大きな相撲 / フトコロの深さ

Title : 小者は大物を兼ねない

 

 

♪ 大きなノッポの古時計 おじいさんの時計~

大きな、は分かる。洋館の部屋の隅なんかで見たことある。多分、

小さなノッポの古時計、であるなら倒れやすい形状であることから、やはり砂時計を連想してしまうワタシ…。そういったわけで、

大相撲って一体何ですかネ。

力士の体格が大きいから、ついナニゲに相撲って聞き流してしまうのだが、まさか、大人の相撲だから相撲ってわけでもあるまいに。アー、アルマイニ、アルマーニ。

相撲、とはまさか言えません。それは分かる。耳的に迫力ないし、ノミでもマワシつけるのか、みたいに夢は膨らんでみたりはするが。

全部が大一番ってわけでもないんだから、タダ普通に、相撲、でいいのではないかなと思ってしまう。

アメリカのメジャーリーグを大リーグって日本人は呼ぶけど、それは規模が大きいから。相撲も部屋が多いから相撲なの?。グランドホテルのグランドなの?。グランド相撲ですかナ。人権意識低いから差し引き相撲、すなわち指相撲が妥当ではないか。

それた相撲なんて言っても、所詮コケオドシでしかないのだから。

 

Title : 「塩撒きゃウィルス死ぬんじゃないの~?。これ見てみ。勝利のV。どーよ」

 

コロナウィルス感染拡大阻止、今こそまさに正念場!と叫ばれる中、相撲協会は今日の時点でまだトーナメント開催を保留にしている。他のスポーツイベントや文化イベントが次々中止、延期になる中、目立つ目立つ。

GOサイン出たら、やっぱ “ パンデミック場所 ” とか言うんですかネ。

 

時代遅れはなはだしい角界常識はこれまでサンザン取り沙汰されてきたが、今回はヒト味違う。

高齢者ほどコロナウィルスのダメージが大きい。大相撲観戦者は高齢者が多い。観戦者が感染者になるか否か、理事達はイチバチの賭けに揺れているのだろう。

要はカネ。興行収入。

フトコロのきさ見たり。祝儀袋満杯のためのフトコロの深さだったのネ。で、

相撲か。ナットクだ。

何を受け取り何を受け取れないのか / 五輪の輪は知恵の輪ではない

Title : 金メダイ美味しい

 

 

金メダルを受賞した選手、その選手から勇気や感動を受け取る観戦者。

メダルを手には出来なかったものの、結果として達成感や感謝を受け取った選手、その選手から自分は何も受け取らなかったと感じた観戦者。

表彰台の選手は、国歌演奏の間、のぼりゆく国旗を見ていなければならない、とオリンピック憲章では定められている。観戦者はほとんどの場合、国旗ではなく選手の表情を見ている。

選手と観戦者は、それぞれ何を受け取ったのか。

五輪開催中、混雑緩和を実現すべく出来るだけ自宅にこもることを勧められている都民は何を受け取り何を失くすのか。

五輪開催中、日本はどれほどの外貨を稼ぐだろう。また、我が国はありとあらゆる事柄について、海外からどんな賞賛を受け、どんな嘲笑を買うのだろう。

五つの輪は互いに組み込まれている。経済面を除き、まるで世界各国の事情から逸脱したスタイルをとる我が国は、どんなリンクをやってのけるだろう。コミュニケーションを否定する日本国の人々から来日した各国の人々はどんなメッセージを聞くだろう。

外貨獲得のために開催される東京五輪、と思う人々と、感動を何とか味わおうと躍起になる人々が混在しながら交通機関はマヒし続けるのだろう。

 

会期中、私はどんな迷惑に巻き込まれ、どんな無駄を強いられるのだろう。

五輪の輪は知恵の輪ではない。知恵の輪になるとすれば、それが人間の可能性なのか。

身の潔白 / サイクリングで花粉症 / かかる花の粉は払わねばならぬ

Title : 花粉で目が曇るMAN

 

 

