税金投入適材適所 / 激甚災害給付金 / 持続化給付金 / 買収金と保釈金

Title :ツノ出しV字鬼

 

 

河井前法相が保釈を求めている。選挙金ばらまき疑惑。あたかも関係各位の両頬を札束で往復ビンタするような大した態度で選挙区広島を席巻。

激甚災害指定で多額の金が要る。国民の税金はこのような時にこそ実のある働きをする。持続化給付金しかり。

誰の邪悪な企みか、河井夫妻がばらまいた札束、河井夫妻の手に税金血税を握り締めさせたのは誰なのか。

金が要る。被災地犠牲者に、コロナ渦犠牲者に、組織にライフラインに、ありとあらゆる血税が要求されているさ中、

タワケは再びシャバの空気を吸おうと保釈金を積もうとしている。その金はポケットマネーなのか国民の血税なのか。

かつて、アンリ氏は国会議員となり「日本を変えたい」と熱く語った。

「日本を買いたい」を「日本を変えたい」と報道陣が聞き間違えたに違いない。

今や日本社会はマスク社会。ゆえに前年とは違い、逮捕時の犯罪者はキッパリと報道カメラに顔を映されるようになった。マスクで素顔を特定出来ないからだ。

犯罪者らに共通している目の表情はガラス玉。無だ。ガラス玉のマナコを晒す犯罪者の大半は男。女は伏目で見せずズルイ。

伏目はマスク着用に等しい。ある意味、臭い物にはフタ。

 

月光仮面は全顔マスクのヒーローとして、七色仮面と共に白黒画面にデビューした。マスクを付けず活躍した黄金バットは、顔の肉を全てはぎ取っているシャレコウベなので本人特定出来ない。ゆえにマスクの必要なしの例外。

ガッチャマンとてフェイスシールド着用。日本人はマスクで顔を隠すのが好きな民族。忍者が何であんなに外国で人気なのか、首を傾げる日本人は多かったと思われるが、コロナのお蔭で謎が解けた。マスクをする、という行為は日本人が思う以上に海外では異質中の異質なのだ。

猛暑日、周囲に人が居ない場所でさえマスクを取らない人をよく見かける。熱中症予防に、3密でない場所ではマスクを外してくれと再三TVなどで呼びかけているのに、だ。

日本人はマスクが好きなのだろう。コロナ流行の以前より、チマタではマスク着用の人を結構見かけた。その人々は、

「マスクを付けていると安心出来る」とか「恥ずかしくないので落ち着く」などとインタビューに答えていた。

V字上がり、のキャッチフレーズが今のハヤリだが、隠れたがる人々の増殖はビクトリーとは程遠い社会を形成し始めている。

思いっきり後ろ向きな無記名者、隠れたることマスクのごとし。

 

見せぬなら 殺してしまえ ホトトギス

と言ったのは、信長でもなければ秀吉でも家康でもない。

 

見せぬなら さらしてしまえ ホトトギス

の詠み人なら誰だか分かる。素性を知りたがる組織は、かつてないほどに一層増えているのだから。

レインボーブリッジの色を変えた損失 / 感染注意喚起の代償

Title : DOG専用フェイス・シールド

 

 

「今日は、東京土地事選直前ということで、番組放送時間を通常より2分ほど延長して総力特集してまいります。…ゲストはスタジオにたった一人だけしかお呼びしておりません。東京退学教授の糸吐開口(いとはきかいこ)さん、よろしくお願い致します」

「別に……。いいですけど」

「早速ですが、原色の小粋土地事やはりが立候補を表明したわけですが、今回のコロナ騒動で都は不必要な税金の無駄遣いを多く指摘されておりますよね。この点をどうお考えですか」

「まぁ…、都の税金無駄遣いの最たるものの1つに東京アラーホがあります。ご存知の通り、これは都内で再び感染者が増加した時にベイブリッジの虹色が赤色に変わり、都民に警戒感を促す、というものでした。

あれほど巨大な橋を虹色から赤色に塗り替えるわけですから、莫大なペンキ量、それを運ぶトラック燃料費、人件費、総計約5兆円が吹っ飛んだわけです」

「ペンキの量、ハケでペンキを橋に塗り付ける職人さん等、数字的にはどれ位だったのでしょうか」

「ちょっと、お手元のプリンをご覧下さい。プリンの横にメモが視界に入っていると思います。そちらのメモをご覧いただけますか」

「はぁはぁ。ペンキ缶500000個、職人(テレワーク含む)70万人、缶、ハケ輸送に携わったウーパーイーツのバイト約8000人、とありますね。これは凄い予算になったんじゃありませんか?」

