元旦先送りアプリ、コンタンが製造中止に / SMSで広がる不安の声

Title : コンタン

 

 

現在、落胆市場サイトで大人気商品『元旦先送りアプリ / コンタン』がユーザーの恐れていた通り大晦日午後9時に完全完売となってしまった。

何らかの事情で元旦を迎えたくない人必須アイテムだったコンタンだが、更に衝撃的事実が元旦未明、メーカーの腰タンタンから発表されSMSを中心に列島全体がボディーブローに包まれている。

「コンタンを使用することで元旦を先送り、年が明けない幻想を相手に抱かせる魔法で支払い請求期限を延期出来たり、今年などは年号改元により平成生まれが新しい時代人ではなくなってしまうことを嫌った人々も加わって加熱気味の売上高。それは嬉しい事なんですが、アプリ製造工場の人手不足がアダとなり今後ユーザーの皆様にコンタンをお届けすることが困難になってしまいました」

なるほど、人手不足は深刻だ。更に詳しく伺ってみた。

「数年前より深刻な人手不足に陥ってはいましたが、シバの女王が産んだ子犬に豆を与えたところ大変気に入って豆しか食べなくなりました。そこで私達は子犬の名前を豆シバとしたのですが、犬の種類はパグ。パグなのに豆シバはおかしいだろうと抗議のメールがホームページに殺到、試しに抗議した人達に求人募集をかけてみたら、ほぼ8割の人が工場勤務を承諾、それで何とかコンニチまで乗り切ってこれたんですが…」

その人たちが皆辞めたと言う事か。

「ええ。改名した豆パグのホンコン風邪が従業員に感染し、総崩れ。全員が辞表を提出しました」

さきほど工場を覗いたら、まだ機械は可動してましたが?。

「あれは豆パグが1匹で何とかアプリを製造しようと頑張っているんです。無理な話なんですが、私達も直接本人には言いにくくて…」

 

余談になるが、私は社に戻る前に直接豆パグに製造は1匹では無理だと告げた。激怒した豆パグに左足首を噛まれたことが原因で、翌朝私の左足フクラハギが吊り、軽い肉離れ、今年も厳しい幸先となったことを明記しておきたい。