路上飲み / 若気の至り / 自粛は飽きた疲れた

Title : 「みんなで群れりゃ、怖いもんなしだぜ」 

 

“ 若気の至り ” という言葉がある。イマドキなら「ヤンチャしてた」とか言うのかもしれない。

ヤケクソの自暴自棄なのか、 “ 若さこそ最強の武器 ”とか言ってマンガのヒーロー気取りなのか知らないが、

マスクなしでツバ飛ばし合いの路上飲み。“ 将来自分人生幸福化計画 ” を不可能にするような結果をもたらすかもしれない、身の毛がよだつ行為を毎夜毎夜、有頂天で出来ている人々に感心せざるを得ない。

「緊急事態宣言も慣れちゃって、緊張感はないですねー」

「毎日、感染者が何百人とかいっても、ピンとこなくってぇ~(笑)」

不要不急の外出を避け自宅待機する人々にとっては、無防備な人々のノーテンキな様子も、見飽きた事だろう。

 

毎日、18時間ぶっ通しで防護マスクを取れなかったナースが戦線離脱、その後、うつ病を発症した。現場に復帰する勇気はないとつぶやき続けたが、最終的に現場のコロナ最前線に復帰した。

誰にも復帰を頼まれなかった彼女は、誰にも復帰をほのめかされなかった彼女は、何故、復帰したのか。

 

彼女は日々歩み、

その日その日、

自分が出会う自分と他人のことを、

目撃する景色と言葉を、

敗れ去る夢を、

誰も見向きさえしない絶望を、

嘘つきを、

心清き人を、

楽しいか楽しくないかを、

不快か愉快かを、

 

飽きた、

飽きないで、

 

判断しなかったのだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

映画『ミナマタ』/ ジョニーデップの挑戦 / 今こそ泣く時

Title : 社会

 

 

人間として極めて弱者な、弱虫で負け犬根性の人々による医療関係者へのコロナ差別言動が、良識ある心正しき人々を驚愕させ失望させたことは、ここ日本国では記憶に新しく、愚か者達のテロ行為は、第三次緊急事態宣言が4都府県に発令された今日でさえ留まる気配はない。

 

かつて、熊本県水俣(みなまた)市でミナマタ病が発生した。

現地のチッソ水俣工場による工業廃水が原因で、有機水銀に汚染された魚介類を食べた現地の人々に中枢神経の中毒症状が出たのだ。

手足が激しくケイレンし、それは止まる事もなく続き、人間のみならず、ネコも発狂したかのようなに踊り暴れながら絶命する。

眼球に障害が出て視覚異常となり、脳が機能しなくなり、まっすぐ歩くことも出来ず、出産した子供には深刻な小児麻痺に近い症状が出た。

 

私が驚愕し呆然自失と化した事実は、

現地の人々が水俣病を発症した被害者たちの自宅に投石し、窓を割り、

「お前ら、迷惑だ!出ていけ!!」

と尋常ではない叫び声を上げ、歩けない児童達をこづき回し、嫌がらせを遥かに超える攻撃を行ったという事実だ。

 

この国は、何年、何十年経っても何も変わらないのか。

自分さえ良ければそれでいいのか。

 

チッソは、水俣病など自分達のせいではないと言い張り、何十年もの公判中、頑として認めようともしなかった。

被害者たちは勝訴の日に立ち会うこともなく次々に息を引き取ってゆく。

生き残った人の中には、未だに軽度症状を理由に認定されず、補償金を受け取ることも出来ずにいる。

何十年か前、私は川崎で水俣病の現状を訴える写真展を観た。戦慄が走り、名前だけは聞き覚えのあるこの公害病について出来る限り調べた。

 

私はこれまで、ハリウッドスターのジョニー・デップ氏には何の関心も持ち得てはいなかった。

ゲテモノ・メイクで映画に出る、お城のような自宅に住んでいる人、としか認識してはいなかった。

今は尊敬している。

 

