自主性 / 他人頼み / 無責任

Title : 放任、放連想(ホウレンソウ)なのかァーッ!!、緑黄色は大事だもんなァーッ!!、オレの鼻の下の餅も絵に描いたものだしなァーッ!!

 

 

日本のBS国営放送政治番組中、日本人インタビュアーがフランスの首相に、

「日本の若者は将来、親以上に豊か(経済的に)なれないと予想して悩んでいます。何かアドバイスをお願いします」

全部、人頼み?。人任せ?。フランスの首相が日本人の若者の現状況をどれほど理解出来ているのだろうネ。首相は仕方なく、フランスの若者に対して云えるアドバイスを答えるしかないのにネ。

日米安全保障、アンフェアだとトランプ大統領。おっと、それを持ち出されたら、経済的に日本に不利な政策を打ち出すトランプ大統領にこれまでサンザ毒づいてきた経済評論家達のアンフェア無自覚が白日の下にさらされてしまうじゃないの。

太平洋戦争終結後、日本はアメリカのエロア資金、ガリオア資金で復興出来たんだけど、そんな昔の話、最新情報しか関心ない日本人が感謝してるわけないじゃないの。感謝以前に、そんなの誰も知らない。

無責任さを責め立てる日本人て、何なの?。

タイムマシン / やり直すために戻るのだ / 後悔の果て

Title : タイムマシン

 

 

男は初老になっていた。彼女のことが忘れられずタイムマシンを完成させる。

ふたりが最高に幸せで、将来を約束し合っていた頃に戻ろうとしていた。

自身が美しき過去に戻れば、自身もその時のまま。つまり数年後にふたりの愛は破局する。

リフレインしたいのではない。やり直すために戻るのだ。だから過去に戻った自身は今現在、後悔の念に囚われている自身の心でなければならない。

肉体は当時のまま、若く。

 

男は震える手で30㎝ほどのフクロウ型タイムマシンを手に取った。フクロウは彼女が一番好きな動物だった。

過去の西暦と日付を入力し時間逆考スイッチを入れる。 “タイムマシン / やり直すために戻るのだ / 後悔の果て” の続きを読む

居場所がない / 避難所確保 / イカの産卵

Title : イカ坊

 

 

日本人ほどイカ(料理)好きな国民はないそうだ。

その割に、私達はイカのことを良く知らない。

イカは繊細なハートを持つ生き物だそうで、捕食動物に追い掛け回され過ぎて疲弊(ひへい)したイカの群れが大挙浜辺に押し寄せ、

呼吸困難で全滅することがあるという集団自殺行為はあまり知られていない。イカ達はノイローゼ状態で明らかに自殺したのだ。

仕事好き、かどうかは別として、日本人は仕事人間が多いと言われる。

家庭に居場所が無い、の裏返しで職場に長居する、といった傾向が強いせいかもしれないが、その避難所も奪われるコンニチこの頃。

残業ダメ、早く帰りたまえ。

あるいは、

在宅勤務、決断してくれた?。

追い詰められる。行き場を失う。

 

イカがサッパリ捕獲出来なくなってしまい頭を抱える港の漁師さん達に救世主が現れた、という話を聞いたことがある。

彼のイカ呼び戻し作業は、あまりに簡単なものだった。 “居場所がない / 避難所確保 / イカの産卵” の続きを読む

ボタンの掛け違い / ジッパーの噛み合わせ / 運命の人

Title : 時代が速すぎるから馬のヒズメつけちゃった犬は嫌いですか

 

 

ボタンの掛け違いから 狂った人間関係

などと云われることが多々ある。よくよく考えてみると、それならまだいい。かけ直せるからだ。しかも大して修復に時間はかからないし、苦笑いしながらやり直す心のゆとりさえ、有る。

ところが、

ジッパーの噛み合わせが 途中で引っかかってしまい 狂った人間関係

という方は恐ろしい。シャレでは済まない。時間をかけても修復出来ないことが多いし、ジッパー付け替えという最悪のシナリオも。

 

魔が差して 大変なことをしてしまった

などと後悔を口にする人も多い。 “ボタンの掛け違い / ジッパーの噛み合わせ / 運命の人” の続きを読む

たった1匹 / たった1人 / 皆より1人

Title : 自分自身をへこませ・セキュリティー。HECOMしてますか。

 

 

毎年、湿度蓄積の梅雨を経て、むせ返る真夏に突入。その結果、自室で就寝中に毎年必ずダニに噛まれる人がいる。

布団干しはダニ撲滅に何ら効果はない。部屋を密閉しバルサンを炊く。煙モウモウ、焚いている部屋の隣に居れば目をやられ痛みは半日以上も続くから外出を余儀なくされる。

バルサン効果で後日ダニ被害なし。ガッツポーズするが数日後には再び噛まれる。ゆえに、バルサンは数回にわたり間を開けて炊かなければならない羽目となる。

原因は単純明快。煙に触れない何処かに潜んでいるダニは生き延びるから。 “たった1匹 / たった1人 / 皆より1人” の続きを読む

梅雨時の暑中お見舞い / 髪型イノチ / 安全神話

Title : 振り向かないで、カブトガニ・ヘアの似合うヒト

 

 

