今こそ問うひたむきさ

Title 棄てられた帽子

 

 

日本社会に垂れ流される深刻で軽卒な “ 感動病 ”、 “ 夢追いかけ美しく羽ばたけ病 ” 。内容は、夢を追いかけ続ける限り明日は来る、未来が君を待っているから、だとか何だとか。

聞いた誰もが頷き応援してくれるからというネタバレ歓迎安心感があるからなのだろう、これさえ言っときゃ安全、安心と言わんばかりに新人歌手の似たもの新作歌詞が大安売りでステージ所狭しと並ぶ。

毎月毎年変わらぬ不文律、外国の楽曲には類を見ないお粗末さ。誰でも同じことばかり詞にするので遂に飽きられヒット曲も出ない。

しかし今オリンピックではメディアが性懲りもなく前面に押し出し文化人の失笑を買った。夢を諦めた人は数えきれない。過去も現在も、そして明日も、いついかなる時も数えきれない。

 

自身の才能のなさに見切りをつけて夢を捨てる。才能があっても、なくても、誰かの為に夢を捨てる。例えば、寝たきりの家族を介護するために栄転転勤の仕事を捨てる、喘息の子供のために危険な仕事を捨て残業の無い職につく。理由など数え上げればキリがない。

夢だ夢だと免罪符の様に崇高なるもののように連発するが、個人の夢など人生における優先順位はさほど高くはないものなのだ。

夢を追いかけ夢が叶えばイコール人に勇気が与えられるというものでもない。誰かを蹴落として夢を叶えたり、巧妙に立ち回って夢を叶えたり、そうしなければ手に入らないものなどこの世には無数にある。それほど世の中は厳しい。夢を追うこと自体はワタクシゴトだが、叶えるとなれば世間相手で百鬼真剣勝負しなければならない。

絶叫していいですか?。絶叫させて下さい !!。

夢を捨て、夢を諦め、親や配偶者、子供の為に歯を食いしばり毎日雨の日も風の日も職場に向かう人々がいる。上司にパワハラを受けセクハラを受けても戦いながら耐え忍ぶ人達がいる。

そして大晦日、TVで夢は叶う的な歌を家族みんなで聴いたあと、子供が言う。「お父さん、夢、諦めたんだよね確か。今の仕事つまんなくない?」「しょうがないんだよ」

夢を諦めた人間が自分を情けなく感じる社会。

子供の為に何かを我慢する。子供の将来を考えて。

子供は親のありがたみを感じにくい。夢を追って凄い職業につかなかった、いわゆるどこにでも転がっているフツーのつまんない石ころだから。平凡で特殊な才能もない夢破れた成れの果てだから。

夢を叶え偉そうにし、誰をも救わない人、自身さえ裏切る人など幾らでも居る。夢を諦め地道な職業に就き、結果誰かの支えになったり、夢とは違う新たな生きがいを見出したりする人も大勢いる。

幼い大人顔の子供達、そして短絡的なお気軽若者諸君。人として大切なことは、義務。思いやり。ひたむきさ。

優しくなくても構わない。優しい言葉を言ったかどうか、優しい事をしてくれたかどうか、よりもっともっと大切なことはね、

その人を思うかどうか。その人がいつも自分の傍にいると思っているかどうか。夫を、妻を、子供を、居て当たり前、空気の様に存在を認識しない人は無数にいる。けれども、それらの人々は何かに耐えている。耐えながら繰り返している。義務かもしれない。諦めかもしれない。日課というだけかもしれない。けれども誰かのためになり、誰かに尽くしていることになり、誰かに対して無意識のひたむきさを証明していることになるのかもしれない。

夢を追うなど実に簡単な事。誰にだって出来る。

オリンピック選手は夢を追い続け素晴らしい。

いいや、そんなことは別に素晴らしくもなんともない。誰だって夢なんていつでも追える。

もし彼ら彼女らに素晴らしい事があるとすれば、それはひたむきさだ。ひたむきさを押し通すには誰かの力添えが必要になる。協力が、バックアップが必要になる。それに甘える。感謝の気持ちを胸に抱き、それに応えよう、応えなければならない、人として。その思いを起爆剤に変え自身の競技への執念へと転化するのだ。人にもたらした感動は単なる結果のひとつにすぎない。

応援してくれた方々にひとことお願いします、など馬鹿げている。何故なら選手達一人一人、言葉に出来ない程の感謝を背負って1日1日を終え、そこへたどり着き、今その場に立っているのだから。