水俣病の取材を、現地で暮らしながら、その惨状を世界中に知らしめ続けた写真家ユージン・スミスに感銘を受けたジョニー・デップ氏は、プロデュースに加わり、スミス役を演じた。

四大公害病として全世界に知られる水俣病を、今更ながら、世界中に再度、映画公開によって知らしめようとするジョニーデップ氏に日本国は冷たい。

 

映画『ミナマタ』は2020年2月にドイツで初公開され、アメリカでは2021年2月公開。やっと日本でも今年9月に公開が決まった。

緊急事態宣言発令で映画館観賞は当然おあずけだが、こういった映画は、日本国に於いてはほとんど宣伝されることもなく、多くの日本人が上映を知る事さえなく、無関心のままで終わる、というのが常。

臭い物にはフタ。

そのくせ、医療関係者への差別的言動には、フタをされても吹っ飛ばしての猛抗議。

 

路上飲みの若者達が、酒臭い息で訴える。

「何でオレらが貧乏クジ引くんだよ。何でオレらが犠牲になんなきゃいけねーんだよ!。アリエネー!。スーパーとばっちりだよ」

 

人々に夢と希望を与える聖火リレーが列島をつなぐ。

 

今こそ私達はこうべを垂れ泣く時だ。

もう歯を食いしばって耐える時は過ぎた。

 

千客万来 / 緊急事態宣言下の招きネコ / 酒ビンはおあずけ

Title : 全裸ブタ

 

 

見知らぬ町をチャリ走行中に見かけたヌード豚。

シャッターが下りていて、何の店かは全く分からなかったが

千客万来のタヌキのかわりに豚なのだな、と誰しも理解する。

招きネコの様な手招きなどない、客に媚びない豚…。

 

それにしても…。

着衣なしの人間マネキンなど足元にも及ばぬ異様なナマめかしさだ。

現物の豚は、世界中、基本的に全裸であるが、このようなエロさを感じさせたりはしない。

やや歯を向く表情には怖さも感じられる。

どのくらいの集客力があるのだろうか。

招き豚になっているのだろうか。

或いは魔除け…。ソッチの方がシックリくる。

全身ツルツル、スベスベであるところが一層不気味。地獄でコレが閻魔(エンマ)様として目の前に現れた場合、間違いなく私は失神するであろう。

第3次緊急事態宣言下の千客万来、地獄の沙汰も自粛次第、何とかヌード豚にはがんばってもらいたい。

ところで、この豚はタヌキの信楽焼のように酒瓶をぶら下げてない。

緊急事態宣言下、酒を手放したのは立派だ。

 

なわけで、夕飯はコレ。

 

 

Title : カツ煮込み丼

 

 

カツ丼にするつもりが予想より煮込まれてしまった。ヌード豚由来の夕飯はなかなか美味。

280円のロースカツ、1玉28円の玉ねぎ4分の1使用、卵3個、味付けは煮魚のタレ150円なり。

残ったオツユで明日のお昼は玉丼にする予定。

差別に愚鈍な国 / お父さんは犬 / ブタはダメだけど犬なら良い

Title : コイツは誰だ

 

 

男女差別、

などという社会的偏見には、これまで全く無頓着、日本人らしく暮らしてきた私達、島国人。

男尊女卑はサムライ社会だし、サムライは外国では憧れられてんだべ?。

サムライ、ナデシコ、

そのような日本人はカッコエエと外国では人気のはずでねぇのかい。

 

ジェンダーて何だべ。

男女差別はいけない。マジか。

 

そんなこと、想像さえしたこともなく、これまで堂々と生きて来た森喜朗氏。バッシングに見舞われた時のアゼンぶり、気持ちを察して余りある。

人種差別はいけません。

そんなこと分かり切っている!と自負していただけに、

男女差別もいけないのか!?。

東京五輪の関係者だっただけに、金メダルは常に男性、女性は万年の銀、という順位認識のどこがいけないんだい?。

な感じだったのだろうか。

 