色とりどりのカラースタイリング・ヘア、美容師さん腕競い合いのヘアスタイル・バリエーションも今は昔。

髪型にお金をかけず、女子の髪型イノチは朝シャンに名残りを残すのみ。お金かけたヘアの年中維持は天然記念物カブトガニ。

お金をかけるべきは他の物、他の事、追い打ちかけて街で絶対目立ちたくない心理が膨満感。

早い話が不景気。マスコミがどう煽(あお)ろうとも。

だけど、世界中の海底地震プレートの約三分の一が日本列島の下にあるっていうのに、相変わらずマルッと強い円。世界の人々ありがとう。

崩れゆく日本の安全神話、亜熱帯化する梅雨期より愛をこめて、

6月下旬に暑中お見舞い申し上げます。

 

愛してる / 亡くなる / 使用頻度

Title : 四六時中エアバッグを身に付けている男

 

 

亡くなりました。

こんな言葉が、おびただしい回数、使用される場所は、病院だろう。

 

殺しました。殺されました。

この絶望的な言葉が、毎回繰り返される場所は、警察だろう。

 

戦時下、戦う国と国の間で、

「愛している」と「亡くなりました」、双方どちらの数が上回るのだろう。

「愛している」という言葉を「さようなら」の代わりに使う悲しみを

何故、私達は忘れるのか。

 

現在の日本において、

「イケてる、可愛い」と「ウザい、死ね」は、どちらの使用頻度が勝るのか。

 

同じ言葉が頻繁に使用される場所。言葉でその場所の特徴が分かる。

浮島釣り園 2019年 / 釣り / 汚染釣り座

Title : かろうじて2尾

 

 

先の記事で、川崎殿町浮島釣り園はコマセ汚染のない最後の聖域、と書いた手前、気になって昨日2019年6月14日、釣行。

結論は、最悪のコマセ汚染釣り座に変容してしまっていた、と報告せざるを得ず。

釣り座に設置された高さ約80センチのゴミ箱は全て満杯。ほとんどが残ったコマセ廃棄。よって悪臭が漂っていた。数年前まで、これらのゴミ箱は満杯状態になることは稀、GWなどに数個のゴミバコが満杯になるかならないか程度、コマセ廃棄はほとんどなく悪臭も無し、だったが。 “浮島釣り園 2019年 / 釣り / 汚染釣り座” の続きを読む

劣化するコトワザ / 古きを捨て新しきを使う

Title : お皿の真ん中で愛をうたう⇒皿に乗せたピザを食べ終えると歌いたい気分になる、という意のコトワザ

 

 

「最近、日本人はあまりコトワザを使わなくなりましたね。皆さんは何故だと思いますか?」と小学校教諭の干柿。「花見君。なぜ?」

「時代遅れだからです。今の時代にマッチしないのが多いからです」

「ほお?。例に出して言ってみて下さい。皆に分かるように」

「ええッとお。………。例えば、“ 果報は寝て待て ” 。待てる余裕がないとは言わないけど、待ってるよかググるかして自力で何とかする方が手っ取り早いです。号外より早く情報取ってたって、こないだジーチャン言ってました。“  急がば回れ ” も同じ様なもんです。回ってたら列の一番最後になってると思います。皆、情報ゲットがメチャクチャに早いと思います。」

「なるほど。大変良い意見でした。他のヒトはどう思いますか?。宵待(よいまち)さん。何か思いつきましたか?」

「はい。思いつきました。…、“ 千里の道も一歩から ” は分かるけどインターネットがあるので、いきなり1000歩到達があると思います。千里の道を逆戻り、ならかろうじてOKとは思います。“ 石の上にも3年 ” は意味不明です。同じ石に3年も乗ってたら浦島太郎になってしまいます。ワタシなんか1週間くらいで他の良さそうな石に飛び移ると思います」

「ううむむ…。宵待さんみたいに、すぐ他の石に飛び移るというヒトは居ますか?。同じだと思うヒト、手を上げてみて下さい」

25人、1人を除き生徒全員が挙手。 “劣化するコトワザ / 古きを捨て新しきを使う” の続きを読む

伊調馨の昴 / いちょうかおりのすばる / 国民栄誉賞とは何か

Title : 頼れる姉御

 

 

昴。すばる。凛 (りん) とした冬の夜空にひときわ輝きを放つ星。

幾つもの星が集まり、それを私達はひとつの星と見なす。

絆の星と言える。

 

中島みゆきは自作の楽曲 ♪ 地上の星 の中でこう書き記した。

 

風の中の昴 砂の中の銀河

みんなどこへ行った 見守られることもなく

 

 

私達はオリンピックのリングを降りた後、伊調馨選手の姿を幾度も見失った。

 

彼女の内なる闘い。

それがこれほどまでに壮絶だったとは。

 

大和撫子。私達は初めてこの言葉の本当の意味を知った。

 

本当に戦争反対論者であったとしても、殺戮戦争ゲームに興じる者が戦争反対と叫んでも、説得力がないよ、という言葉が返って来るのと同じように、

私は考えてしまう。

国民栄誉賞とは何かを。国民が信任するしないは関係のない賞なのか。ただその時だけの一過性の物に過ぎないのか。

伊調馨も、吉田沙保里もきっと考えているはずだ。

都合のいい賞なら、気分で手渡す物なら、勝ち負けメンツだけの御褒美なら、

 

いらないと。