元旦は縁起担ぎの嵐!/ 多幸日の出

Title : 富士よりタコ

 

 

とかく縁起かつぎが乱れ舞う元旦。ところで元旦という字のていう字だけど、これ何だっけ?。よくよく見ると1日をひっくり返しただけジャンねー。

ひっくり返ってるッてことは、1日にしてならず、とか?。

マ、

それはともかく大晦日から元旦は日本全国縁起担ぎの嵐!。

元旦は救急車で病院にかつぎ込まれる縁起の数が通常の200倍近くになるそうだ。

マ、

大晦日っていう字、毎日を逆にしただけジャンねー。アレ、毎日が大晦日じゃないでしょって意味?。

モ、

細く長く生きようヨの年越しソバ、粘り強く暮らそうヨーのオモチ。魚を練るように生きようヨーのカマボコ、タンコブ出来たらケジメをつけようネーの昆布締め、鼻を長く伸ばしてみたい願望の象似、など数え上げればきりがない。

初日の出、ご来光。昔は太陽ではなく全長数100mもある茹でダコが富士山に登山し頂上に昇りついた時、人々は見え隠れするタコの頭をご来光として拝んでいたという話を聞いたことがあるだろうか。

馬鹿げていると一笑する人もいるだろうが、あながち真実とは言い切れないようだ。それが証拠に我が国の政府は捕鯨に固執している。

御存じの様にクジラをエサとしているのは大王タコ。察しのいい人ならこの段階で分かったはず。そう、政府は初日の出、すなわちタコ登山の伝統を途絶えさせないために捕鯨に執着しているのだ。無事に登頂果たしたタコへのお年玉として古来よりクジラ約20尾が手渡されていたと聞いている。誰に?……。

マ、

別に知識をひけらかすつもりなどないが、覚えておいて損のある豆知識といえるだろう。

 

ともかく、2019年、万人の多幸を祈らずにはおれない。出来る限り多くの幸に吸引してもらいたい。支払い済み(墨)を吐きまくりたい。

嗚呼、多幸日の出!

 

 

中心グラ / 安打打ちの決定版

Title : 内なる般若に中トロ

 

 

 

今年の大みそか、時代劇『中心グラ』が永き沈黙を破り遂に放映が決定。

藩主である浅野宅未納紙が江戸城にて人情に及んだことを発端に藩の中心がグラつき、屋台骨を支えるべく大番頭の多いしグラノーダの助が密かに夜泣きソバの屋台からラーメンだしスープの鳥ガラ骨を拝借しようと画策する大河ロマン。

 

● 見どころ / グラノーダが内なる復讐の炎であるところの般若に中トロを振舞い怒りを鎮めてもらおうと試みるが断られてしまうシーン。泣ける。

 

 

 

2テレ午後11時5分~翌朝9時.主演:パラダイス・アレイソン他

芸能週刊誌の思惑に振り回されるのは誰だ / 野次馬かイヤシか

Title : ウッヒャッヒャッヒャッヒャッ

 

 

“ 癒し ” や “ 萌え”、“ ユルユル ” を求めてやまない若者達が巷にあふれている。それはそれで別に構わないのだが、

OS時代のあおりを食らって売れなくなった芸能週刊誌は、生き残りを賭けて死に物狂いの捨て身記事を書き殴るに至る。

火のない所に煙を通り越し架空大火災ぶちあげる週刊誌旋風に踊らされる人々には本当に同情する。

事実無根のスーパー・タブロイド記事攻撃に怒り爆発の標的者は、週刊誌の思惑通りSNSやブログで猛反撃を展開する。

受けて立つ側も、真剣な名誉棄損だ反論、話題沸騰売名行為人気回復発火点のポーズ反論、共に入り乱れての暴れ太鼓。

心情察すれば無理もないが、これって週刊誌側にとっては無料インタビューも同じ。アポなし、インタビューのギャラ無料、インタビュー場所に行く経費もゼロ。しかもありもしない話で購読者購読料が転がり込んでくるのだから、こんなにおいしい話はない。

過酷な生き残りバトルが大展開中の世間、イヤシ、モエ~、ユルユル~は食物連鎖の最下層への片道切符。

猪突猛進の亥年、そろそろ卒業すべき趣向かもしれない。

2018年最優秀商品発売!/ 嗚咽代行ロボット・アイヤイヤイ

Title : 泣く寸前のアイヤイヤイ

 

 