身の潔白。

白身魚の料理のこと。フライが代表的である。

身の潔白をはらす。

白身魚は淡泊ではあるがハラスは脂っこいものの淡泊質が豊富なことで知られる。

 

プロポーズされ受けるかどうか真剣に考える。

女子も短刀を懐に忍ばせていた時代の話だろうから、江戸時代大政奉還以前の話だろうか。

 

にっちもさっちもいかない。

ドンづまりな状態を指すこの言葉、何故、世界的に有名なジャズマン、ルイアームストロングは

サッチモ

と改名したのだろうか。また、ニッチモは誰で、彼との関係はどうなっているのだろう。

 

パラリンピック選手発掘の可能性を関係各位にアンケートってTVでやってたけど、ホントにやるべきアンケートは今年の五輪開催すべきか否か。国民の総意と確信してるならやってみるべき。なんでしないのかネ。キチンとしたアンケートもとらずに〇〇は国民的アイドル、なんて嘘っぱち同様、国民総意、ってことにしておけば、悪いわね、これからもヨロシクね、

♪ これからも いい感じ~

Title : 春子ファルコン来たァーッ!

 

昨日サイクリングで30km走行したのがたたり、今日は起床後激しい眼の痒みで七転八倒中。なわけで、このような記事を投稿し自虐的気分に浸るのであった。

日本人的ブルースとは/ 演歌はブルースか

Title : 「ブル~スしか歌えんばってん、オレはトナカイ、鹿ではなかとよ」

 

 

何故か日本には曲名に~ブルースと銘打った歌ジャンルが存在する。誰が考えたものやら。誰が仕掛けたものやら。

アメリカの黒人音楽、しかも哀歌を、日本人の悲恋ソングと同等に位置づけるそのセンスは実に大胆かつ面白い試みだと思う。

皮肉を言っているのではなく、双方に流れる悲しみや苦しみの深さが何ら変わらない、と言っているところが興味深いと感心することしきりなのである。しかしながら…。

 

♪ 伊勢佐木町ブルース ♪  には絶望的な悲しみなど存在しない。むしろ成就した、成就しそうな恋愛を楽しんでいる女主人公が居るばかり。

4分の4拍子でさえあればブルースだ、などと強引なことを言う人はまず居ないわけだし、青江三奈の歌声には明らかな悦びの熱情が窺い知れる。

つまり、この歌はブルースという恨み節や苦痛に耐えるための霊歌の要素などとはおよそかけ離れたところに位置しているのである。

それなのにボク達日本人は、この伊勢佐木町をテーマとした楽曲が紛れもなくブルースである、と自然に受け入れてしまうことが出来る。これまた不思議な感覚、現象ではないだろうか。この歌がブルースなのはおかしいと言った人を聞いたことがない。

 

♪ 受験生ブルース ♪ (高石ともや)しかり。受験生の大変さは人生の大いなる苦しみという程のスケールではない。それゆえこの歌はコミカルな調子で歌われている。

つまりはアメリカのブルースとは真逆、縁もゆかりもない楽曲と言える。だがしかしタマゲ上げることに、この歌もまた、ブルースという名前が良く似合う。このシックリ感は、恐らくボクら日本人に共通した何かなのだろう。ウムウム、これはブルースだな、なあるほど、と途方もなく納得してしまえるのは一体何故なんだろうか。

推測なのだが、ブルースという単語の響きが、本来この単語が持つ意味と相反する全く違う何らかのイメージを、日本人にかなりビシバシと連想させてしまっているのではないだろうか。

フォースと共にあらんことを、と同じく日本人にとっては、

“ ブルースと共にあらんことを ”

とまで言い切ってしまえる程の何か。その正体は一体なんだろうか。

 

♪ 中の島ブルース ♪ (アローナイツ / クールファイブ)もまた絶望ソングではない。打ちひしがれた男と女が小さな希望の灯によりそう、明日を信じる事が出来そうなニュアンスが行間に流れている。