家族内差別のひとつに、パパ差別がある。

ソフトバンクのTV・CMは一家の主、お父さんだけを犬として扱い続けている。しかも驚異的なロングランだ。ドッグランと言ってもいい。

悪意的に解釈しようがしまいが、オヤジは犬畜生だ、忠犬ポチだ、と解釈することが容易だ。

お笑にからめれば誰もいぶかしく思わない、の演出が巧妙だね。

ひと昔前の、“亭主元気で留守がいい”

の延長線上にあるのか。

父親は会社だとか家族にシッポふる犬(であって欲しい)、という侮蔑的対象イメージがもはや根強く社会に定着してしまったのか。

誰に。

 

当の父親達であろうはずはないので、妻や子供達にとって、ということになるのだろうか。

 

先に、渡辺直美をブタに仕立て上げる演出が、ジェンダーの、差別の、最たる悪例として世に大きく報じられたが、

父親を犬に仕立て上げるのは良いのか。

誰がそう仕立て上げているのか、そう捉えているのか、はたまた女性(の中の特定の人々)がそう認識しているのか。

こちらが何の問題にもならず、クレームの嵐にもならずにロングランを続けていること自体、つくづく日本と言う国は奇妙キテレツであると言わざるを得ない。

 

私としては、願わくば世界各国で、父親だけを犬にした家族のCMをTV放映し、視聴者から人権蔑視だという憤懣(ふんまん)が起きないのかどうか、ぜひ見てみたいと思う。

 

人権配慮には幼稚で無頓着、無責任な国が、世界に復興を力強くアピールするオリンピック開催だと謳うが、

 

遠き道のり、道未だ半ば、である復興とは、一体何か。

本当の意味で、日本人が世界の人々と同じ価値観に立った上で、復興にチャレンジするべき対象は何か。

それを熟慮した上での五輪開催であって欲しいものだとつくづく痛感する。復興の意味をググってみると、

 

復興 ⇒ 一度、衰えた(壊れた)ものが、再び盛んに、また、整った状態になること

 

最近、EUのいくつかの国が、人間は経済より人権を優先させ社会を営むべきだ、人生を歩むべきだとのメッセージを表明したが、

感染拡大のパンデミック下、経済優先を叫び国民の反対を押し切ってまでオリンピックを開催しようとする日本国政府のハリボテ復興宣言が世界の物笑いにならないか心配でならない。

感染拡大で医療崩壊がおき、助かる命も助からなくなる、と医療現場が悲痛な叫びを繰り返す中、有名人聖火ランナーを一目見たさに公道で3密に興じる人々。

オリンピック賛成!。ナマで勇気や元気がもらえる千載一遇のチャンスだから!。

勇気とか元気をもらえるって重要じゃないですかァ~。生きていくのは苦しいことなんだからァ~。他人のこととか気にしてたら勇気配布、もらい損ねちゃう~。

 

 

Title : Nで501でYなコイツ  

 

 

変異ウィルスの拡大に伴い、間違っても世論のオリンピック開催反対が大炎上しないよう、開催既成事実キャンペーンにいそしむTV各局の番組構成。

燃え盛る聖火。開催是非のどちらに飛び火?。

鉄は熱いうちに打て

と言う字は金を失うと書くわけだ。

何兆円も失う訳にはいかない。

 

 

Title : 熱いうちに打て!鉄火丼! 