「5兆円のうちの2兆円ほどは、削りはがしたレインボー色のペンキを溶解し、それを廃品業者に入札制で個別販売した売り上げが計上されましたが、残りの3兆円は今尚都内某所から湧き出ている地下の真水です。まさに都民の血税が文字通り血の赤に塗り替えられてしまいました」

「今回アラーホが解除された段階で再び職人さん達が橋を虹色に塗り直したわけですが、一夜で塗り直すのは大変だったんじゃないですか」

「小粋土地事は都の請負業務を失職した人々にあっせん、有意義な雇用確保が出来たと満足気ですが、日給は一人当たりどれくらいだったのでしょうか?」

「ウーパーの方には現物支給でルーパーという両生類を2尾、ペンキ職人には一人頭、20饅頭と聞いております」

「つまり、我々への政府給付金がひとり10万円でしたから、10万は逆さから読むと万10。漢字に置き換えますと万頭(まんじゅう)。その政府案に足並みをそろえる形で饅頭(まんじゅう)にしたのでしょうか」

「そういうことだと思います。大阪でも痛点閣の色を変えるという警鐘がとられましたが、こちらは大規模なペンキによる塗り替えではなく、府民全員が一丸となってペンキ玉を痛点閣に投爆させる手法が取られました。

おかげで総費用は2~3万円で抑えることが出来ましたが、手投げの悲しさ、高さ4~5mまでしかペンキ玉が届かず、せっかくの蛍光塗料ペンキも全く遠見からは確認出来ず、痛点閣の前を横切る人だけしか警鐘を確認出来なかったのは残念でした」

「はい。…以上の検証から土地事選の行方を占いますと、糸吐さんはどうなるとお考えでしょうか」

「今回の塗り替えに使われたペンキは全て原色だと聞いております。やはり土地事も原色が強いと思います」

マダム陳の焼き餃子 / 中華料理の珍味楼 / 東京大田区糀谷商店街

Title : あっちちマスク

 

 

だから違うんだってば、やだなァ~もぅ~。毎度日本国TV報道の主題ピントずれ。

アメリカの人種差別暴動と大統領の指揮権発動について、なんだけどネ。

 

問題の核心は『人種差別』でないヨネ。今まさに世界はパンデミック真っただ中。アメリカはそのコロナ渦の最危険領域国家。

世界的パンデミック下、全ての国家はウィルス感染終息国策実行の義務を負うハズ。

世界の警察は辞めても、アメリカの国民と軍隊は、全世界を縦横無尽にたやすく移動できる大国特権保有国。だから無責任極まりないブラジル国家リーダーと並べては語れないッショ。

どして日本のマスコミは、知識人と称する人々は、コメンテーターは、

「オバマなら国民に寄り添い対話をした。トランプは独裁的な強権発動で国民をねじ伏せようとしている」

とかワケ分からないこと言ってんでショー?。

 

人種差別問題は今、大騒ぎしていいはずがない。パンデミックでないなら好きなだけ権利の主張に立ち上がればいいだろう。絶対に声を上げ続けなければならないだろう。そんなの当たり前、決まり切っている。

黒人の頸動脈を馬乗りで圧迫する、立ちはだかる暴徒を突き飛ばす、掴みかかる警官達。日本のマスコミ、なんで「飛沫感染してしまいますよ」とヒトコトも言わないの?。出演者の誰ひとりとして言わない。

しょせん対岸の火事?。パンデミックでありながらも太平洋の向こうだからヒトゴト?。

この暴動の前と後で感染患者がどのくらい増えたのか、なんて誰も疑問を投げかけない。暴動のさ中でも病院最前線の声を聞けば、おおよその検討はつくはずッショ。

人種差別問題なんてずっと前から在る。くだらない理由で雇い主に殴り殺されたメイドのハッティ・キャロル裁判、アッという間に雇い主は無実。だって裁判じゃないヨ、こんなの。この有名な事件だって何十年も前の話。