もしこの曲名からブルースという言葉を取り去ったなら、代わりにどんな単語を持ってくればシックリするだろうか。

中の島。中の島物語。中の島の2人。中の島慕情。……慕情?。

慕情の線は悪くはない。恋い慕う、の意味なのだから少なくとも場外ホームランで彼方へ飛んだブルースという単語よりはグッと近い。

伊勢佐木町慕情でいいし、中の島慕情、でいい。歌詞の意味合いからすれば、間違いなくブルースよりは慕情の方が間違ってはいない。

だがしかし、何故かどうしてか、慕情ではダメだ。

大半の日本人的が慕情という言葉から連想するのは、パッとしない、覇気がない、ジミ。そんな驚愕すべき感覚があぶり出されてくる。

本来の慕情という言葉の意味、恋い慕う、といったトキメキ感、震える情熱、などの感覚は、この慕情という発音からは一切感じ取ることが出来ない。

ああ何故何故ナゼでしゅかー!。日本人は慕情という言葉に何ら恋愛成就の匂いを感じ取ることが出来ないでいる!。未だに!。じゃ、ブルースに戻す?。

伊勢佐木町ブルース。中の島ブルース。

これだ、これだ、これだあああ!。やはりこれしかない!。歌詞の内容にそぐわない単語であるにも関わらず、依然としてヤッパリこれでなければ辛抱ならない!。

♪ 柳ケ瀬ブルース ♪ (美川憲一)は恨み節の典型、全く持ってブルースである。和製ブルースの決定版である。歌詞の内容も間違いようもなくブルースである。

♪ 昭和ブルース ♪ (天地茂)しかり。しかし、恨み節の方が日本だなと。

柳ケ瀬恨み節。昭和恨み節。

ヒェェェ~ッ!、ダメだぁ~!。これでは全くもってナンセンスである。歌詞の意味合いからすると、ブルースより恨み節の方が日本人特有の感覚を満たしているにもかかわらず、やはりブルースでなければシックリこない。丸ごと納得出来ない。

ブルースという言葉の響きには、何かこう、粋な響きがある。本来の意味合いとは全く関係なく、日本人にはブルースという言葉の響きが粋でイナセに聞こえてしまう。ヤボの逆、今風の匂い、時としてスタイリッシュでさえある。

 

となれば原田真二のポップ調、♪ てぃーんず ぶるーす ♪ 命名もひどく納得出来ちゃうもんだねえ!。

つまりは、結婚の喜びを綴った歌詞のタイトルにブルースという単語を入れたとしても日本人的には在有り、という強引な力技の結論が出来上がってしまいました。

白チャペルのブルース、花嫁に贈る父からのブルース、ウウム、合う。そら恐ろしい程、合う。しっくりくる。とんでもなくバッチリではないか。あまりの収まり様にほぼ意識を失いそうになるほど似合う。

悦びや悲しみ、そういう内容の歌タイトルに、~カンツォーネだとか~オペラ、だとか、~シャンソンと付くものはほとんど無い。

~ロック、~ブギ、~タンゴは多い。

すなわち、日本人はゴロ合わせの曲名、響きのよい曲名を大層好む趣向を持ち合わせているのだという事がつくづく分かってしまった。

~追分、もゴロがいいし、~恋歌、もイイ感じ。

日本語には、つまずきやすい漢字が多い。つまり言いにくい言葉、流れない単語や語句が沢山ある。誘われる、はいいが、誘われる(いざなわれる)だと流れない。引っかかる。

歌は流れるようであって欲しい。そう日本人は無意識に感じている。

加えて日本人は言葉の持つ響きから、本来その言葉の意味と全く違う印象を持ち得ることに何らためらいがない民族ではないだろうか。

アメリカ人の言うブルースと、日本人の言うブルースとは明らかに意味合いが違う。

今やブルースは日本語。不思議な魔法の言葉なのだ。

 

犬は何でも知っている / 犬の演技力考

Title : 全てを知っている何か

 

 