 

 

不公平オリンピック / 世界各国のアスリート事情 / 開催すればそれで良し

Title : 不公平五輪開催ポスター

 

 

日本国政府は、東京五輪を開催するとダダをこねてるネ。

世界はパンデミックのさ中。貧しい国はワクチンさえ買えずWHOからお金を借りてワクチンを買うこともすぐには出来ず。

そんな国が沢山あることも日本のマスコミは積極的に報じることもせず、

各国の選手達はマトモな練習もろくに出来ない環境下、いまだ開催されない五輪予選会の現状に胸を撫でおろしているそうですネ。

援助を打ち切られ東京への旅費さえ作れない選手達も大勢いると聞きます。

 

不公平な環境下で開催される大会の競技で、

私達は本当に 勇気 や 元気 がもらえるでしょうか

 

国内では “ 五輪開催されなければ損失ウン兆円!” という見出しが躍ってますが、開催されればそれで良し、はチョット卑怯で、日本よがりな気がしてしまいますヨ。

 

アスリート・ファーストにもなってません。世界中のアスリート達は、アンケートに対しておおむね東京五輪延期、と回答。アスリート達は東京の経済効果ウンヌンで出場是非を考えてませんからネ。

 

政府、東京都、IOCが、どんなにダダこねて「やるって言ったらやるんだよぉぉーッ!」と泣きじゃくっても、選手団が来てくれなければどうにもなりませんもんねえ~。

「私達は東京オリンピックに協賛しています」

と各スポンサーは謳いますけど、パンデミック下で発生した選手間の不公平問題にはソッポ。

最近、男女間の社会的不公平不平等が問題ばかりか、給付金支給の在り方ですら不公平が問題になりましたけど、五輪開催支援の各マスコミの天秤ばかり、一体どんな具合になっているのでしょーか。

日本国民の五輪開催反対、過半数超え。

国民の良識にホッとします。

 

 

 

Title : 自家製ポークカリィ

 

 

庶民の声は五輪大会関係各位に冷たくあしらわれ、哀れ。丸3日煮込んだ自家製ポークカリィこそ庶民の慰め。せめて今宵、エッ、エッと涙ぐみながら頂きます。

 

おいちぃ。

ウィルスの変異 / DNAクーデター / 最後の勝者の名は敗者

Title : パンデミック・ソルジャー〈西暦2021頃〉

 

 

 

「ゲーテという詩人の詩に次のようなものが在る。

昨夜、私は100匹のハエを殺したが、1匹のハエの飛ぶ音で眠れなかった

 

ウィルスの変異はウィルスの体内クーデターだったのか。DNAの欲望か。

 

独り残された私は、その点で勝者。人類の名の下では、紛れもなく敗者。

私はパンデミックソルジャー、地球人最後の戦士。

今、船の窓より美しい地球を眺めている」

 

 

明日、今朝というものが無いにしても。

東京五輪開催中止 / スポンサーへの賠償金額は? / 勇気を貰えるのに必要な金額は?

Title : 白白歌合戦で白か白かの決着をつけましょホ

 

 

正月のモチでもないのに膨れに膨れ上がった東京五輪開催費用は3兆円超え!。

普通ならここで、「3兆!まかちょう!」と合いの手が入るところだが、今は聖火ランニング中、滅多なことは口に出来ない。

ナマで五輪競技が観られる!、TV観戦では全くダメで、ナマLIVEでなければ決して勇気や感動を得ることが出来ない、という奇妙な人々が空前のパンデミック下、五輪開催強行にフィーバーする。

五輪開催が中止となれば、スポンサーへの損害賠償は莫大なものになってしまう。中止したくとも出来ない事情が政府にはある、というのは分かる。

だから、中止と言えない。だから、誰かが代わりに言ってくれるのを、ひたすら待っている、と推測されているのも分かる。

自分達では何一つ決断出来ないんですもん、シクシク。も分かる。

だから、五輪開催で国内感染が急拡大しても仕方がないジャンケ、というのも分かる。

何もかも分かっちゃうボクちゃんこそ、親方日の丸、ニッポンの国民ちゃんだ!。

 

中島みゆきの 楽曲 “ 時代” の歌詞、

あんな時代もあったねと いつか笑って話せるさ

 