本当に聞かなければならないことは、

「そのひたむきさの正体は?」

メダルの数だけ感動がある。メダルの数しか感動がない。メダルに届かなければ夢が叶ったとは認めない。そんなバカげた妄想を喚起するかのような無責任な風潮は悔い改めなければならないはずなのに。

夢は商売になりやすい。だから煽る。煽り立てる。

一番残念なのは「ボクらは普通の人だから」という発言。

あなた達のひたむきさは普通ではない。簡単におっぽり投げてしまう人達が普通なのだ。

戦後焼け跡から立ち上がり日本を復興させた人々を普通と呼んで良いのか。ひたむきさは夢追いを超えないのか。

 

お願いです、行って下さい。超えるって。

絵空事に酔いましょう

Title : ハイ、きみにも絵空事 (えそらごと) スタンプ!

 

 

CAFEで背後から女性同士の会話が漏れ聞こえた。

「別に立ち上がらなくたって物語は続くよね」

「夢をあきらめても諦めたなりの物語あるっつうの。若いのが人生知った様なこと言ってサー」

それは言えてる。

銭湯モードをとれ!

Title シンバルにテクニックはいらないってか!

 

 

全国規模で姿を消した銭湯や商店街。東京でさえ例年ひとつ又ひとつと消えてゆくのがコンニチタダイマ。上京したフレッシュマン達が目の前に佇む銭湯に驚嘆の声を上げる。

「本物だ!。映画のセットじゃない!。有り得ない !!」

彼らは、入浴してはみたいものの裸を他人に見せる勇気がないと口走り、振り返りながらその場から去った。

巨大本社CANONの並びに大型スーパーのオリンピックがある。私もよく利用する。夕刻の惣菜コーナーに、いかにも新入社員であることが明白な男子2人、初々しいスーツ姿で片方が手にしたシャケの塩焼きをもう片方も覗き込みホレボレとしている。

「こんなものが食えるんだ、これから毎日…」「料理しなくてもな」

見たこともないスーパー、そしてお惣菜。それらとの遭遇だけでも上京した甲斐があったということなのかもしれない。

カルチャーショック。それを考えれば小中学校の修学旅行、地元に現役機能中の銭湯や商店街が皆無な地域は、ソレを有する大都市圏に旅行先変更しても良いのかもしれない。

京都が一番人気のようだが、何せ世界の京都、文化財は何一つなくならない。つまり修学旅行時でなければ間に合わないというわけではない。だが、銭湯や商店街には時間がない。間に合うか間に合わないかだ。級友達との銭湯入浴体験。一生の想い出になるかもしれない。当然貸し切り、何か所にも分けての分散入浴となるだろうが、少子化だから何とかなるかも。全国津々浦々からの来場が毎年恒例となれば、銭湯も営業の維持が可能となる。クジラ漁同様、日本古来の文化であり云々…なのであるからにして。

なぁぁぁんて不可能なる幻想に浸りながら現実に戻る。楽しい旅行気分はやっぱり観光地。だって修学なんて名ばかりだモーン!。

あくなき執念

Title : 来たァァァーッ !! 、見たこともないお客様ァァァーッ !!

 

 

先日、友人にお前のブログは地雷を踏みまくっていると言われた。かなりの人がキレているだろうとも言われた。それは自覚しているがスタイルは何ら変えるつもりはないと答えた。彼も予想通りの答えとぶっきらぼうに頷き「そだねー」といい電子タバコを吸った。

「何それ」「お前同様オレもタブーを続けとるっちゅうわけよ」

煙も出ない、ニコチン臭くもない。火も付けないからライターもいらない。灰も出ないから灰皿もいらない。路上ポイ捨てもない。火事にもならない。

「恐ろしい事を考え付く人がこの世にはいるんだね」と言うと、

「お前の投稿もな」と冷ややかに言われた。

そうかぁ~。ボクのブログは最先端なのかぁぁぁぁ~。

蒸発した平昌五輪

Title : もう一人待ち

 

 

水の固形状態がステージとなる冬季オリンピック。雪、氷。地球上に存在する全水量は常に一定量に限られている。減りもしなければ増えもしない。

ただ、蒸発し再び大地に戻るを繰り返すだけ。

平昌の雪壁、アイスリンクの水は去年アマゾンを流れていた水だったかもしれないしテムズ川を流れていたものだったかもしれない。ひとたび蒸発してしまえば前段階の所在地など何の意味も持たなくなるわけだが、世界がほぼ一つになる五輪を水の循環になぞらえることも出来るのでないだろうか。