海外秀作映画の中で、時折、愛犬が飼い主に抱かれ、息を引き取る涙ナミダのシーンに遭遇する。

メグ(犬の仮名)は、薄れてゆく意識の中、飼い主を泣き濡れた瞳でチラ見し、弱々しく「クォ~ン」。そして帰らぬ犬となる。

観た人のほとんどは、メグの名演技にひどく感動し、感心する。だが、それ以上の事は何も考えないのが普通である。

私は考え、ガクゼンとした。海外映画やドラマに出演する犬の役者達について、空恐ろしい疑問を感じたのだ。

むろん、ここで言う犬の役者とはCGなど使用していない本物の実写演技をする犬達の事についてである。メグを代表犬として疑問点を幾つか挙げると、

1⃣ メグに、自分は架空の物語に出演した、という認識はあるのか “犬は何でも知っている / 犬の演技力考” の続きを読む

肉食系、草食系 / 第3の系列とは

Title : ジャングルの秘境で見つかった呪い系ひとくち黒チョコ

 

 

「編集長、これ、片手落ちっスね」「どれだ」

「ここんとこ、草食系男子と肉食系男子、徹底比較って…。プランクトン系が抜けてるじゃないっスか。ヨーコさん、超過残業でウッカリしてたんスかネー」

「待て待て待て。プランクトン系?。オレそんなの聞いたことないぞ。何だソレ」

「は?。ほんとっスか。…ええと。肉食系はワイルド系、草食系は大人し系、どっちでもないのがプランクトン系っス」

「プランクトンてとこ、もうチョット詳しく頼む」

「いいっスよー。イワシだとかジンベイザメとか、チッちゃいのもデッかいのも上から下までなんスけど、ヨーするに、回遊系っス。ほら、海って世界中つながってるじゃないっスかー。ツーことはインターネットっスねー。肉も草も食べないで大量の情報を吸収してるんスよー。プランクトンは海の中、チューことはサイトの中っスから外出あんましないっスよー。よく女子が、結婚したいけど出会いがないって嘆いてるじゃないっスかー。プランクトン系は休日、部屋に居る時間が長いっスからー」

「そのプランクトン系って誰が名付けたんだ」「オレっス」

「え?」「だから、オレっス」

「もしかしたら、今思いついたりするか」「モロ今っスねー」

「入社2年のお前が編集長をコケにしようってのか」

「さっきの戦略会議、グローバルな視点で常に新しい何かを、サムスィングニューって、編集長が言ったんスよねー、アレって真に受け系、無しっスか」

「………」

「肉とか野菜よりプランクトンの方が守備範囲広いっスよー。部屋ん中に世界がありますからねー、ネットは。プランクトン男子はグローバル系っショー。彼らと知り合いたい女子はサイトに飛び込まなきゃなんないじゃないっスかー。その特集どうですかって話なんっスよー結局」

「何かお前の意図がオレにもジンジンきてる気がしてきたぞ。チョイ聞くが、お前はプランクトン系なのか」

「マー、そうっスねー。プランクトン系でもジンベー系かなり入ってますかネー」

「ジンベー系ってジンベイザメだな」

「言えてますかネー。イワシは食物連鎖の末端じゃないっスかー。ジンベーはプランクトン系のマックスっショー。底なしに情報貯めこんでハッカーまでいっちゃいそうナー、そんな危うさ感じる今日この頃って感ありっス」

「ハッキングなんかしたら即クビだぞ。当たり前の話だけどな」

「プランクトン系は攻撃性質ないんスよー。常識ってことっスねー」

 

 

 

 

サムライ・ジャパンと免許皆伝

Title : クロネコジャパン

 

 

 

近寄って来るなオーラ、出しまくり。

という言葉をよく聞く。全身から威圧感を発して周囲の人間もしくは特定の誰かを寄せ付けないようにする、という行為。意味。相手がそれを察して近寄ってこなければ満足、安心、目的達成。それが一切通用せず、相手がお構いなしに自分の領域にズカズカ踏み込んでくれば完敗。メンツ丸つぶれ。近寄って来るなオーラ大失敗で腹は立つやらムカつくやら、相手のことを心の中でKYと罵り不快度数は100%。見方を変えると実は負け犬感覚満載?。実は本人が一番よく知っている。ボクも含めて、誰しも1度や2度は味わった経験あるのでは?。