まだ年明け早々だというのに、既にこの段階で2018年最優秀プレミアム商品大賞(笑止千万庁主催) ほぼ確なロボットアイテムがコーヒーショップのステイバックから発売、お披露目品評会場となった品川プリンホテル9221階鳳凰の間は詰め替えたスペア報道陣20~30人で満杯となった。

この身長184センチのAIボット『アイヤイヤイ』は嘆きのチタンと噂されるだけあって、いわゆる泣きロボット。悲しい、悔しい、腹立たしいなど、苦しい胸の内を伝えられない者達になり代わり相手の前でサメザメと泣いてくれるという素晴らしいアイテムだ。

鳴き声は、最小レベルのメソメソから、中音量オイオイ、中強アイヤイヤイ、最強のアーイヤイヤイまで微調整を含めると23段階の音量切り替えが可能。泣き声ばかりか、加えて派手なアクションで悲しみ苦しみを相手に訴えかけるので効果は絶大だと大評判だ。

「最強嗚咽モードでは相手の前で突然泣き崩れますから、相当なインパクトがあります。初回販売は4000台でしたが昨日までの予約件数が82万件を突破致しました。生産が追いつかないこともあり、現在当社も混乱していますが、最終的には生産ライン現場でアイヤイヤイを24時間泣かせ続けることによって現場の方々にプレッシャーをかけようかなと」ステイバック東京天王洲支店企画部補佐山崎氏談。

バッテリーは太陽光ではなく月光から取り込むソーラーパネル式とゲンジボタル8000万匹から取り込む甘水パネルの2種。気になる価格だが、初回は1台72万円。今後コストダウンを考えているそうで、最終的には来年から2万円を目標に掲げているという。

良薬は口に甘し / 風邪の特効薬! / アルゼンチン産ハチミツ

Title : オレ…蜂じゃないんだけど…ここに出てきていいのか。

 

 

風邪をひくと、毎度激しい咳に襲われるボク。来年は亥年なので口から亥などとはイイッちゃあイイのだけど、とりあえず苦しい。例年、それが1週間くらい続くのネ。体温は大抵38度くらいになるのです毎度毎度。

「蜂蜜だ蜂蜜。気管支の弱い奴、風邪でノドにくるオマヘは蜂蜜だ。ただし純正ハチミツでないと効果はないぞ」

と滅多に会わない友人に言われたので、滅多に買ったことのない純正ハチミツを購入することにしたわけなのホ~。ホットケーキはメイプルシロップしかかけたことないしねェ…。

 

スーパーの売り場で大瓶のアルゼンチン産純正蜂蜜を買い求め、帰宅後、さっそく大サジ1杯に並々と蜂蜜乗せパックンチョ。

う、旨い…。旨すぎるでないの…。くせのない、あまりに濃厚な蜂蜜…。あまりの衝撃に再びもう一杯…。

 

◆ 喉咳治療 結果報告

 

翌日より例年通りに深く突き刺さるような激しい咳こみが始まる。絶対に病院には行かない私。待合室でインフルエンザうつされた経験あるので…。

こんな咳が始まると体温は一気に過熱するのがツネ。大抵38~39度になるのネ。

毎日朝昼晩、夜中、大サジ1杯の蜂蜜を購入日から開始。日に5杯くらい飲んでました。

風邪はほぼ1週間で完治。その間、ずっと体温は平熱のまま、咳はハチミツ購入2日目夜から軽い咳に変化。軽い咳とは、気管支入口で咳き込む様な可愛らしい問題のないもの。

風邪発症後、通常は必ず寒気や関節の痛みが出るはずなのに、まるで経験せず。

明らかに、疑う余地なくハチミツ特効薬!。

改めて昆虫パワーに脱帽ネ。地球上であらゆる生物が死滅する事態、最後まで生き残っているのが昆虫だって聞いたことあるけど、全力投球でナットク。

クマのプーさんて、体が黄色いのは、もしかしてハチミツ色ってこと?。とにかく今後はアルゼンチン産のハチミツ常備!とスーパーに走ったらマサカの売り切れ!。一番人気なんだってアルゼンチン。

他で産出されたハチミツも効果あるんだろうけど、これで効いたのでアルゼンチン指定決定なボク。

 

今年得た教訓。良薬は口に甘すぎ。

 

 

ラッパッパ~、ルンパッパ~ / 時代はムード音楽からリズム音楽へ

Title : 躍り出た切り札

 

 