アメリカ建国以来、差別加害者側の嗜好言動は今日に至るまで何一つ変わらない。遠く離れた異国のボクにさえ、それを記録した数限りない作品が津波の様に押し寄せ続けるから、そうと感じる。

社会の人種差別反対ムーブメントは徐々に好転しつつはあるケド。

とにかく、深刻な人種差別問題は語り始めれば膨大な時間を要する。

でも今ではないよネ。

日本で感染爆発が起きて医療崩壊目前という状態のその時、緊急事態宣言発出。国民にステイホームが呼びかけられた。

まさにその時、深刻な校内イジメ事件が起き、被害者側関係各位が、国民に教育委員会と学校側への抗議デモを呼びかけたら、

ボクらはデモに参加するかな。参加しない事でイジメ賛成者だとレッテルを貼られてしまうかな。

協調性を尊ぶ日本人から見ればトランプ大統領ほどタカビーな人は居ないヨネ。いまいましい奴に見えるヨネ。

でも、そんなことは関係ない。彼がどのくらい人種差別者かどうかも今は問題じゃないヨネ。

パンデミックを止めなくちゃデショ。

ボクは矢も楯もたまらず大声で叫びたい気持ちをグッとこらえ、たまたま目に飛び込んで来た、いわゆる街の中華屋さんに飛び込んだ。

 

Title : 珍味楼店内

 

一刻も早くアメリカの暴動を鎮火させたい!。人々をダマにしたくない!。そう祈るなら、メニューオーダーは米粒が一粒一粒パラパラな、

 

五目チャーハンしかない!。700円。量は男なら少な目、女子ならまぁまぁ。四川餃子房の五目焼きそばは具材を数えてみると実は11目チャーハン。ここのは、グリーンピースにハムに卵にネギ………で、4目チャーハ…ン……。気を取り直して餃子を一皿注文。

ウィルスを封じ込める重要性を、身をもって感じるためだけに具材を封じ込める形のギョウザ注文となった。

 

 

マダム陳の焼き餃子5個500円

マダム陳……。誰。

ひとくち食べ、背筋を痛める程に大きくのけぞっちまったゾヨ !!!!!!!。

ううううう旨い!!。あり得ない程に旨い !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!。

餃子食べ歩きが趣味な方、まだ食してないなら絶対にオススメ。

ボクが餃子通というわけでは全くありまっしぇん。近場の中華料理店でナニゲに餃子をヒトサラ注文するだけの男。

大抵は、いわゆる「フツーにおいしい」という感想。もっと美味しい餃子が食べたい、なんてことを思いついたこともない奴。

この餃子の中身は、写真でもお分かりの通り、具材がダンゴ状になっておらず、チャーハンのように具材一つ一つがパラパラ。食感が心地よく、実は小エビも入っているし、肉汁がジュワァァ~とこぼれ出しマッス。

なわけで半分噛み取る食べ方はもったいなく、一つを一口で頬張るのをオススメしまっす。皮は厚くも薄くもなくトゥルンとしていて好き。

何というヒトなんだマダムッ。

東京アラート発動 / 大きく外れるK値 / 感染終息は夢のまた夢

Title : 赤色4989

 

 

すすすスゴッ!。ステップ2に進行したせいか、本日の都内はどこもかしこも

スゴ密

人気飲食店の前もソーシャル・ディスタンスもへったくれもない靴下左右2枚重ね状態で販売当たり前のお並び状態。

態度、悪ッ。“ 能力は心の度合い ” と書いて態度、なんザンス。

他人の態度を見ながら自分の行動を調節する日本人、マスクはずして会見に臨み始めた小池知事の姿を見てニヤリ。これでウチラも後ろ指刺される事なかけんネ。

あーあー、これでしばらくコロハラスメントお墨付き継続だぁ~。

とか、ぼうっと思ってたら夜になってまさかの東京あらまぁぁぁぁーッ!! と発動ッ。都知事も再びマスク着用会見。大きく外れたK値だって。

 

虹色リトマス試験橋の色が赤く変色 !!。何か綺麗だな…ボク、このライトアップ好きかも…。いいかも…。

 

Title : アラート・パワー

 

 

でも大丈夫。発動されたからといって動き出した経済活動が再び閉じるわけでもないのだし。あくまで皆さん気を付けましょーネ、という諦め投げやり程度のプリン・アラート・モードだから。

