炎はどの方角に上がっているか / ご利用は計画的にね

Title : 平成小判

 

 

先の投稿記事で、代案提示なきクレームは発信側受取側双方に何の発展性も生じず「なるほど、カンに触ったのね、失礼しました」で終わってしまうとの趣旨を書いた。

恐らく炎上させたい側の論法はこういったことではないか。

これだけ怒っている人が大勢いるんだ、撤回しろ、謝れ、どうすべきかの代案?、そんなもの自分で考えろ!、何でこっちがそんなこと考えてやんなきゃなんないんだよ!。……では?。

炎上を狙い、それに執念を燃やす追従者も大勢で始めた。火のある所に野次馬は立つ。

イジメる側よりイジメられる側が圧倒的に増えて来た昨今、イジメられた側は覆面の安心感から、今度は誰かをイジメようと試みる。ひとたび成功すると炎上させた人々との間に不可思議な同種連帯感を持ち、同族相哀れむの意識なきまま、自身が勝ち組の仲間入りをしたかのようなエキサイトすべき局面を迎える。これだ!。これでいこう!。

イチャモンつける。難癖つける。反社会的勢力の常套手段だが、極道を歩んだそれのプロ達は最後に必ず後悔すると聞く。最後とは本当に最後の刻。つまり自身の一生が走馬灯のように脳裏を一瞬でプレイバックするという、有名なあの瞬間のことである。そんなやるせない虚しさ、自分の人生って何だったの?、であろう。

そんな先まで知るか、オレはまだ若いんだ!。

いや違う。若いのにそんなことにいそしんでいるようでは先はない。何故って、有名人のコメントを蝶の様に舞い蜂の様に刺している人達は次の事柄を認識していない。頭からカリッとサクッと美味しいスコーン!と抜け落ちてしまっている。

現在、日本の国際競争力は世界60ヶ国中、真ん中よりチョイ下。このランクは日本が今後経済大国第三位から徐々に滑り落ちてゆくであろうことを如実に物語っている。

ランクが低い最大の要因は国の借金の膨大さ。破産してるのに破産宣告しないで日々芸者遊びをしているに等しい。

といった事柄など全く知らない人達が著名人やイベントサイトを炎上させることに闘魂を燃やしている。だってそうでしょ?。将来一体どうなると思ってる?。あなた自身の経済的問題。国がこうなんだから関係ないわけないでしょ?、この国の人なんだから。

若いのに投資や投機をやっている人達は死に物狂い。生活がかかっているんだから。将来設計がかかってるんだから。それ考えたら炎上闘魂なんてやってる暇ないもんね。

炎上全力投球、気持ちは分かる。寂しさ、嫉妬、ストレス膨満感から破裂した怒りの矛先。負け組の遠吠え転じて密やかなるバーチャル勝ち組気分。泣き濡れた跡の残るストレス発散…。分かる。本当によく分かる。そういう時って誰にでもある。あるが、長い時間をかけていると浦島太郎伝説カマンとなる。

 

攻撃する相手を完全に間違えている。

 

政府関係の、国民の声を聞く部署にアクセスして要望をぶちまける、オチャラケ番組に終始するTV番組に真剣な〇〇いについての討論会をやって欲しいだとか、自身の生きる道に切実係わる要望を、クレームを、意見意向を、ガンガンに発信するべきだ。それこそが王道圧力団体形成へのムーブメントだ。

そういう人が大勢になれば、TV局のサイトが炎上すれば、番組はたちまち組まれるに違いない。視聴率ある程度割り出せてるしね。

ゴシップ関連は簡単明快だから攻撃出来るけど、政治はよく分からないから攻撃出来ないという若者も多いだろう。

よく分からない、なんてことない。単純明快。このままいったら老後は野垂れ死にするしかない。莫大な信託財産でもあるなら別だけど。

何とかならないよ、野垂れ死に回避。人を攻撃して遊んでいるより自分を大切に考えて、自分を優遇させる社会の規範造りにクレームつけなきゃ、意見を言わなくちゃ。だって脱税出来ないでしょ?。税金何に使われてるか興味ないの ?!。

東北復興資金が国会の豪華シャンデリア代金に支払われたけど、あの時炎上闘魂発揮した?。

これからもしないなら、する気がないなら、あなたの炎上闘魂は唯のイジメだ。

取扱説明書、どッ、どこなのッ! / 人間の言語感覚

Title : スラング・マシーン

 

 

アメリカ映画、ドラマを観ていて常に引っかかってしまうのです。相手に吐き捨てる様に「ANUS HOLE !!」と言うのです。koumonという意味であります。老いも若きも、セレブも、性別階層関係なくごく普通に言うのでした。言われた相手は言われ慣れているせいかビクともしないようで、ビクッとするのはボクなのです。

