警告 / 起動 / 誘導

Title : ファイナル・カウントダウン

 

 

アナタ方は言った

人類にとって最も大切な事は今この時であって、決して未来なんかではない、と

そして今尚、そう言い続けている

私達はこう切り返した

地球にとって最も大切な有害種は人間なのであって、決して地球自然環境を守る事なんかではない、と

 

ケイコク

PC ニ カイトウ フノウ  ナ ケンサク ニュウリョク ヲ

オコナッテ イマス

サギョウ ヲ チュウシ シテ

クダ サイ

キバク スイッチ ニ ユウドウ シヨウト シテ イマス

 

 

そう、国が私に何をしてくれるか、ではなく

私が国に何もしないで居続けることが重要なのだ

 

アナタは、民族の名にかけてこれを行う、と言う

私には、民族という人間と、民族ではない人間が、あちこちで何故、住み分けを行っているのか分からない

 

アナタは個人の夢よりも大義の為に命をささげたいと言う

私はこの子の傍にアナタがいつもいて欲しいだけなのに

 

ケイコク

PC ノ キャパシティ ヲ コエル ケンサク ヲ ウチコンデ  イマス

キケン

キケン

PC ノ キバク ソウチ ニ ユウドウ ヲ ココロミテ イマス

 

放射能を浴びた紙幣でも放射能を除去する機械を買えるのだから、と

アナタ方は正当性を主張し私達も一理あると賛同してしまった

 

子供達の未来は、親である私達の未来ではないのだから、子供達の未来は私達が決めても問題ないと、アナタ方は表明した

私は、過去の子供達が今の私達、すなわち親であることを否定したくはなかったのに

 

チキュウPC ノ キバク ソウチ ガ キドウ シマ シタ

タダチニ ホカノ ワクセイ ヘ エスケイプ スル カ

サイゴ ノ ヒカリ ヲ

オタノシミ クダ サイ

 

10

5……

行列のできる講演会(2) / 本音と建て前 / 自己主張とは

Title : 「ややこしい話だとワタクシは脳内爆発があるとです」

 

 

 

定年を目前に控えた亜万田健人(あまんだけんと)部長の講演は凄まじくも迫真の演説だった。あれは講演などと呼べる代物ではない。明らかに演説だった、と若干24歳の城次来仁(じょうじくるに)は、後年不幸な婚約破棄で幕引きとなった礼杏菜(れいあんな)との当時の交換日記に記している。以下は城次が隠密(おんみつ)録音した会場演説ハイライトシーンの一部。

「私は私のことを “ 自分 ” と呼びます。皆さんもそうでしょう。でも本当は “ 自 ” と呼ぶだけで良いのです。それなのに “ 自 ” を

“ 自分 ” と呼ぶのは、私を第三者に分け与える時なのです。人に自分を “ 分 ” ける時なのです。

礼儀をもって分け与え、受け取っていただくのです。

学校で、職場で、社会で、世間で、私を不特定多数の人々に受け取っていただくのです。

受け取っていただき、どうでしょうか?、と尋ねることなのです。

色々なご意見を頂くことになるでしょう。そうやって年をとっていくのです。結婚相手だけではないのです、分かつ(わかつ)のは。

私は私のことを “ 自己 ” とも呼びます。

この時の私は “ 自分 ” という立場にありません。

公私で言えば “ 自分 ” でいる時が “ 公 ” 、“ 自己 ” でいる時 “ 私 ” 。

周囲の人々に私を分け与えなくて良い時の私、それが自己なのです。

断固として守り抜きたい私の生き方、私自身そのものだと言い切れるポリシー。それは立場を超えたところにある絶対不可欠なものなのです。

命に代えても守らなければならない時すらあるかもしれません。そんな時、人は自分ではなく自己になるのです。

ですから、私にとって自己中心、すなわち “ 自己チュー ” という言葉は存在しません。それを言うなら自分中心、“ 自分チュー ” です。

自分中心があり得ない、許されないのは先に述べた通りです。

自己防衛は “ 自己 ” に許され、社会も言い分に耳を傾けてくれます。自分保身の “ 自分 ” は組織が、社会が許さない。

“ 自己責任 ” は “ 自己 ” を主張する時に伴い、“ 自分主張 ” をする時、人は私を無責任な者と呼ぶでしょう。その証拠に “ 自分責任 ” という言葉は有りません。社会が認めていない行為だからです。

“ 自分自身 ” という言葉は、物体としての私を指してはいません。私の体を指しているのなら “ 自分自体 ” と呼ばねばなりません。

自分全身。自分全体。私が “ 身 ” である時、それは私が “ 自己 ” である時。私が “ 体 ” である時、それは私が “ 自分 ” である時、なのです。

“ 全身 ” は皆の中で孤高の私。“ 全体 ” は皆の中で協調する私。

孤高でも、ひとりぽっちでも “ 自己 ” は強い。納得の私だからです。

協調する “ 自分 ” は不安定。納得出来ないことも多いからです。我慢しなければならないことも多いからです。

“ 自分 ” として生きる、“ 自己 ” として生きる。どちらかに偏る時、人は道を失うのです。どちらに偏ってもならないのです。両者のスイッチングが上手に出来るか否か、それが私達の大人度数と言えるでしょう」

 

講演終了後、控室に亜万田(あまんだ)部長の妻が来室。

「ワタクシ、亜万田の家内でございます。いつも主人が大変お世話になっております。…あの、主人はいつ講演するのでしょうか」

「え?。今、講演したばかりですが。お聞き逃しになりましたか。すぐこちらにお戻りになるかと思いますが」

「は?。今の方の講演は聞いておりましたが…あの方は…」

「え?。亜万田部長でしたけど…?」

「嘘だァ~!(全力冗談笑)」