に頷くことが出来なくなったボクちゃん、結構、危うしかも。笑って話せる人は心身共に致命傷を負わなかった人限定かもジャン。

じゃ、お前は心身共に致命傷を負ったのか?、と問われると答えはNOであります。

想像です。想像でモノゴトを語るしかない残念なボクったら。

お前に何が分かると迫られたら、ぼくちゃんこそがミャンマーのクーデターとは一切無縁な人間だったりしちゃうではないですか。

ボクちゃんのようなゲソな奴は、このような夕飯がお似合い。

 

 

Title : ピリ辛ゲソ天

 

 

ボクの免許証に使われているのが、下の写真(嘘ですから関係機関に問合せしちゃいヤダ)。けっこうイカメン。

 

 

 

Title : 一本足ゲソな奴

コロナ感染の副作用 / 味覚異常 / 味覚異常予防に亜鉛

Title : 味覚認物体 E484K

 

 

ボクの尊敬してやまない俳優、田中邦衛さんがお亡くなりになった。合掌。彼の好物は納豆にミョウガやシラスを入れただけのシンプルな一品だったそうです。なわけで、ボクの夕飯は彼を追悼する意味で、コレ。

 

 

Title : 鯛だし卵オジヤ

 

シンプルな昔ながらの庶民的一品。が、納豆ミョウガとはムリ過ぎる共通点。

鯛ダシ鍋ツユの残りにタマゴを入れて制作。鯛ダシは上品で薄味なので、醤油少々、仕上げにゴマ油も少々。

 

新型コロナウィルスの副作用の一つ、味覚と臭覚、食感を失う、という戦慄の恐怖!。

そうなれば、食い意地の張ったボクは生きる甲斐を完全に失ってしまうので、感染しても味覚を失わずに済んだ、というお医者様のブログ記事に習い、毎日、亜鉛を1カプセル、せっせと服用しておりまッス。

 

昨日の夕刻、常に午前中には完売してしまうという超大人気の鳥久弁当が、なななな、何と買えました!。「鳥久弁当ありますか」「ありますよ~」

耳を疑いましたね~。ジャガイモ、タケノコの煮物、鳥つくね、鳥の竜田揚げ、シウマイ、カマボコ、何もかも絶品デス。まるでダルマ弁当のオカズの様に、一品一品が素晴らしいお味!。

 

 

Title : 鳥久弁当700円

 

 

美味しい物を食べれば食べるほど、絶対に味覚は失いたくないと涙ぐんでしまいます。

 

 

Title : どれにしよっかな~

 

 

近所の中華屋さんのメニューサンプル、時の流れと共に色あせてしまいましたねぇ…。中華料理ではないメニューも多いんですね。

このショーウィンドウの食品サンプル見て、行きずりのお客さん達がお店に入ってゆくんだなぁぁぁ…。

 

 

そう言えば、ギャル曽根さんみたいな大食いが生きがいな人、味覚を失っても大食いって可能なんでしょうか…。

 

とにもかくにも、皆さん、自分の味覚を大切にしましょーね。

 

 

Title : i五目ガンモと揚げ豆腐煮付け

赤魚、青魚 / 公表しやすいニュースと公表しにくいニュース / 輸出輸入解禁

Title : 赤魚という名の干物

 

 

昨日、スーパーのマルエツで赤魚の醤油干しなるものを初めて購入したんだべ。2尾も入って、お値段400円弱!。

初めて食べてみたら、あらまぁ、美味しいでないの。また買いに行くべ!と全身にぶぁぁぁ~ッと鳥肌を立てた瞬間、ふと思うブ。

「赤魚、の魚種は何だべ」

正式名称を隠すあたり、もしかして深海魚系か!。白身魚とか赤味魚、という呼び方は良く聞くけんども、赤魚とはねぇぇ…。なわけで早速ググッてみると、

 

正体はアコウダイであると…。

ア、それなら聞いたことある。案外メジャーな魚だ!。赤穂浪士の生まれ変わりの魚だよねぇ、確か。ウソウソ。

 

生息域が500~700mということは深海魚か?。あれ、何mからが深海だっけ?。と、再び検索しますと、

 

海面から200以深が深海

 

と、ということは、赤魚であるアコウダイはモーレツ深海魚ということに!。同じく深海魚なアンコウは名前を隠されるどころか全面的に看板にその名を掲げられるのに、アコウダイは何故、名前にモザイクがかけられてしまうのか。

ボクちゃんなりに数10分ほど考えに考えた結果、これなら多くの人々の賛同が得られるのではないか、という推論に到達したべ。それは、

 

青魚は健康に良いので、皆さん食べましょう!