画面に清楚な上流階級所属の女性が登場。まさかこの人は口にしなだろうと安心して観ておりますと、突如言うのです。

日本では類似する言葉に kusottare というのがありますが、まず女性は口にしません。類似ではありますが、この言葉は便秘で苦しむ人が聞いた場合、ひどく羨ましがるわけで、私もそうなりたい ! と叫びたくなるでしょうから、あまり相手を愚弄する力はありません。

それに対し、ANUSHOLEの方は排泄器官の名称ですので戸惑いを隠しきれないボクなのです。非常に重要な器官なわけですし、全ての人が有しているわけですから、相手を愚弄する言葉に用いて宜しいのでありましょうかネェ…。アメリカのkoumon科のお医者様は傷ついておられないのでしょうか。心が痛みます。シクシク…。

この言葉が愚弄する時に使用できるのであれば、「この心臓野郎が !! 」とか「とんでもない肝臓野郎だぜ全く」とかもアリなのでしょうか。それとも、あくまで順列的に末端の器官のみOKという判断基準によるものなのでしょうか。息詰まってしまいますです、アメリカ的感覚を理論化してはみたいのですが…。

何も考えずにただ慣例で使用しているという線が濃厚でありましょうか?。

いずれにしても、生き残る言葉には重みがあるもんですから、きっとこれで宜しいのでしょうね。言う葉っぱ、と書いて言葉。やはり例えるなら常緑樹、ということになりましょうか?。

 

人間心理 VS コーヒーチェーン店デザイン

Title : 白星はミントの香り

 

 

今月に入り、私はようやく5年にも渡る頼まれてもいない完全独断調査をメデタク終えたのでここに発表したく思います。

 

各コーヒー・チェーン店が街のそこかしこにあります。店の面積や形に合わせ、しかるべき建築デザイナーさんが内装デザインしてお店を作っているのでしょう?。

その結果、明らかに集客力において、とんでもない店舗集客力格差が生じていることをチェーン店トップは完全認識しておられるのでしょうか。

おそらく認識出来ていないのではなかろうかと、ついぞ疑問が生じています。

店内設計にあたり、席数だとかオーダーしやすいだとか、メニュー表示が見やすいだとか、その他もろもろ熟考してオープンに至るのだと思います。プロフェッショナルな方々が総力をば結集してステキなお店をクリエイトしたのだとの自負もあるかと思います。

もしももしも、私の独自調査が正しいとするならば、コーヒーショップも時代からややズレ始めているという指摘が出来るのではないかと思います。

 

現時点、年齢差関係なくお客さんが最も重要視し求めてやまない要素、その筆頭に挙げられるのは味覚ではありません。なッ、何をバカなアーッ !! と激怒されるかもしれませんが、あながち大ハズレとはどうしても思えません。

当然、安くて美味しいならば万々歳。しかしながら、ズバ抜けて美味しいというものはそうそうあるものではないですよ。どのメーカーもシノギを削っていますから。

最高に美味しい120円の缶コーヒーと、最高ではないコーヒーだが200円で席につけるという場合、明らかにお店の勝ち。本当に飲みたいだけ、何処かに持参するだけ、持ち帰るだけ、の場合は価格と味が決め手。

ショップに入る場合は長居できるかどうかが決め手。しかも居易いかどうか。落ち着けるかどうか。長居している人が大勢居て、いかに自分の存在が目立たないかどうか。これに尽きると言い切れます。

この傾向は約10年前から際立つようになり、数年前からは利用客の暗黙の了解。ここ2~3年では傾向どころか決定的なショップ・チョイスとして完全定着するに至りました。明らかにそう見えます。

若い女性は、若い女性が多く集まる店にしか入らない。そんな店が見当たらない不慣れな出先では店に入らず自販機。どこか適当な所で飲むことを考慮しての購入。なければ持ち帰り。

高齢者が多いコーヒー・チェーンに若者は入ろうとしない。スマホやノートパソコンを使用する者は、オシャベリ目的のお客さんが大半の店には二度と入らない。間違って入ってしまった場合は早めに退席する。

現時点、昔と似ても似つかぬ傾向はお客さん同士のカテゴリ支配。ママ友同士なら、それが主流のお店。サラリーマンなら同族歓迎、といった様な。

 

誰ひとり会話せず静寂に満たされたショップ。不気味なほど、図書館よりも静寂。その店はスマホやノートパソコンしか見ない若者でいつも満杯。時の流れも一切気にせず自身だけの時間が流れ周囲の時間は停止。それを求めたお客さん達の巣窟。いかなる者も御意見無用。誰も喋ってはいけない。

ワタクシ、一度友人と通りすがりに入店し、その静寂に驚き、話しも出来ない雰囲気に押しつぶされ、しっぽを巻いて15分で退散。店を出た時、2人の黒髪は全白髪と化していた。などという感じ。恐怖。

理路整然とし、落ち着かず、どの席も店員から見て丸見え。ああ、この店はダメだなと思う。案の定、集客力がなく、傍にライバル店が誕生した時点でハイそれまでよ。そんなのが幾店舗も見受けられる。飲み物、食べ物の価格や味覚が原因ではない。