嘘発見機が発明され世界中が周知するに至ると人々は驚嘆の声を上げた。そんなものが機械で分かるのか、と。時はアナログ世界だった。

今はデジタル化社会なので、何が出ようと何が来ようと誰も一向に驚かなくなった。大半の人々はデジタル進化を歓迎する。不思議で不可解、便利で面白さ満載な世界だからだ。

アナログ時代、世界中で歌われる歌の歌詞は喜怒哀楽を表現したものがほとんどだった。特にやさしさ、おもいやり、いつくしみ、に代表される愛がテーマだった。それらの歌詞を出来る限り全開表現するためのメロディラインが有り、更にそれに魅力的なエッセンスを加える歌い手の存在があった。歌手はアレンジを聴きながら一歩一歩階段を上ってゆく。階段は名うてのミュージシャン達一人一人が次々と数秒刻みで作り上げてゆき、歌い手の脚を一瞬たりとも止めさせることがない。

時代は変わった。価値観自体も大きく変貌を遂げた。

アメリカのラップは前述の歌の概念を根底からくつがえした。精神世界を表現せず、今、目の前を通り過ぎる事柄を一瞬にして取り込み自分の中でソシャクして次々に外界へとオッポリ投げる。

観客は花嫁が投げたブーケを手にしようとする独身女性さながらソシャクのカミクズに両手を差し出し投げキッスする。

ラップはマイノリティーが生み出した最強の武器といっていい。

生まれながらの天分、すばらしい歌唱力。ラップ・ミュージックはそれを必要としない。オクターブがどうのだとか、ここで一気に転調して、だとかの音楽的お約束ゴトに一切縛られない。

ラッパーに求められるものは “ 今 ” 。昨日歌われた歌詞は今日もう古い。今日再び歌われるなら歌詞は自由自在に即興変化する。

ジャズの楽器によるフリー・セッションを自身のソウルで、心拍で、性感帯の血流アップダウンでつまびいているのだ。

SEXに関する歌詞が多く、ラップには回りくどさが許されない。ストレートで大都会ジャングル。ゴールドの装飾品ジャラつかせサバンナのド真ん中で吠えている。

銃やヤクの力でストリートを牛耳り生き残れても、追手をかわし切れず自由を失う。再び自由を手に出来るのは死ぬ時。

ラップはナイフやドラッグを必要としない。そんなものを手に入れる金が、元手がなくても自分が歌いさえすればいいのだ。自分のハートがスピリッツがソウルが、ただ在ればいいのだ。

自分そのものが、手ぶらの無一文の無学な者が、前科者の有色人種の小僧が世界を席巻出来るのだ。

ラップが人を引き寄せ、共感を生み歌うソイツを見上げて希望を見出す。下品と呼ばれ永遠に完成しない不良品とラップをののしる者達の声はいつしかかき消されてしまった。

ボクはラップ・ミュージックに関心も興味もない。自分の住む世界に全くリンクせず、ムーディーな心地よさが皆無だからだ。

だがしかし、声を大にして言いたい。

ラップ・ミュージックは音楽だ。刻一刻と変わり続けるネット世界を一人の人間がプロデュースしているようなものだ。

ラップを完成させた人々にスタンディング・オベーションし、グラミーの最終報告を待つ。

クリスマス用の七面鳥 / 一夜の食材か一生の友か / 家族に問う鉄の鳥

Title : 七面鳥スティール

 

 

今年も年の瀬押しせまったこのタイミングで、毎度お騒がせな重大発表で有名な焼き鳥チェーン店ヤキトラが恒例のお歳暮商戦の決定版『七面鳥スティール』を発売し、facemokku(フェイスモック / 樫の木モックになりすまし互いに意見交換を行うソーシャルリンクのひとつ)で話題騒然となっている。

「七面鳥スティールはお歳暮用の冷凍食材ですけど、これが送られてきたらクリスマスまで家のどっかに隠しといて、イブ当日に食卓に出せばお子さん達大喜びだとは思いますよー。開封しなかった場合は正月のお雑煮なんかに入れたりね」

とはヤキトラ本店広報次長の鳥居さん。鉄にメッキをほどこした七面鳥ロボットをどうやって食べるのか伺ってみた。

「どうやってって…。生きてる七面鳥が鉄メッキのハリボテ着こんでるだけですから。イブ数日前に宅配されてきたら少し時間がありますよね、クリスマスまで。それまで子供の遊び相手にもなれるだろうし、奥さんへのゴマすりで買い物に同行させて大荷物持たせたりするといいんじゃないですか。仲良くなれますよ」

親愛の情が湧いてしまったら、心情的には、もう食べられないのではないか。その点を伺ってみた。

「家族にヨリケリでしょう。食べるウチはそれでも気兼ねなく食べるって聞いてますよ。美味しかったとかお礼のハガキも沢山本社に来てますし」

 

 

こんなんでいいんだろうか…。

ショパン賛成 / フッジコちゃァ~ん!