マスクなしで人混み突入する人の行動は経済活動再開の敵だから、非国民と呼ばれるにふさわしい行動だから、そういうのやめてくんないかなチョット、と今更ながら促すアラートだから。感染終息と見まごう街の模様眺め、やっぱそうはいかなかったかー。

皆さん、改めてマスクのひもを締め直して頑張りまっショー。

 

Title : 明日に架ける橋

身の毛がよだつ新しき生活様式 / 弱い者イジメの和式、洋式トイレ

Title : 不満10万MAN

 

 

コロナ感染が始まる前から、このブログでは警告を発出してたよネ。

故郷の美しき河川や湖で練習に励んできたトライアスロン選手達を、大腸菌まみれの恥知らず東京湾に放り込むつもりなのかと。

オリンピック自国開催にノーテンキ枠の多くの国民には聞く耳持たずだったネ。海釣り、運河釣りの人々も、竿や仕掛け、網などを大腸菌にジックリ浸しながら、高級魚の誘惑に負け釣り上げた魚を持ち帰り家族で晩餐だったよネ。

コロナ渦となり、今や糞尿でコロナ菌調べてるのネ。トイレの床に一番コロナ菌が居るんだって分かっちゃったんだしネ。

にもかかわらず、公園トイレで手洗いしない人、多いのだ。あんまり手荒い真似したくないんだってサ。

とにかく手洗い、とお医者様が口を揃えるのはゴモットモ。政府がそれを言うのは許せないかもネ。

雇い止め、派遣切り、営業自粛もうけ禁じ手100番勝負なのに、どうやって水道料金支払うんだ?。

フカフカクッション電車シート、カウチのフカフカ生地、あれに吹きかける消毒液さー、フカフカ専用の奴、負荷がかかるのかどうか知ンないけど、シュッシュして回ってるとは思えないナー。やっぱ電車やバスに乗るのコワイよー。

飛行機、新幹線のトイレって狭いしグラグラ揺れるし、ボクちゃん、自分の便をまき散らしちゃうかも、などと自分で自分を代弁しておりますが…。

学校に行けない子供達のさびしさ、学業の遅れ、そんなことばっかし大人は気にしてるみたいだけんど、子供の精神に与える負の影響については知らん顔なのは流石に精神世界をないがしろにする国民性だと感心するよネ。だいたいさー、

精子 精神 て、どういう発想の漢字なんざんス。

神の子とは人間。神は人間を見た事ある。たぶん。

人間は神の姿を見たことない。ばかぁぁ、人によるんだよ!という人が出てくるよネ、きっと。だから、

眼に視えない個人個人の精神世界、それが神で、それが宿っているウチワが人体なんしょ?。そうっしょ?。やっしょーまかしょー?。

友達とスキンシップ出来ない幼児体験の弊害、それによる精神的ダメージ、なんちゅー前に親のケンカ渦でやられちゃうケースの方が増えていきそうな勢いだね。

大人達は政府にイジメられ、会社にイジメられ、弱い者イジメの連鎖を作り出してる真っ最中でアリマッす。それが新しき生活様式であることは否めない。

 

今こそ聞け。耳を澄ませ。心の目を見開け。きっと聞こえる。赤ん坊の時期をとっくに通過したその子の叫び泣く

 

近求辞退宣言が。

アメリカのKKK警察 / 日本のKY自粛警察

Title : 犯人人権保護のためモザイクをかけておりまッす

 

 

いついかなる時でも、コロナ渦ただ中でさえ自粛概念有り得ぬ警察官による職権乱用リンチ。

被害者は黒人。黒人の人権と生命がいともたやすく奪い取られた証拠映像に、怒髪天を突いた市民達の猛抗議が全米を包み込んでいる。

黒人は黒人、白人は白人。そんな幼稚なくくりでは語ることが困難な根深い職権乱用の虚無不毛の暴力。

KKKのように顔を隠す必要もない警官達は、コロナ飛沫感染爆発の暴動の中、マスクを付けたり付けなかったり、個人個人の気分で恒例の祭りを楽しんでいる。

日本人はごく一部の人々を除き、見知らぬ他者の人権や生命が国家権力によって不当に略奪されることには極めて寛容だ。

理由は、人権というものをよく理解出来ていないこと、武家社会封建制度時代の歴史湾曲大衆娯楽ドラマを幼少期より視聴し続け、人権搾取に罪悪感を感じられない体質が出来上がってしまっているからだ。