存在を失った選手、再び姿を現す選手。前者と後者はたとえ別人でも同じ国旗の元に立つ。競技上戦う相手国の選手は前世で我が国の人だったかもしれない。

そう考えれば、人は水。5大陸の輪は水面の波紋とも呼べる。水面を震わせ互いの存在を伝えあう。蒸発前の初対面。再会。

来世でも腕試しをしましょうね、と水達は言葉を投げかける。

男子アイスホッケー決勝 / 落ちてゆくスティック

Title : 軌跡

 

 

ピョンチャン・オリンピック男子アイスホッケー決勝戦、OARの優勝ゴールが決まる。次の瞬間、OARの選手達の手から次々に力強く握りしめられていたスティックが氷上に落ちていった。

ボクは不思議な面持ちでその光景を眺めていた。脳裏に浮かんだのは戦場で次々に兵士達が武器を大地へ落としてゆく映像。それがリンクと重なる。

 

いつの日か。

帰っておいでよ

Title : 広い荒野にポツンといるよで

 

 

プラタナスの枯葉舞う 冬の道で

プラタナスの散る音に 振り返る

帰っておいでよと 振り返っても

そこにはただ 風が吹いているだけ

 

人は誰も恋をした 切なさに

人は誰も耐え切れず 振り返る

 

◇ 風〈北山修 / 作詞、端田宣彦 / 作曲〉端田宣彦とシューベルツ

BABY・METAL藤岡幹大さん追悼

Title : 私の命さん

今年1月、音楽ファンに衝撃が走ったBABY・METALのギタリスト藤岡幹大の死。日本どころか世界中のヘビメタファンを驚嘆させ、斜に構えたロックファンを熱狂させ、文字通り世界を席巻し続ける奇跡のサウンド・マシーン、

BABY・METAL

3人のBABYは壮絶な演奏を刻み出す4人の男達を軽々としょい、まるでサイボーグの様に歌い、そして踊る。一糸乱れぬ研ぎ澄まされた、人間業ではない奇跡のダンシング。振付がスイングするなどということは有り得ない。だが紛れもなくスイングしている。今でもなお信じることが困難な程、3人の動きは人間業ではない。しかし血の通った人間なのだから汗ばむ。それを見てかろうじてサイボーグではないことを確認する。

世界中を唸らせた3人のBABY。そしてMETALの王道を行く4人の男。いずれ劣らぬ名プレイヤーの壮絶さは今更ここで語る必要もない。それはレディGAGAも全く同意見だろう。

ひとことだけ言わせてもらうと、偉大なカルロス・サンタナは指が動かなくなることを嫌い、カウチでTVを観ている時でさえギターをつま弾いていたというが、私は藤岡幹大のギタープレイに一層鳥肌が立つ。一体どれほどの執念と時間をネックに注ぎ込んでいたのだろう。一音一音に一切の雑音の入り込む余地のない旋律の速射演奏。妥協を許さぬその一音の音色こそ一流交響楽団の音だ。

 

私が恐れおののき、さいなまれるのは “ 死を招き入れる” 行為。死のイメージに親しむと死神が来る、という世界的に根強い迷信。

XJAPANのHIDE。彼は死に焦がれ死のイメージをまとい続けた。名曲ピンク・スパイダーにもそれが色濃く綴られている。

YOSIKIの歌詞は自殺願望をストレートに押し出すが、彼の死と向き合う姿勢は心の苦痛を終わらせるという手段に終始しているのであって、死の世界への無邪気な憧れとは全く違う。

METAL達は死に装束を思わせる出で立ちでステージに立つ。極めて日本的であり、とりわけ海外では印象深いものとして強烈なインパクトを与える。

比叡山延暦寺の修行僧達は死に装束を着て修行に出る。いつどこで倒れ、そのまま果ててもよいように。

これは迷信の話だ。単なる迷信でしかない。亡くなった藤岡幹大を冒涜するのかと激怒されそうだが、尊敬するギタリストを冒涜することなど有り得ない。他の3人もそうなる等と馬鹿げたことを言いたいわけでもない。

エイズが世界で問題になり始めた頃、私の友人が病的に人の血に触れることを怖れたことがあった。

彼は外出先で始終、「これは血じゃないか?!、これを、ここをよく見てくれ!」と騒ぎ出す。苦笑いしながらベンチの隅を見やると、驚くべきことに血液らしきものが付着しているのが見てとれた。そんなバカげた偶然が何回かあった。