何故なら同じチェーン店でも、別の場所は非常に繁盛していたりするからデス。

現時点、客から見て一切店員の存在を感じさせず、密閉感があり、ウナギの寝床のように入り組み、原っぱのようにガラ~ン感がない造りのお店。これが人気店の条件。休日、遊びに来た人々でゴッタ返しとなるメガ・シティのショップは別物。入れればいい、休めればいい、なのだから。

集客考え、面積を考え席数を決める。客が長居出来なければ集客皮算用も鬼が笑うでしょう。

客の回転が悪ければ店側は大打撃。それは分かります。しかし、回転悪しどころか閑古鳥では閉店は目の前。

出店GOサインを出すにせよ止めるにせよ、出すからには店内デザインを内装をどうするか、それが激しいラヴコールの決め手。男性女性共に入り組んだ造りの店内を好む。勿論、長居狙いのお客さんの場合。

広々とした空間は、独自の世界に埋没することが大前提の入店者には敬遠される。

明るく清潔な店内。清潔はGOODだが明るくはNO。特に白色灯は思考の妨げとなる。お客さんはコーヒーブレイクに来ている。コーヒーに最も不向きな雰囲気作りの名手こそが白色灯デス。

よって最終報告としては、ショップデザイナーさんはお客をウナギだと思ってお店をデザインして下さることを強くお勧め致します。知っての通り、ウナギは神秘的で価値高し。日本人のウナギ好きは周知の事実。

出来うればコーヒーショップ、毎日が土用の丑の日大繁盛とならんことを願いつつ、ワタクシの現場観察最終報告を終わりたいと存じ上げます。今日はこの公演の為に遠路はるばるお越しくださった関係者の皆様、前日より会場前でお並び下さった方々に厚く御礼申し上げます。ご清聴、誠にありがとうございました。

 

国民栄誉賞と文化功労者

Title : 文化が寝てる間にソロリソロリと参ろうか

 

 

今の日本人って自分達の文化を大切にしているとは思えないのですけど…。使えない、役に立たない文化より役立つ物ならソッチが一番、乗り換えて新しい文化にしちゃえばいいじゃん、みたいな…。格式高いところでは守り抜く気概が素晴らしくって拍手喝采ですけれど…。

今の日本人、文句なく大切にしてるのがスポーツ観戦。しかもライブ!。要するに自国文化を扱う番組は低視聴率。スポーツ番組は高視聴率。だから何なんだと言われてしまいますけれど、アア、ますけれど、ますけれど。

文化功労者を受けると生涯に渡って毎年350万円くらいの年金が頂けるのです。しかも税抜き。国による手厚い保護ですよねぇぇぇぇ…。

国民栄誉賞は盾と賞状。報奨金ゼロ。スポーツの覇者である伊調さんもゼロ。

つまり、これってアレ?。国と国民の評価が違う?。でもでも、ですよねぇ…。国が自国の文化を奨励しなくてどうすんですか、なのでありますから納得のお話。

けれども国民的には、国民栄誉賞にも報奨金あげても宜しいのでは?、という方々も結構おられるような気も致しますが…。

誰かが言いました。国民栄誉賞出し過ぎ、ありがたみなくなる、と。

どういう神経してんでしょって思いますねぇぇ…。

社員が一丸になって頑張って会社の業績がめまぐるしく上がった。で、賞与与え過ぎはまずいでしょって?。賞与は立派な栄誉賞。大相撲で、一力士に三賞複数はあげ過ぎだから一つは該当者なしにしましょうだなんてねぇぇぇ…。そういう愚かな発想が社会を疲弊させるのではないのでしょうか?。そもそもの本質を見ず、ありがたみだとか、ほとんどないので貴重だとか、子供っすか。

ボーナスは勲章。大人の社会、職業上、誠意は金、達成感は誉れ、それを、よッ、よもや、多い少ないで判断されてしまうのであれば、頑張る側の人々は当然皮算用を始めます。サクッと計算すっと、どんだけ頑張っても今年の賞与は1人にしか出んのだなこれが。ふんじゃソコソコいくっぺか。

いつも書くのですけれども、公共の電波で言うべきこと、言うべきでないこと、日本は本当にゆるすぎでありましょうねぇぇぇ…。

規制多すぎも問題?。確かに。しかし今言ったことは、そもそも規制される前に大人の自覚と判断で自ら発言しないもの。それが文化。

掟なしの言いたい放題しか出来ないのなら、いちいち、事細かに、言論統制、既成するしかないのでありましょうねぇぇぇぇ…。そうすっと失言なしで番組面白くなくなりますから、規制なんかしちゃダメですよねぇ~。

第一、言論統制は民主主義の危機ではありませんか。そうするしかない程に国民自らが導いちゃってどうすんですかぁぁぁ…。実は文化、民主主義の尺度なのですよぉぉぉぉ…。