アメリカ市民は命を奪われた人間の代わりに立ち上がり、日本人はウザいと感じた女子プロレスラーを陰険な覆面立場でイジメ殺しへと追い込む。

「息が出来ない」黒人犠牲者最後の言葉が怒りの市民達によって路上に書き込まれた。

一方日本では、マスクなしジョガーが飛沫感染垂れ流し承知でニヤリ。「息が出来るからな」

 

 

勿論、立ち上がったアメリカ人は一部かもしれない。卑怯で陰湿な日本人もごく一部かもしれない。

ごく一部の現象だろショセン、でかたずける日本人はごく一部ではない。

清潔な生活様式の日本人は確かにコロナ感染被害が他国に比べ少ない。もちろんそれは、日本人の一部かもしれないし、多くかもしれない。

いまだにマスクなしで雑踏を歩く者、実は日本人ではなく他国のアジア人だった、という場合も多いらしい。

日本人の自粛は凄かった、みんな頑張った。各国は日本人の足並みの揃い方に賞賛を送った。

人権の重みに対して無頓着であればあるだけ、自分の権利を放棄することに対して苦痛をサクッと最小限に抑え込むことが出来るのだろう。

コロナでつぶやき、ひとつぶ、ふたつぶ / 白を比べる、と書いて皆

Title : 七に刀と書いて切。ネバネバのナットウを切る苦労を誰が知る

 

 

コロナに飽きた。もう、その話いいから悪いけど。とか言ってる人いるね。

オオ~、出た出た、新しもの好き、ひとくちだけかじってポイの新日本人気質。おあいにく様、飽きようが飽きまいがトコトン続く。そんじゃ国内見切って海外に脱出、の逃げるが勝ちも使えない、合いびき肉様。

お会いに行くSUMMER、って誰が誰んとこに。小池知事が甘味処に飛び込んでアンミツ食べてる娘ら指して「ミツです、ミツです、3ミツです」

そりゃそうだ、チマタに散らばる蜜の過密。親密な密談続きでとうとう秘密交際、バレない細工も細密に。そのうち蜜月迎えて浮気の裏切り、許す者かと蜜蜂のひと刺し。

にしても、どうするコロナ。日本人お家芸の、先送り無理。臭い物にはフタも無理。臭いに該当のウィルス全世界に蔓延で全人類ドップリ鍋の中、でフタの存在感自体を語るに空し。

コロナ、めんどくせー。でマスクなしの人の周囲超越ぶりがスゴい。自粛警察の目も気にせずマイペース。誰かが言ってた通り、

“ 皆でガンバロー、皆は全員を指す言葉ではない ” なわけだ。

“ 皆って使ってれば、大体旨いよ ” と言うOH・IS・MEなわけだ。

皆 という言葉で連帯意識の魔法かけたい気持ちは分かる。いまだに日本人に対して不気味なほど有効なシバリだと思いたい気持ちも分らぬではない。

でも無理。ここまで立場に違いで奈落高低差アリだとくくれない。

皆 という漢字をしげしげと眺めてみると、

白を比べる と作られている。

真っ白と真っ白を何枚、何百枚と比べても、全部同じ。そもそも白紙同士を比べる意味さえない。

それが何千何万、何百何千万の人々、ボクら、アンタラ。で、皆。

それでくくっていいものか。政府はあまりに医療従事者をないがしろにし過ぎていやしないか。特別な人々だと何故認めないのか。コロナ以前に医療従事者が多すぎると切って切って切りまくり、

切実に、何もかもが足りないと叫ぶ。

 

切磋琢磨。

せっさたくま。励まし合いがんばる、という意味。

なのに、なぜ、切るという字が入っているのだろう。

騒音被害でステイホーム限界 / 集合住宅住居者の悲鳴 / 屋外への避難

Title : 人生反響ドラマー

 

 

海に漁船が、一定の時期、何らかの事情で操業出来なくなれば、当然のことながら海に幸は増える。痛んだ漁場は息を吹き返す。

出社しなくて良い、当行しなくて良い、の社会的なお墨付きが、例年積み上げられる自殺者数を現象させたという。

昭和青春ドラマ主題歌の歌詞一節に、

♪ 涙は心の汗だ たっぷり流してみようよ

というのがあるが、陰湿極まりないイジメ、壮絶なイジメに合い、泣く人が居れば涙さえ出すことを心が忘れてしまうショック状態を継続し続ける人もいる。

明石家さんまは「生きてるだけで丸儲け」と言う。名言だと感心するが、故河島英五の歌う ♪ 生きてりゃいいさ、同様、生きていること=現世の全苦痛体感、という状況下の人には何ら通用することのない人生訓でもある。

