具現化する神

Title : 何で満たそうドンブラー

 

 

未成年の子は親の保護下にある。保護とは、ありとあらゆる意味を持つ。

親に経済的ハンデがある、環境下が劣悪、両親多忙による不在。ありとあらゆる理由によって “ 保護 ” の形態と純度、色合いは変わる。

親に依存症もなく、犯罪歴もなく、愛情もあり、環境も健全。それでも未成年者は道をたやすく誤る。

何故か。

親に隠れてあらゆる単独行動を試みるからだ。無邪気に自発的思い付きで始める、友人の勧め、強制でも起こる。これは防げない。

つまり、“ 保護 ” とは最初から完全実現とは程遠い行為だ。

神が見ている。は、もはや多くの子供には通用しない。祈りを強制することが信者の証だなどとは誰も思わないだろうし。

実際的で実現可能な、子供自身による、自分自身の道を決して踏み外さぬ法典は聖書ではない。

聖書と教会であればよいが、実際問題、違う。

コミック、マンガ、映画、ドラマ、実在、架空問わず、子供が熱心な信奉者となるヒーローの存在。これこそが神に成り代わり子供を保護出来る実践的存在だ。

神はヒーローではない。道を説き聡し、導く光だ。

ヒーローは道を説かず視覚的に実践するのみ。さとさず導かず、憧れさせるのみ。同一化を夢見る子供は実際的で現実的なリアリストだ。

架空のヒーローと聖書の神。子供にはどちらも架空の存在。

神は果たして存在するか否か、この議論は膨大な時間を要し、大抵の場合徒労に終わる。

 

ヒーローは視覚的、聴覚的に、喋り、聞き、子供が見慣れた現実世界、空想世界を躍動する。

ストリートギャングはアルパチーノのスカーフェイスを大抵観ているし、トム・クルーズのトップガンに憧れて空軍に入隊した兵士は非常に多い。

 

子供と、そのヒーローについて、ヒーローを通じて徹底的にディスカッション出来るかどうか、やる気はあるのか、それが保護の度合い、比重を分ける。

どのヒーローが最も適切なのか。それが分からなければ、今の時代、どんなにエリートな経歴を持つ親も、無力下の保護のさ中にある。

ディスカッションに子供が乗れば、親は善意のスリコミを散りばめることが出来るだろう。

 

何故、バットマンは銃を携帯しないのか。

 

対日本向け商品ネーミング虎の巻 / 海外企業にオススメ

Title : ドンドンドボン

 

 

どんなに機能や性能が他社よりはるかに抜きんでていようと、商品名が日本人向きでなければ、優れた消費者の検索拡散はあってもロングランセールスとして市場に定着するのは極く一部に限られる。

逆に、機能性能、味覚などがソコソコの商品であっても、名前が実に覚えやすく忘れがたい場合、その商品はロングラン定着する可能性が非常に高い。

そんなことは常識だと国内外企業は口を揃えるかもしれないが、こと日本人に関して言うならば、日本人ほど自国の単語や言葉の響き、イントネーションに敏感な国民は世界広しといえども稀である。

例えばTVに度々露出している誰かが、たったひとこと、鮮烈で印象に残り、覚えやすく、インパクトのある言葉を吐いただけで、その後その人の実力が浅いと公に発覚したとしても、その人の評価はほとんど下がることなく知名度を保持したまま順調な営業活動が続けられる程だ。永遠に色あせないキャッチフレーズとなる、は大げさな表現ではない。

とりわけ海外企業で、自社製品を日本で幅広く末永く御愛用願いたいと思うのであれば、進出前に海外名称を日本向けに改める程度の努力は必要不可欠である。

日本人受けする絶対不文律な単語は各種在るが、ここでは対日本人向け商品名リストとしてロングランの可能性大な副詞パターンを紹介しよう。

 

 

◆ あいうえお ⇒ アンアン インイン ウンウン エンエン オンオン

インインのみ言いずらく、負のイメージで✖。その他は強力。ただしユルいイメージを持つア行ではある。

 

◆ かきくけこ ⇒ カンカン キンキン クンクン ケンケン コンコン

日常使用頻度抜群のカ行。鋭くビビッドなイメージ。

 

◆ さしすせそ ⇒ サンサン シンシン スンスン センセン ソンソン

ほとんど使用されないスンスンはインイン同様マイナスイメージ。他は使用頻度アリだが平凡なイメージがある。

 

◆ たちつてと ⇒ タンタン チンチン ツンツン テンテン トントン

日本人には爆発的人気を誇るタ行。どれも音が聞こえリズミカルなイメージ。面白おかしく動きを感じさせる大人気なタ行である。

 

◆ なにぬねの ⇒ ナンナン ニンニン ヌンヌン ネンネン ノンノン

✖はヌンヌンのみ。インイン、スンスン同様敬遠される。この行は使用頻度は高いが、地味な印象はぬぐえない。

 

◆ はひふへほ ⇒ ハンハン ヒンヒン フンフン ヘンヘン ホンホン

使用頻度は高いが、意味不明瞭なイメージを持つ。他の副詞や名刺と組合せ、うまく扱えば面白いネーミングが生まれるかもしれない。

 

まみむめも ⇒ マンマン ミンミン ムンムン メンメン モンモン

子供のイメージがあり、可愛さやあどけなさを感じさせる行である。

 

やゆよ ん ⇒ ヤンヤン ユンユン ヨンヨン ンンンン

日本人にとっては何故か外来語に聞こえるイメージ。当然、ンンンンは言いずらく✖。

 

しかし、これら50音繰り返し副詞より更に人気のグレードが高いのは、上記に濁点をつけたものである。無論、濁点がつけられる行は限られている。

 

◆ ガンガン ギンギン グングン ゲンゲン ゴンゴン

猛烈でエネルギッシュな商品には相性抜群メガトン級だ。

 

ザンザン ジンジン ズンズン ゼンゼン ゾンゾン

ガ行同様猛烈アピールだが歯切れはガ行より劣る。

 

ダンダン ジンジン ズンズン デンデン ドンドン

ザ行とダ行で重複するジンジン、ズンズンは発音が違う。かなり人気のある副詞が多い。現在進行形のイメージがある。

 

◆ バンバン ビンビン ブンブン ベンベン ボンボン

ガ行と二大人気を分けるバ行。弾むイメージは抜群だ。

 

相互組合せ如何で大ヒットなネーミングが誕生すること請け合い。例えば、

バ行のバンバンとビンビンの組み合わせで ビビンバ バンビ

日本人は覚えたくなくても覚えてしまう。

海外企業には是非認識して頂きたい。