かつての二本差し剣士達にとって、当然のことながら自分の身を守るということは生活の最優先必須事項、故に免許皆伝の取得は当たり前であったろう。

免許皆伝とは武道における各流派のお墨付き免許交付のこと。

敵数人に取り囲まれた1人の武士がとるべき方法は2つ。1つ、猛然と逃げる。2つ、逃げず、刃(やいば)を交えず、相手と収まりがつく頃合いを待つ、或いは援軍が来るまで持ち堪える。この2つしかない。

3つ目も有るには有るが、それは自滅行為に等しい。仮に1人を切り殺したとする。たちまち次は自分の番。現世とバイビー。つまり意味がない。

刀は1人を切った時点でもう使い物にならなくなる。刃こぼれを起こし、切れなくなる。どんな名刀でもせいぜい2人。自分の抜いた刀もそうなら、相手が抜いた刀もそう。それが良い刀であればあるほど持ち主は手放したくない。愛着がある。たとえ無くても刀は高価。よって出来る事なら無用な刃こぼれは避けたい。多少の刃こぼれなら研いでもらって再利用も可能。だが運悪く相手の骨でも切ろうものなら、研いで治せるようなものではない。即廃棄処分。

敵数名が孤立無援の武士1人(仮に、ぼらノ助だとする)を取り囲み、みな一斉に刀を抜いた。

逃げきれないと判断するや、まず、ぼらノ助は何でも良いから背後に障害物を背負って立つ。壁でも良いし樹木でも。自ら袋小路状態作り墓穴を掘ったわけではない。何故そのようなことをするのか、免許皆伝の敵は全員至極納得。自分が同じ立場なら同じことをする…。

ぼらノ助も刀を抜いた。

1人が彼に切りつける体勢をとる。彼はその一太刀を防御し同時に相手を切り捨てる体勢で応じる。互いが免許皆伝した流派の構えで相対したことになる。

一流ならば、チェスでも将棋でも囲碁でも、相手の次の一手がたやすく読める、数手先まで読める。互いに一流の免許皆伝だから、当然相手の次なる動きが読めるのだ。

誰が切りかかろうとしても、その都度ぼらノ助が踏み込ませない体勢で応じるので切り込めない。

2人同時に切りかかってはどうか。つまり切られる者1人、切りかかる者2人。合計3本の刀が空を切る事になる。それは非常に危険な状況だ。一歩間違えると不慮の事故が起きかねない。つまり味方を傷つける可能性を否定出来ない。人達の動きが読みづらくなるのだ。

互いが同等の腕前の場合、刀構えてにらみ合ったまま、完全に事態は硬直化してしまう。ラチが明かないと遂に敵方は判断、刀をサヤに収めて引く。またの機会まで勝負はおあずけ。

よく時代劇で「安心せい、みね打ちじゃ」などとのたまうシーンに度々出くわすが、これは相手の急所を刀の背側で強打し失神させたり、ひるませたりする剣法。確かに相手を殺す気がなかったわけで慈悲とも言えるが、無意味な刃こぼれなど一文の得なし、が実際のところではないだろうか。

免許皆伝同士、無用な刃こぼれを避ける。これこそ大人。大人の対応というものではないか。よほどの一念であればその殺気は刀に乗り移り、もはや刃こぼれもくそもなく必殺。刺し違える覚悟。男子の決意とはそうあるべきものだ。

昨今、サムライジャパンなる言葉がをよく聞く。ならば免許皆伝ジャパンということだ。であるならば、根拠なき “ 近寄るなオーラ ” などではなく、背を向け無防備に相対するのではなく、一心不乱に己が武芸を磨き、修練し、相手をマッコウから見据え、抜くべき時、治める時、全ては己の大義のため、全ては大切な誰かの大義のため、であるべきではあるまいか。

 

第一、サムライジャパンなら許すけど町人ジャパン、農民ジャパンは弱ッちくて許せない、って立派な差別じゃないデスカ。結局のところ。

サムライなんて人口のほんの一握りだったわけだしネ、狭き門ムリムリ入り込んで「オレ、サムライ!選ばれし者!」と叫んだって、しょせん下層階級に食べさせてもらってるだけの人なんですけど。