気にすればするほど、相手の対象物は自分が気に入られたと思いすり寄って来るものだ、という迷信がある。だが、死のイメージを追及する人々が必ず死に急ぐというわけではない。

日常、死のイメージを身近に感じ親しんでいると、危険に対して油断が生じやすくなるのではないか、というのが私の真剣な結論だ。

偉大な藤岡幹大は帰らぬ人となった。彼の死を絶対に無駄にしたくないと思う。3人のMETAL、そしてあらゆる方々にお願いしたい。

いついかなる時も我が身を大切に。自己防衛だけは怠りなく。そのハードルを一層高くレベルアップして頂きたい。

そうして、もうひとつ。「死ね」などと人に口走ったり書いたりする人、即刻やめるべきだ。二度と言わない、しないと誓いを立てるべきだ。何故ならあなたは人の命はおろか死の世界をも軽んじている。続けていると何かがやってくる。迷信も信じれば人の役に立つ。人を救いもする。

 

藤岡幹大さん、心より永眠を嘆き、御冥福をお祈り申し上げます。

 

日本カーリング女子チームの魔法

Title : ヤマトナデシコ

 

 

日本カーリング女子選手が銅メダルに輝いた。TV画面を観ず他の事をしているとゲーム中彼女達が上げている掛け声が聞こえてくる。それは外で遊んでいる女の子達の叫び声と聞き分けられない。そこでハタと気づく。

外で遊ぶ低学年の女の子達は真剣に遊んでいるのだなと。

カーリング女子選手達の掛け声はそれらと何ら変わらない。バカにしているのかと勘違いしないで頂きたい。感動しているのだ。

オリンピックともなれば、選手達も視聴する私達も切羽詰まった場面を何度も迎える。手に汗握り、ナマツバを飲み、絶望虚脱状態になったり狂喜乱舞したりする。

まるで仲良し女子達が外で遊んでいるサマを窓越しに聞いているかのような空気。休憩にはスイーツで談笑。簡単なスポーツだとか遊び気分だなどと言っているのではない。

他の競技種目同様、何ら変わらない真剣勝負を演じたカーリング日本女子チーム。にもかかわらず風の様に軽く、雪原を駆ける白テンのようにしなやかだった。綿雪の様に軽やかで、そしてあどけなく無邪気であるとさえ感じ、手を止めて画面を振り返ったほどだ。

感動にはいくつもの種類がある。ハードロマン、ソフトロマンもろもろある。どの競技も心して歯を食いしばらなければ観戦出来ないわけではない。それを彼女達が教えてくれた。さわやかに、きさくな報われ方でゲームを終えた。苦しみや悲しみなど練習で感じたことは1度もなかったかのように。さりげなく涼やかに。

アナタ達はボクより1枚も2枚も上手だ。

TUTAYAの想い出

Title : イモカリントウの風雲踊り

 

 

TUTAYAの閉店が全国規模で相次ぎ、遂に首都圏でもそれが始まったとニュースで報じられていた。ひとこと、時代の流れだよねぇ、ということだろう。

TUTAYAといえば思い出がある。今から10年以上前の話だが、何気なくTUTAYAをチラ見し店を出た途端に若い男子店員が「ちょっと!」と鋭い声でボクを呼び止めた。「?」

ブザーが鳴ったのでカバンの中を見せて下さいと言う。要するに、ビデオを盗んだ可能性がある、ということだった。アア、なるほどねハイハイとボクはカバンを開け中を覗かせ、手にした自分のVHSテープを彼の前にかざす。

「これのことかな?」

そのVHSテープは明らかに使用済み、背帯にはマジックで “ ある程度重要 ” とボクの走り書き。ボクはその日、中古VHS再生機を探しに出てきていた。

レア物VHS防犯対策でブザーが鳴った、で呼び止め中身を確認、は納得。理解する。問題は容疑が晴れた後の店員態度。

「納得しましたか?」の問いに憮然とした顔で無言、おっかしいなあという怪訝そうな顔で店に戻ってゆく。失礼しました、のひとこともない。キレることも出来るが同じ次元まで降臨して無駄な時間を費やしたくない。で、シラケェェェ~とクラゲの様に浮遊しつつフェイドアウトした。

無論、閉店とは何の関係もない話。