 

ステイホーム。それは分かる。意味は解る。賛同もする。大半の常識人は。

TVもラジオもタブーにして口にしないが、日本の住宅建造物の騒音被害の壮絶さを考慮に入れないで捨居葬無(ステイホーム)を語るのはいささか酷だ。

日本人はよく耐えた。集合住宅に住居人が24時間満杯、という全神経逆撫で不眠状態の騒音地獄の中、1ヶ月耐え抜くことは表彰に値することなのに。

緩んでいる。と言われる。

最初っから緩んだ状態が平素である政治家達はどうなるのか。最初からユルンデイル場合、愚策や失態を演じても今更ユルンデイルとは言われないのか。

 

人の心は奇妙キテレツなところがある。行きつけの店が、ある日突然に意表をついて内装をガラッと変えた。ただそれだけのことで、特段不満な所があるわけではないが、何故か足が遠のいてしまった、という経験が誰にでもあるはずだ。

だから、緊急事態宣言が解除されても、空恐ろしい物語が多数待っていることを多くの店主には分かっている。

ステイホームで漁夫の利を得たTV局。全力投球の取材は未だ目撃出来ず。そういうのを濡れ手に粟(あわ)って言うんだろう。黙ってても濡れてる手には、アワという名の視聴者が一網打尽にくっついて来る。

新しき世界には新しき生活を。TV局には猫に小判だろうが。

 

検察庁法改正法案 / 卑怯者のそしり / 現れた本性

Title : マスクなし夜叉に見せかけ実は有り

 

 

まるで火事場泥棒のような検察庁法改正法案だ!。

と、頻繁に各TVチャンネルで耳にする例え。ごもっとも、だがもっと理解しやすい言い方としては、

コロナ感染シャットアウト作戦が進行中。つまり、多くの会社員達が職場で時事問題を話し合えないテレワーク中を狙い、

大学生達が休校で時事問題を話し合えない自宅待機中を狙って、

ありとあらゆる階層の人々が資金繰りに奔走し手一杯である状況を狙って、

国民が井戸端会議出来ない状況を狙って、

邪悪極まりない、恥ずべき、ゲスの極みな強行採決を本気で国民を嘲笑いながら、

安倍内閣は行おうとしている、と言えるのだ。ただ、残念だったのはITオンチゆえに、ネットによる反対声明の拡散など夢にも思いつかなかったということだ。

 

かつて、真珠湾攻撃を受けたアメリカ政府はこう吐き捨てた。

「こんな卑劣な騙し討ちを他に知らない」

 

世界のことなど、自国の近代歴史など、知るか。な、日本人が増える近年だからこそ、現政権は国民をコバカにした強行採決を実現出来ると確信しているのだ。

比叡山延暦寺のお坊さん達を皆殺しにしろと命じた織田信長が国民イチオシの戦国武将で天下人なのだから、

オレもヒーローになれるはずジャン

と安倍首相が勘違いしたとしても、あながち的なずれとは言えないのかもしれない。

一党独裁が長きに渡ると、それは独裁政権の能力に長ける。ただそれが国民にバレるかバレないかの違いはあるのだが。

で、今回はネットの力で騒ぎになった。表に出た。政権の独裁ファシズム性が日の本に晒された。

 

かつて、故筑紫哲也氏はこう語ったことがある。

「独裁者は優しい顔で現れる」と。

 

 

 

大衆にバレた不可解なでっちあげ。驚いたことに、政権は涼しい顔で開き直っている。

どうせ自民党しかないんだろ、お前ら。どうせ経済経済、それだけちゃんとやってくれれば他の事には目をつむる、なんだろ。騒ぎは一過性、すぐ忘れるお目でたい国民なんだろ。

という自身に満ち溢れた自負がある。そして、その千里眼は当たっている。

国民は蛇に睨まれたカエル。手も足も出ない。

 