やっぱり、島国日本は何十年も意識改革遅れてるワ。

 

 

 

 

 

 

 

ロンドンが五輪引継ぎ開催案表明 / 万が一に備える保険の国

Title : 現れたヒーロー

 

 

寿司と言えば日本国。寿司の代表格、江戸前といえば言わずと知れた東京湾寿司ネタ、なんざァあたぼうよゥ。

令和、大腸菌江戸前となった今、30㎝ものコハダ(正式魚名コノシロ)が湾汽水域の運河でポンコラポンコラ釣り上げられても、釣り人空しくリリースあるのみ。

下水道管経費削減策でこの事態、五輪直前の海外側クレームで都はしぶしぶ大腸菌撲滅に重い腰を上げる。小泉環境大臣はコロナウィルス対策会議を地元新年会出席で欠席、なるほど、さすが環境悪化クソくらえニッポン、アッパレだ。

殺人的猛暑のさ中、高校生に全国野球トーナメントを開催させ、感動をありがとう熱湯甲子園!と涙ぐむ国民たちが、手ぐすね引いて世界各国からの一流アスリートをおもてなししようと熱狂する今、眉間にシワを寄せ真っ暗な表情で頬杖つく世界各国のワガママな五輪出場選手らとその関係者。

何とかマラソンランナーの命は会場替えで死守したものの、トライアスロンが心配だ。ただでさえ会場替えで都知事と関係者らには恨み専売買っているのだから。確かに、命の重さを考えて儲けには無頓着なIOCの横やりは人間として如何なものか。

コロナゥィルス蔓延も五輪までには何とかなっているッショ!という前前提でいついかなる時も前を向いて明日を信じていたい国民らはオリンピック観戦チケット争奪戦に一喜一憂真っ最中。美しい姿だ。

空恐ろしい程の的中率を誇る女性占い師が、何か月も前に「今年、東京五輪は開催されない」と言った時、私や友人は、?。当たるかどうかはともかく、今ならナニユエか十分理解出来る。

ロンドンから世界に向けて素晴らしい助け舟が出された。東京五輪が中止になってもロンドンが開催を実現させる用意があると。

故郷の美しい川や湖で栄光を夢見ながら日々研鑽を重ねてきたトライアスロンの選手達は歓喜の声を上げたに違いない。感動のために大腸菌の海でも何でもつかれつかれ!と叫ぶあり得ない国へ行かなくてもいいかもしれないのだ。

数々襲う地震や洪水、津波などの震災。これらは自然災害だが、各地からのボランティア有志が毎回現地で頑張りを見せる。

一方、湾大腸菌汚染は都による人災に等しく、ボランティアの手には負えない問題。

頼みの綱の環境大臣も自身のプライヴェート環境整備にしか関心がなく、彼を芸能人扱いする国民らにも、現状打開のロビイスト活動などする由もない。

ロンドン、感動をありがとう!。

恋と愛の区別が出来ない人へのセミナー / そんなに自分を粗末にして良いものか

Title : 恋でも愛でも化かし合い。独り芝居でムーンな楽ーン

 

 

 

学生時代の友達に久しぶりに会ったら微妙によそよそしかった。アア、もう住む世界が違うんだなとすぐに分かったから適当にお茶を濁して早々に引き上げた。

結局、自分は人に好かれないタイプなんだなと悟った。それならそれで別に構わない。独りのほうが気楽だしワリカンもイチイチ面倒臭い。そこまでして、金使ってまで話したい相手でもない。こういった見解に至り単独行動を選択する若者が近年確実に増えている。

自身の思考能力が低いと知らず、浅い考えで全てをたちどころに結論づけ逃走する。彼ら彼女達にとっての世界は単純明快。気分いいか悪いか。それだけ。実社会から甚だしく遊離し分離し、独り芝居でお気軽に墜ちてゆく。

 

