オーケストラの季節

Title : Show Time

 

 

来たるべき近い将来には云々…。いつの時代も大衆を不安のどん底に叩き込む恐るべき予測、予言がその道のエキスパート達により打ち上げアドバルーン。石油枯渇によるエネルギー戦争、エイズによる人類滅亡の可能性…。それぞれの予測が世界を駆け巡る時点で、頷ける信憑性は確かにあった。

あったが、人類は手をこまねいてはいなかった。世界の英知、総力を結集して難関を乗り切る。つまりは最悪のシナリオ回避。流石と言う他なく、ただひたすら尽力される方々に敬意を表したい。

かつて、世界を全く、これっぽっちも駆け巡らない予測があった。予測というより暗黙の事実だったから、と言った方が良いだろうか。それは、

 

音楽は永遠。音楽は衰えず。

 

これは今なお全くその通りで、いにしえより不変の存在、いつでも何処でも人類に必要不可欠なMUSIC。

ただ、全く信じられない落とし穴があった。盲点が。

 

クラシカルなスタンダード楽器の製造落ち込み。

 

これは音楽家達やリスナー全てが完全に予測出来なかった事象だ。

世界大戦時代のアメリカ白黒TVアニメにはセリフの代わりにあらゆるオーケストラ演奏が場面場面の様相を表現した。

チャップリンのサイレント時代はもとより、ヒッチコックの映画に至ってもオーケストラによる場面緊迫表現が大半を占めていた。つまり、クラシック・コンサートに限らずオーケストラは、他のあらゆる総合芸術に必要欠くべからざるものだった。映画のテーマ音楽華やかなりし頃、それはオーケストラ抜きには考えられなかったほどだ。

オーケストラに使用される楽器はジャズの楽器でもある。やがてロックが現れ電気楽器が異様なまでに世界を席巻するが、オーケストラ楽器はそれらと共存し、特にピアノやバイオリンは重要な橋渡し役を務めた。現在も引き続き努めては、いるものの。

 

頻度が低下した。

 

ラップの台頭。これは凄い。オーケストラ楽器はおろか、エレキギターやドラムスさえお呼びでない楽曲も多数を占める。

世界がデジタル化してゆくのに比例して、人々の感性もデジタル化を始めた。人間性を上回る幻想世界へのダイヴ、トランス・ミュージックがさざ波を立て始め、人間性を前面に打ち出すラップがそのさざ波にクラッシュ。反駁し、ダンスミュージックがそこに割って入る。

ラテンミュージックは依然ブラスと仲良し、磨き抜かれたスタイルに拍車がかかる。ロックもそう、ジャズもそう。変わらぬことではオペラも忘れてはならないが。

だがだがしかし、やはりオーケストラの出番は見る影もなく減った。グラミー賞を見れば認めざるを得ない。となればオーケストラ楽器演奏家予備軍は確実に減るというものだ。

サックスやトロンボーン、チューバを販売する楽器店を都内で見たことがあるだろうか。あまりの店舗の少なさに呆然とする。高価であることもマイノリティー主役の時代には不利な立場。

近年の映画作品は暴力をテーマとするものが非常に多い。破壊に走るアドレナリン全開は秩序だったオーケストラ形式を嫌うのかもしれない。ダウンタウンの匂いがないことに憤りを感じてみたりするのかも。無論、映画会社ではなく大衆の要望でだ。

音楽は感覚。楽器の数量図式が大きく塗り替えられたということは、要するに人間の感覚が著しく変容したという証明。

オーケストラの野望は時代に阻まれ、本来あるべき縄張りに収まったという事か。

 

 

千の風になりたい理由

Title : 千の再会

 

 

圧倒的な全国支持を受けた楽曲  ♪ 千の風になって を聴いていると感慨深いものがある。人は一戸建て住宅、持ち家を望む。一国一城のアルジ。近年はマンション志向の人も富に増えはしているものの、独立した持ち家を望む人は多い。

自分だけの、自分の家族だけの自由な領域。自由な世界。

 

お寺のお墓は一戸建て住宅、都会のBOX型お墓はマンション形式。

♪ 千の風になって、では、私はお墓に居ないのだと告げる。

持ち家がお墓と言う名前に変わった、というだけではなかった。

そうではなかった。

人の役にたちたい。誰かの傍に居たい。肉体が滅び、魂だけになってなお、人の想いは変わらない。永遠に。その地に縛られる持ち家と大きな空を吹き渡る魂。そのコントラストを繋ぐものは人と人との触れあい。畑に降り注ぐ煌めき (きらめき) の風は親と子の懐かしき再現のようでもある。

 

 

生きているのに、肉体を持ち合わせているのに、度々その事を忘れてしまいそうになるボクは、度々に愚かだ。

世界ヒーロー大百科事典から / 進化し続けるバットマン

Title : 飛行するバッホエ

 

 