野党は通例の屈服前屈運動をいつ行うのだろうか。

別にいつ行っても良いが、今回の国民ジャッジは、これまでとは一味も二味も違ったものになるだろう。

検事サイドまでが国民や野党を援護しているのに敗北してしまうのであれば、野党無用論はピークに達する。立憲、だとか、維新、だとか名前が号泣する。

 

とにもかくにも、コロナのさ中、遂に安倍内閣の本性が丸見えとなってしまった。

コロナは、目に見えない相手との闘いと言われる。

人の本性、政党の本性、いずれにせよ、

 

見えないものを見抜くのは、いついかなる時代も、毒されていない国民だけだ。

 

真摯にコロナ報道を心掛ける、とTV番組のキャスターは言った。知事の会見画面の端上に手話の人の姿が同時に映し出されている。

手話者は顔に透明シールドを掛けている。手話に不可欠な表情を見てもらうためだ。そんなことは大抵の人も知っている常識。

シールドに室内灯が反射して移り、手話者の表情がほとんど見えない瞬間が多々ある。

真摯な報道を心掛けるなら、何度も同じ過ち続けないでください、と言いたい。まさか、番組関係者、誰も気が付かなかった?。気が付いたけど指摘しなかった?。

では自民党員と同じではないか。

組織内感染は組織崩壊をもたらす。

 

東京アラート / 本当のアラートとは何か / 戦慄のマスク病に備えよ

Title : キケンが来る、も中止ですか?

 

 

★ マスクの蒸れが日常化、顔ケアを放置 ⇒ 毛細血管拡張症、あるいは 酒さを発症 

 

 

これは本当に恐ろしい。マスクで覆った部分にニキビや吹き出物が…、程度だと思っている人は

一生涯、悔やんでも悔やみきれないほどの最悪の肌症状を顔面部位に呈する可能性がある。

 

ハア?と首を傾げ、大げさな古代表現だなと思ったシアワセ者は、見て確認する方が早い。毛細血管拡張症でも酒さでも、とにかくググッて、ビングッて、画像で症状を閲覧してみると良い。

自分の顔をそうなることを是非、想像して頂きたい。そうなってしまった友人からの警告でこの記事を書いている。

最大の恐怖は、

毛細血管拡張症酒さにひとたびなってしまったら、その症状は

治らない

という戦慄だ。高額レーザー治療などもあるが、基本的には完治しない。

ひとたび拡張してしまった毛細血管は修復不能。毛細血管からこぼれ出した血液で画像のような状態を呈するわけだから、かぶれの薬、保水液や乳液など何の関係もない。ニキビ治療薬も全く役立たず。

 

原因は、こすりすぎ。肌への過度な刺激。痛んだ肌に日焼け止めをこすりつける、日焼け止めや化粧をおとそうと石鹸でゴシゴシ顔をこする。

そんなのは例年の話。まぁね。でも、マスクを年がら年中はしてなかったよね。

 

若すぎな人は、すぐに症状は出ない。中年になった時、全身に冷水を浴びせかけられる恐怖の戦慄に鏡を割るのかもしれない。

疲労による昼寝、寝落ちがこれらの症状に至らしめる原因のひとつになる。

ストレス過多がこれらの症状を加速させる。

拡張しやすい顔の部位は、圧倒的に鼻、その周辺、眉毛上。つまり顔の命な部位。

赤くなるだけではない。保水液効果皆無、常にカサカサ、保水液、グリセリン、ワセリン、とにかく塗ればヒリヒリ、ピリピリ、気が狂いそうな絶望感。

強く関心を持った方は徹底的にググれば、完全防御態勢に今日にも入る事でしょうネ。

 

これこそコロナに対する、マスクに対する、猛暑に対する、

東京アラートならぬ全国列島アラートだ。

 

 

● 絶対なりたくないと戦慄した男性女性の皆様へ

 

洗顔は絶対に顔の肌をこすらない。そっと手の平で石鹸泡玉を顔面に乗せ軽く軽く押し付ける。とにかく刺激を与えない。これで洗い流せたか?の疑問は残るものの、気にしない。

化粧がそれでは落とせない、というのであれば、ファンデーションを塗るのは全面禁止。無茶な話ではない。繰り返すが、画像を思い出していただきたい。

 

誰しも、かつて経験などしたことがない猛暑のさ中、連日マスク着用。それを考えればマスクではなくシールドかも。でもシールドは菌に対して心もとない気がしてしまうしネ。