だなんてことはない

夢織り人 皆がするように

星に願いごとをしてごらん

 

 

★ 世界中の子供達の眼を輝かせる素晴らしいおとぎ話、ピノキオ。

子供達におとぎ話を見せて、読み聞かせして、その後、親達がその逸話について何も我が子に助言を与えないとしたら?。

苦しい環境下、白馬に乗って救出に現れる人が正義の人とは限らない。星に願いをかけても全てハッピーエンドとは限らない。

どんな願いも叶うなら邪悪な夢でもOKだよね?、と子供が密かに考えることは珍しい事ではない。

純粋無垢な子供の心に夢を描き与えるなら、その夢に全責任を負うべきだ。

大人なら当然の義務。

まして親なら絶対の連帯保証人捺印。

中途半端な夢織り人ほど無責任なものはない。

Take me out to the Ball Game / Mrs Robinson

Title : ball game

 

 

Let me root, root, root for the home team

if they don’t win, it’s a shame

For it’s one, two, three strikes, you’re out

At the old ball game

 

 

ホームチームだよ、ボクの地元チームだぞ

チームが負けたら赤っ恥だからね

1、2、3、 ストライク、さあアウトだぞ

これぞ昔っからの ゲームだね

 

◆ 私を野球に連れてって

 

 

Where have you gone, Joe DiMaggio?

Our nation turns it’s lonely eyes to you

What’s that you say, Mrs Robinson

Jotting Joe has left and gone away

hey, hey, hey

 

 

ジョーディマジオ、何処へ行った?

国中が様変わりして

きみに淋し気な瞳を投げかけているのに

何て言ったの?、ロビンソンさん

メモ魔のジョーは退場

もう遠くへ行っちゃったんだよ

 

 

◆ ミセス・ロビンソン〈サイモン&ガーファンクル〉

 

First of May / BeeGees

Title : Someone else〈他の誰か〉

 

 

and Christmas trees were tall,

Do’nt ask me why,

but time has passed us by

Someone else moved in front far away

 

 

そう、クリスマスツリーの背は高かったね

どうしてって 聞かないでよ

ボクらの傍らを時が 過ぎて行った

そしたら 遠くから他の誰かがやって来て

きみの心を変えさせてしまったってことサ

 

 

★ 子供は知らず知らず大人を模倣する。変身していない姿に安堵するのは愚か。

変身するのは心であって外見ではない。

外見の場合は大人向けのSOS。

外見に表さない巧妙さは恐ろしい。子供本人に自覚がないからだ。

歪んだ心こそ自分自身、と思い込んだ時から無意識の自暴自棄行為が始まる。

可哀想に。

本人の資質ではなかったのに。

大人達が日々その子の心の中にゴミクズを放り込み続けたからだとは誰も教えてあげない。

何故か?。

欲に目がくらんだ大人達はみんなグルだからだ。

Can’t take my eyes off you / Frankie Valli

Title : Benny & Jets

 

 

You just too good to be true

I can’t take my eyes off you

You’d be like heaven to touch

I wanna hold you so much

at long last love has arrived

and I think God I’m alive

You’re just too good be true

Can’t take my eyes off you

 

 

キミはきっと 今よりずっと良くなるよ 皆が認めるようなね

キミから目なんか離せるもんか

キミに触れると天にも昇る気分だよ

ボクに 生涯最初で最後の愛が到着したんだ

生きてることを神様に感謝しなくっちゃ

本当にキミはどんどん良くなってくね

目なんて話せないよ

 

 

◆ 君の瞳に恋してる〈フランキー・バリ、歌〉

 

 

 

★ 海外の某市民マラソン。とうの昔に成人した下半身マヒの息子とその父親のゴール。車椅子を押す父親と振り向く息子の満面笑顔を生涯私は忘れないだろう。ゴールの瞬間、TV番組サイドはこの歌を満を持して流した。お蔭で私は泣き崩れ、当分の間、再起不能と化した。

September Song – 25 / Willie Nelson / 大切な人との時間

Title : Dom & Gerry

 

 

Oh, the days dwindle down

to a precious few

September,  November

And these few precious days

I’ll spend with you

 

 

過ごした日々の記憶が おぼろげになっていくよ

残された僅かな時間、九月、十月、

僅かで貴重な時間を ボクはキミと過ごすんだ

キミと過ごすんだ

 

 

★ どんなにデタラメに生きようとも、決して忘れてはならないものの一つに時の流れがある。しまった!と思っても絶対に取り戻せない。それを思い知らされるのは人生の残り時間が僅かになってからだ。

Shout / Tears for Fears / World cup Unofficial song

Title : It’s prohibited!〈それは禁止!〉

 

 

I’m talking to you Come on

 

★ 常日頃、言いたくてたまらず我慢し続けていた主張を、叫びと言う形で遂に吐き出した場合、ストレスの重圧からは相当解放される。

これに反し、わめき散らす癖が日常化している場合、逆にストレスの蓄積は相当なものとなる。

しかもこのストレスは解消手段が皆無だ。

World Cup Final / I was made for Lovin’ you ~ Kiss

Title : Tonight

 

 

Tonight I want to give it all to you

in the darkness

there’s so much I want to do

And tonight I want to lay it at you feet

 

 

★ 今夜は盛り上がろうぜ、と誰もが言う。盛り上がりたい気分になるのは圧倒的に夜。

何故か。

太陽が去り闇の世界になると灯りが頼り。ひとつひとつの灯りは暗闇の中で圧倒的な存在感を持つ。

人は無意識にそれに憧れ、自分もそうありたいと無意識に突き動かされるのだ。

生きている証(あかし)、意味、自分と言う人間の実感。それを自分に、他者に、見せたい、そうして認められたいのだ。

何故か。

その感覚が幸福感の正体だから。