コウモリであるところのバット、そしてクジラであるところのホエール。この両者の長所のみを併せ持つバッホエマン。ドイツ語ではバッハマン。

口から塩水を吹き悪党を倒すことで知られており、素性は不明。

体長2~3cm。世界各地の鍾乳洞内、観光客が捨てた空き缶などで爆睡している姿が時折確認される。

 

時代と共に、映画に登場するバットマンの出で立ちも大きく変化したでゲス。よりゴッツく強靭なハードコスチュームになったゲス。まあ、核弾頭なんぞを阻止奔走するわけでありますから、それに見合ったスケール・コスチュでなければなりまッせん!。

当初の実写版TVドラマのバットマン・コスチュームは新体操の素材のように超薄着でゲシた。釘にでもひっかけようものなら即ビリビリ、今時分だと確実に風邪引くでゲス。

夜の世界、闇の世界の象徴だったコウモリも、やたらと日中駆り出されることが度々でゲショー?。

それだけ事態は、時代は、巧みに複雑化してるってことッス。

バットマンに限らず、やはりタフでないとねぇぇぇぇ…。

新しい誰かの為に私など思い出さないで

Title : 天井裏のフシ穴から真下を覗くとハッタリハンゾウは物思いにふけっているところであった

 

 

梅雨でもなヒのに、今日はまるで6月梅雨時を思わせる感じがしてしまフ…。

こんな時、人は湿度の重みが身体にのしかかるのを感じずにはいられない。

でもちょっと待って…。 ムファッ…

こ、これってマサカ、心の湿度、すなハち溜息のミナモトであるところの過去のワダカマリの重圧こむら返りッ ?!。

それとも、さッ最近は持病じゃないかと疑い始めた腰痛や肩凝りがもたらす将来へのバクゼンとした溜息感のシボミ風船ッ?。

ハゥクッ!。

 

新しい誰かのために わたしなど思い出さないで

声にさえならなかった あの日のことを

季節は運んでく 時の彼方

六月は蒼く煙って 何もかもにじませている

雨のステイション

会える気がして

いくつ 人影 見送っただろう

 

〈松任谷由実 / 雨のステイション〉

 

 

新しい誰かのために…。わたしなど思い出さないで…。

 

そホ。新しい誰か…。もう私は新しくはない?。そホね。

あなたにとっては。

他の新しい人達にとっては、わたし新しい誰かなのよネ。

わたしなど思い出さないで?。…そフね…。

それは思い出してくれないかなって願望の裏返し。

だいじょホぶ。きっと思い出したりしない。何かのハズミ以外では。

 

新しい誰かのために わたしなど思い出さないで

 

そホ。新しいわたしに近づいて来る、新しい誰か。それホ待とうよホ。

それが梅雨開けってことでしょフ。雨がリフレインするから梅雨だもんねヘ。

そホ…。今日はまだ梅雨でないの。ボクったら間違えちゃったんだね。

ハァフッ。

スマホのバッテリーとカニの関係 / 重要度の変異

Title : 耳よりな情報大魔王

 

 

カニも痛みを感じると最近判明。なので皆さん、生きたカニをいきなり熱湯に放り込むのは残酷ですから気を付けましょう、とラジオの声。暴れるカニの姿を見るにしのびない、と。でも結局美味しく食べる。

驚く…。

カニに麻酔をかけ食べるべきか…。

 

スマホにカバーは放熱阻害でバッテリー劣化、特に革カバー。こんな知識を知りつつカバーする人が大半。だってスマホが滑り落ちて破損するよりマシだから。可愛いカバー、付けずにおれるかッ。

なわけで大半の人がカバー付け。

賢い知識より気分が優先。本質ズレまくりだけど分かるようなその気持ち。

錦織圭の大活躍でWOWWOW加入者が爆発的に増えたのも、まだまだ記憶に新しい。数々の名作映画より自国の選手活躍なら視聴料も何のその。

 

内容や質より気分、それが今の時代。東南アジアの若者もメイドインジャパンのバイクより装飾性抜群のヨーロピアンだし。

 

やっぱり、常に今日の美術嗜好性を窓の換気の様に取り込める企業が、何より勝者。

分析より視覚の時代。これにNOと言う経営者、ちょっと不安かも。

ワールドカップとイタリアとベネチアと

Title : 世界中の視線を集めるとボク的にはこんぐらいかなと

 

 

イタリアがまさかのワールドカップ不出場。祖国の威信と存在を世界に示す絶好の好機といえる祭典において。

イタリアのフットボールファンには残念な結果だが、イタリア市民にはさしたる問題ではない。

水没するベネチアを救おうと世界の英知が動いている。美しき水の都への祈りは世界中から寄せられているのだ。

視線は連なる。七つの海のさざ波の様に。

 

イタリアよ、祖国の存在は充分だ。

ひとりぼっちは今に始まったことではないョ / 加藤和彦と北山修の知られざる名曲

Title : 

 

 