Title : 運命 (さだめ) なのさ、ショパン賛成…

 

 

♪ 煮豆は全て 腹に消えゆく

運命 (さだめ) なのさ ショパン賛成

ショパン賛成 ウァァァァ~ッ

 

などとオタワムレになっている場合ではなく、世の中の激変に目をばこらさなければならない。

今や “ 〇〇の花道 ”という呼び名は消え果てた。依然として道はあるものの花道と呼べるようなものが見当たらない。はて。世の中全くせちがらいからか。せっかちで辛いのは頷けるところだが…。

魚釣りも厳寒期は特に釣れない素振りの釣り師多数だが、今の世の中は若い男女双方共につれない素振り。互いに黙殺が日常風景。

かつて中森明菜の ♪ タトゥーという楽曲の歌詞中、

 

街にはびこる 哀れなアンドロイド

口説き上手な チィープなレプリカント

ハートの萎えた 男はいらない

 

というものがあったが、本当にアンドロイド系に支配されてしまった。ハートの萎えた男はいわゆる草食系とやらに特化したわけで、なるほど、いらないというわけだ。この時代はナンパ師だの黒服だのが幅を利かせていたわけだが、こういった時代の仇花を歌詞に取り込むと発表年代が明確となり古い歌だと言われかねない。その点、ライバルだった松田聖子の歌詞は流行りを楽曲に取り込まなかったので今なお新しい息吹をリスナーに与えることが出来る。

時代といえば、流行りといえば、今のソイツはズバリ言うなら

 

『モノクローム』

 

性欲にまつわる言葉って変だよね。絶対 ” 色 ” って字をあてるでしょ。色男、色情、色気、色艶、好色家、英雄色を好む…。何となくそうなんだと思っていたが、よくよく考えると意味不明。

顔が赤らむ、という意味ならスポーツ観戦、競技でだって紅潮するでしょうが。それに赤らんだからといって何も “ 色 ” などと言うこたァないんじゃないのかな。んん?。

世間からナンパ行為が消え、人々は目立つ色彩の服を着なくなり、クリスマスでもクリスマソングは以前の調子ではほとんど流れない。

確かに色気なし。若い歌手の歌詞にもキスという言葉さえ少数派。別に構わないけど、気になるような気にならないような…。

太田裕美の ♪ 木綿のハンカチーフの歌詞の中で、

都会の絵の具に 染まらないで帰って

というのがあったが、大丈夫だ。もう絵具など存在しない。美術業界も斜陽。故に街中から画材店が姿を消した。絵画教室もない。ま、そもそもカルチャー教室なんて死語なんだから。

色彩のオモチャ箱、というのがある。多彩な色に日常囲まれている画家は老化が遅いと言う話。だとすれば、今後フケてる人が増加の一途をたどるかもね。年齢に関係なくサ。

東京オリンピックのロゴ、公募で決まったけど案の定、…。

サムライ・カラーは好きじゃないな。暗いもん。ボクだけの話。

ワールドカップ、各国のユニフォーム、華麗だなァ~。華やかだなァ~。美しいなァ~。まさに胸躍る、選手のきらめき。映えるなァ~。ア、これ、あくまで色の話ね。もちろん日本を応援しますけど。

色といえば十人十色、って言うじゃあーりませんか。でも今は…。

若者は多彩な色をまとい、年長者は地味、シブイ色に、も過去形。松田聖子が歌った、

 

自由な線、自由な色 描いてゆく二人で

 

が無くなりつつあるナー。もしくは有るのだが完全に水面下に身を隠したか…。そうかもね。ツンデレとか言うし。

人生色々。いろいろ。だけど色彩と分断された世の中、いろいろあるけど、色のない色々だったりして…。

新年号 / 平成から愛定へ / IT時代を見据えた年号名を希望します

Title : 年号予想愛犬友の会会長

 

 

遊興費も乏しいボク的には、クリスマス資金、お正月資金キープのために、この3連休はなるべくお誘いコール避けて居留守使ってんのネ。哀れェェ~。なわけで悪天候全面的に賛成ッ。

それにしても何ていう年号になるんでしょうね~。楽しみではあります。