そんなに自分を粗末にしてよいものか。

良い。全く良い。大事にされる感覚を知らない、と真顔で答える若者が続出。大事にされる感覚が解らないということは、誰に対しても相手を大事にすることが出来ない、ということなのか。

イエス。どうやれば大事にしたことになるのか皆目見当がつかない、と真顔で答える若者が続出。

 

友情と恋、その違いは?。この質問に対し、ほとんどの若者が異口同音にこう答えた。恋の場合は相手が異性。同性ではない。友情は異性とか同性の分け隔てはない。他には?。友情は肉体関係がない。恋人とは大抵ある。

恋と愛、その違いは?。結婚する位に好きなら愛、結婚はしたくないけど相手が好きな事に変わりはない、が恋。

なるほど。

 

友情と恋情には責任感が伴わない。よって、人としての義務感や責任感とは何かを知らない子供であっても友情や恋情は頻繁に発生する。

愛だけには必ず責任感が伴う。切っても切り離せない程に両者は表裏一体だ。

 

ボクの意見にざわめきが起こった。

 

では恋愛だとどうなりますか。と質問が投げかけられる。

恋と愛の区別がつかないままに進行する状態を指す。

そのまま行くとどうなるんですか。と更に質問が。

分かった段階で身の振り方が決まる。どちらかが結婚意志の有無を相手に表明した段階で、恋だったのか愛だったのかが双方に認識される。男女共に最後まどちらなのか分からない場合、いずれ関係は終わる。何故なら、愛だったと双方が結論づける場合、それは結婚を指しているわけなのだから。

片方が愛だと主張し、もう片方が恋だったと主張したらどうなるんですか。

恋愛ドラマや映画を観れば一目瞭然。

愛がなくても結婚している人は一杯居ますよね。その場合はどういう事になってるんですか、とご尤もな質問。

その場合は、愛という行為が有している責任感だけを故意に突出させる手法を用いたことになる。純度100%の愛を誰しもが欲しがるわけではないということ。

人にはそれぞれ嗜好というものが在る。この世で最も崇高な行為である “ 愛 ” 、だからといって全く関心のない人だって大勢居る。そんなバカな、とそれを認めない人が結構居るから話がややこしくなってゆくだけのことだ。

 

だとすれば、友情なんて要らない、一人が気楽でいいっていうのもアリってことですよね?。人それぞれ、嗜好の問題ってことですよね?、と質問。

その通り。君達はこういう経験ない?。前に凄く仲が良かった友達に何年かぶりに会ったら、なんだかお互いがよそよそしく感じたってこと。それは普通のことなんだよ。同じ環境で過ごしていたから親友だったんだよ。お互いが全く違う環境に身を置くと価値観が著しく違ってしまうんだ。環境の影響って本人が自覚している以上に凄まじいものなんだよ。本人の考え方を一変させてしまう程の力も持っているしね。

じゃあ、環境が違ってしまっただけで、永遠の友情とか無くなってしまうってことですか。

その通り。でも長いこと友情を保ち続けている人達も大勢居る。この人達の友情は、同じ環境下でのみ通用する価値観でだけ結ばれているものではなくって、何か別のものでシッカリ結ばれているんだよ。何だと思う?。

若者達の全てが沈黙した。

 

愛なんだよ。男同士でも女同士でもね。肉体関係の有無とかで愛や恋を語り終えてしまっちゃいけないんだよ。

愛というのは責任感を伴うもの。慈善活動、ボランティアだけが博愛ってことじゃない。父性愛、母性愛、兄弟愛、どんな関係にも愛って文字を付け足してるけど、本来はいちいち付け足すようなものじゃないんだ、愛というものは。

特別な仕切りの中に居るわけじゃないんだよ、愛は。

愛に付随している責任感って具体的にはどういうことを指しているんだと思う?。

 

結婚とか、そういう義務感を伴うものですか。

 

結婚の場合は法的対象になるからそうとも言えるけど、だからといって法律が当事者間の愛の純度を保証したわけじゃないからね。愛とは誇りを持った人間である、ということの証明なんだよ。