悲しい時や 苦しい時には

あたたかい心の 言葉が欲しいな

誰もいないさ きみだけさ

だから涙は ひとりで

ひとりで 流すの

 

幸せのことを 考えるたびに

みんな嘘なの? と嫌になってくる

誰もいないさ きみだけさ

だから歌は ひとりで

ひとりで歌うの

 

 

風が窓を たたく時

ひとりぼっちが つらく心にしみる

 

夜の向こうに 叫んでごらんよ

あの人の名前を 叫んでごらんよ

誰もいないさ きみだけさ

だから明日は ひとりで

ひとりで 作るの

 

 

ひとりぼっちがつらく心にしみる時代は最近のことじゃないんだネ。

この人知れぬ名曲をあのすばらしい愛をもう一度の加藤和彦と北山修が書いて発表したのは1971年2月のこと。

当時大人気だったニッポン放送のラジオ深夜番組オールナイトニッポンのDJ、カメ&アンコーがレコーディングしたもの。

そう。この歌を聴くと悲しい気持ちになって聴きたくないって思う人も居るかもしれないネ。

だけど、自分をとりまく環境の色んなことが日増しに過酷な状況になってく今だからこそ、癒しの歌だけではなくって、こういう寄り添ってくれる歌も

 

いいのかなって…。

 

シグナル / TOKYO・SOS・CITY

Title : マヌカン星人

 

 

何にでも兆候はある。注意深く観察していればたやすく分かる。

20数年前、女子高生ファッションとしてルーズソックスがあった。マスコミが紹介し有名になった。

足首の太さをあざ笑われる。それを隠す目的のルーズソックス。

ズボンを腰よりはるか下までズリ下ろすファッションが流行った。

足の短さをあざ笑われる。それを回避するために、錯覚だよと。

渋谷でヤマンバメイクが一部女子の間で流行した。

顔立ちの悪さをあざ笑われたくない。その自衛手段だった。

全てはボクの独断分析。きっとデタラメだと言われるだろう。

 

どんな不可解な事象にも、必ず理由はある。

普通の人は言う。オマエはモノゴトを悪く取りすぎだと。

消えゆく日本文化に未練なし?

Title : 歌舞伎者(かぶきもの)

 

 

若年層に限って言えば、良い悪いの問題ではなく、とにもかくにも日本独自の食文化は風前の灯(ともしび)。特に女性に顕著という話。

米離れでパン食、パスタ。炭水化物、小麦粉は太るの情報を重々承知でそれが良いというわけ。

極度な攻撃性とストレスから、お笑いでも見聞きして気分転換といった時代が長く続いたが、自身の疳(カン)の虫の肥大化でお笑いさえもカンに触る、ウザいというわけでお笑い文化も消えつつある。

最近のインフルエンザの猛威は凄まじく、年追うごとに強力になってゆくばかり。まめな手洗いをする人が減少した。つまりは、日本人特有の綺麗好き文化もまた、サヨウナラの今日この頃。

夕方の奥様井戸端会議文化は大都会に於いては完全消滅。大都会に限っては正月のタコあげコマまわし福笑い文化も沈静化。

年賀状の販売数も下り坂、お中元お歳暮文化も右下がりの一途。

良いのか悪いのかは置いておいて、台頭する只今売り出し真っ最中の自滅文化とハカリにかければ、消えゆくそれらは伝家の宝刀にも思えたりして…。

目に染みる若葉を見ましたか

Title : ずっとずっとずっと

 

 

数日前、ブドウパンを買いに夕方スーパーへ向かった。珍しく徒歩で向かった。明るい夕暮れ。六月ならではの日の長さ。実にそよ風も心地よく、束の間穏やかな心持ちになれた。

セーラー服の高校1年生くらいの女の子が向こうから歩いて来る。

うつむき、両手で自分自身を抱き締め、かなり年老いた人の様に背中を丸め、蒼ざめた絶望の伏目で、僅かに何か想いを噛みしめ噛みしめ、早くももなく遅くもなく歩いてゆく。目に染みる若葉の緑はその子の視界にはない。

通りの音も、すれ違う散歩犬の笑顔も、雑踏のざわめきも、帰宅後の明るい会話も、お風呂上がりのくつろぎの時間も、眠る楽しみも、明日登校後時の期待もない。

 

何もないのはすぐに分かった。すれ違いざまに確信した。きみの深い悲しみが今日だけの事では決してないことも、すぐに分かった。もしも、ひとつだけその子に何かあるのだとしたら、持ち堪えられるかどうか、という疑問符。

声などかけてはいけない。気遣って呼び止めてはならない。どうしたの?などと口が裂けても話しかけてはならない。ボクは変質者の疑いを賭けられる可能性が在る。それが今の日本の常識だから。

 

代わりにボクはただ1度振り返っただけで何もせず、ただ歩いて目的地に向かう。不覚にも涙がこぼれた。無能。冷たい人間。

 

 

どうしていいか、分からないよ。