オーケストラの季節

Title : Show Time

 

 

来たるべき近い将来には云々…。いつの時代も大衆を不安のどん底に叩き込む恐るべき予測、予言がその道のエキスパート達により打ち上げアドバルーン。石油枯渇によるエネルギー戦争、エイズによる人類滅亡の可能性…。それぞれの予測が世界を駆け巡る時点で、頷ける信憑性は確かにあった。

あったが、人類は手をこまねいてはいなかった。世界の英知、総力を結集して難関を乗り切る。つまりは最悪のシナリオ回避。流石と言う他なく、ただひたすら尽力される方々に敬意を表したい。

かつて、世界を全く、これっぽっちも駆け巡らない予測があった。予測というより暗黙の事実だったから、と言った方が良いだろうか。それは、

 

音楽は永遠。音楽は衰えず。

 

これは今なお全くその通りで、いにしえより不変の存在、いつでも何処でも人類に必要不可欠なMUSIC。

ただ、全く信じられない落とし穴があった。盲点が。

 

クラシカルなスタンダード楽器の製造落ち込み。

 

これは音楽家達やリスナー全てが完全に予測出来なかった事象だ。

世界大戦時代のアメリカ白黒TVアニメにはセリフの代わりにあらゆるオーケストラ演奏が場面場面の様相を表現した。

チャップリンのサイレント時代はもとより、ヒッチコックの映画に至ってもオーケストラによる場面緊迫表現が大半を占めていた。つまり、クラシック・コンサートに限らずオーケストラは、他のあらゆる総合芸術に必要欠くべからざるものだった。映画のテーマ音楽華やかなりし頃、それはオーケストラ抜きには考えられなかったほどだ。

オーケストラに使用される楽器はジャズの楽器でもある。やがてロックが現れ電気楽器が異様なまでに世界を席巻するが、オーケストラ楽器はそれらと共存し、特にピアノやバイオリンは重要な橋渡し役を務めた。現在も引き続き努めては、いるものの。

 

頻度が低下した。

 

ラップの台頭。これは凄い。オーケストラ楽器はおろか、エレキギターやドラムスさえお呼びでない楽曲も多数を占める。

世界がデジタル化してゆくのに比例して、人々の感性もデジタル化を始めた。人間性を上回る幻想世界へのダイヴ、トランス・ミュージックがさざ波を立て始め、人間性を前面に打ち出すラップがそのさざ波にクラッシュ。反駁し、ダンスミュージックがそこに割って入る。

ラテンミュージックは依然ブラスと仲良し、磨き抜かれたスタイルに拍車がかかる。ロックもそう、ジャズもそう。変わらぬことではオペラも忘れてはならないが。

だがだがしかし、やはりオーケストラの出番は見る影もなく減った。グラミー賞を見れば認めざるを得ない。となればオーケストラ楽器演奏家予備軍は確実に減るというものだ。

サックスやトロンボーン、チューバを販売する楽器店を都内で見たことがあるだろうか。あまりの店舗の少なさに呆然とする。高価であることもマイノリティー主役の時代には不利な立場。

近年の映画作品は暴力をテーマとするものが非常に多い。破壊に走るアドレナリン全開は秩序だったオーケストラ形式を嫌うのかもしれない。ダウンタウンの匂いがないことに憤りを感じてみたりするのかも。無論、映画会社ではなく大衆の要望でだ。

音楽は感覚。楽器の数量図式が大きく塗り替えられたということは、要するに人間の感覚が著しく変容したという証明。

オーケストラの野望は時代に阻まれ、本来あるべき縄張りに収まったという事か。

 

 

千の風になりたい理由

Title : 千の再会

 

 

圧倒的な全国支持を受けた楽曲  ♪ 千の風になって を聴いていると感慨深いものがある。人は一戸建て住宅、持ち家を望む。一国一城のアルジ。近年はマンション志向の人も富に増えはしているものの、独立した持ち家を望む人は多い。

自分だけの、自分の家族だけの自由な領域。自由な世界。

 

お寺のお墓は一戸建て住宅、都会のBOX型お墓はマンション形式。

♪ 千の風になって、では、私はお墓に居ないのだと告げる。

持ち家がお墓と言う名前に変わった、というだけではなかった。

そうではなかった。

人の役にたちたい。誰かの傍に居たい。肉体が滅び、魂だけになってなお、人の想いは変わらない。永遠に。その地に縛られる持ち家と大きな空を吹き渡る魂。そのコントラストを繋ぐものは人と人との触れあい。畑に降り注ぐ煌めき (きらめき) の風は親と子の懐かしき再現のようでもある。

 

 

生きているのに、肉体を持ち合わせているのに、度々その事を忘れてしまいそうになるボクは、度々に愚かだ。