恋も友情も責任感が伴わなくていいんだったら、恋してる時は人間じゃないってことですか。

人間だよ。恋や友情に責任感が伴わないからと言って、好きなだけ相手を傷つけても構わない、裏切ろうが卑劣な行為をしようが許されるって訳じゃないよね。

ということは結局、恋にも友情にも責任感が伴うってことじゃないですか。

そういうこと。だから恋だとか友情なんて言葉は便宜上の振り分けなんだ。本当は愛という一文字だけで済んでしまう話なんだよ。

どうして振り分けなくちゃいけないんですか。

混乱を避けるためかな。友達を通してまず愛を学び、異性を通して愛を学ぶ。愛を知り理解してゆく段階の便宜上だよ。ひとくちに学生って言っても小中高大って段階を踏むよね。そういうこと。

小学校で習う算数と大学で学ぶ専門的な数学を比べても、結局同じものだよね。

ただレベルが違うだけ。

 

愛ってどうやって学ぶんですか。

学ぶ、というより簡単に言えば、いかに相手を思いやれるか、それだけだよ。

 

思いやるって具体的に言うと、どういうことですか。

自分も相手も幸せになるために生まれてきたんだって、常に忘れないで係るってことだよ。

じゃあ二人か三人が銀行強盗やって、お金持ちになれれば幸せだから一緒に強盗しよう、っていうのも相手を思いやってるってことになるんですか。

銀行がお金を盗まれたら困る立場になる人が一杯出るよね。つまり、銀行強盗やる仲間同士で思いやっても他の人への思いやりは全否定してるよね。誰かを思いやらずに貶めて(おとしめて)自分だけ幸せになれた人って聞いたことないよ。

戦時中に闇で儲けて戦後一代で財を成した人とか大勢居るじゃないですか。そういう人で心から自分は幸せだって思ってる人だって沢山居ると思いますけど。

それは、幸せ、じゃなくって、満足、ってだけ。

幸せでも満足でも本人にはどっちでも同じだと思いますけど。

同じだろうね。でも親族や関係各位にとっては違う。そんな人が親族と接するんだよ。満足、という価値観で全てを推し量るんだよね。全てが自分の言う通りになれば満足。

つまり、オモイヤルとは真逆の接し方をする価値観だよね。それで関係各位に問題が何一つ生じないなんてこと、有るかな。敵を着実に増やしてゆく人の幸せ感、誰か分かる?。

 

質問は途切れた。

 

 

 

湾岸公園のカエル / 手に入らなかった者達の風景

Title : 蛇口台をくゎえるカゥエル

 

 

東京五輪市民マラソン参加料は返還されない。ケネディの言い方を真似れば、

「国が参加料をぼったくるかではなく国民に何が出来るかを考えるべきだ」

となるだろう。当然、このさびれた湾岸沿いの公園片隅で蛇口台くゎえているクヮエルのように、ただただ指をくわえてボーゼンと立ち尽くすより他はないだろう。

 

Title : 蛇口台くゎえるカゥエル裏面

 

この公園の遊具達は子供の姿や歓声を知らない。知らぬままもう何年も時が流れて行った。私はさまざまな時間帯、ここに立ち寄るが、いまだ一度も幼児たちの姿を見たことはない。

 

 

背後で「ウチの子に限って、と言いたいわよォ~!」と横切るママチャリのケータイ話し声。

ウチの子に限って、の意味は、ウチの子だけ限定して言えるが、ウチの子だけは、という意味だが、

「他の友だちはみんな持ってるんだからボクだけ持ってないと恥ずかしいよ」

と言われ、それはそうだと購入させる親が他者と我が子の線引きなどつけられるというのは甚だ矛盾がある。

などとボンヤリ思いつつ、ふとクヮエルの頭を撫でてみる。

 

非常に冷たい。2月暖冬の今日も湾岸の風は冷たい。

 

欲しいものが手に入らず、ただ指をくわえて見ていただけの頃、今振り返れば、それは可哀想な事だった、とは全く思えない。万引きしてまで自分を可哀想な状況にはしないという子供達は、何故かこの公園の漠たるたたずまいに似ている。