というキャッチフレーズ、これを知らぬ者は今や居いないほど有名なセリフ。に対して、

赤魚は?。

赤魚を食べると何?。健康に良い?。

青魚や赤魚は健康に良いので、と何故言わないんだべ。

赤魚が特に健康に良いという程のもんではないからッしょ。

アコウダイは、あえて名前を出してもらうほどの者ではありませんから私は。というイキサツだったのではないか。どうだろう。

日陰の身、ということで赤穂浪士のアコウを名前に付けたのでは?。つまり、日陰の身、は白身魚ではない?。

 

このことを友人に話し意見を聞いてみたところ、

「アコウダイは赤穂浪士の話、知ってるのか。人の言葉や理屈が分かるのか」

と、人の揚げ足を取るような卑劣極まりない返事が返ってくるばかり。

 

 

 

Title: ナマ卵を待つ牛肉とネギ

 

 

 

先だって、TVで朝ナマを観ていたら、高橋浩裕(国際ジャーナリスト)というお方が次の様に語り、ボクちゃんドギモ抜かれちゃいました。

 

「今日、オリンピック放送権を持っているNBCが、オピニオン記事を出して、聖火ランナーやめろって内容。NBCは過去の五輪10大会で1兆円払ってるとこですけど」

日本のTV各局、そんなNEWSどこも流してないべ。ボクちゃんの聞き逃し!。て、マジ?。更に、このお方は、

「東京五輪に招致するVIPのために40億円以上が使われることになっている」

といっておりました。誰が出すんだべ。政府は給付金さえマトモに払えないわけだし。そこまで高橋氏は語ってくれなかった…。

 

夕飯は300gで980円の牛肉を甘辛くに付けたものに、焦がしネギ。であります。

海外の皆様が恐れおののく日本人のナマ卵・食習慣。

来日してナマタマゴの味を覚える外国人は多いそーだけど、帰国して、あの味をもう一度!、ってチャレンジしても、海外の卵は美味しくないのだそうで、

今では日本の鶏卵、ガンガン輸出されてるそーだべ。おかげで、今ではタマゴかけごはん大好き!という外国人も増えてるチュー話。

GOに入ればGOに従え、の例え通り、政府はGOTOで感染を拡大したッス。

 

世界各国から総勢9万人の選手団を来日させるということは、一時的とはいえ、感染輸入解禁ということにはならんのですかい。

人類がコロナに勝利した証

としての東京五輪、とスガ首相は言いますが、国民の多くが「勝ってないジャン」と即答しとります。なのに、各マスコミが首相に、

「どういう根拠で打ち勝ったとおっしゃっているのですか、今の時点で」

という質問の場を何故に設けないのでショーカ。ボクちゃん、ひどくショーカ不良。

 

というわけで、牛肉甘辛煮、ナマタマゴでバカウマ。やっぱり煮付けるのは、

煮魚のたれ〈日本食研〉

が一番。お値段190円、煮る時間7分。さすが売り上げNO1だけのことあるよーん。

あなたの世界 / カワイイ物とかイケてる人にだけ囲まれて生きていきたい私

Title : 幾多の思い出を背負い、今ここに建つ

 

 

 

たくさんの海外ドラマや映画の中で、大変な不幸や不運に見舞われた主人公が呟く言葉に、

「それでもまだ人生は続く…」

というものがあります。

 

そういう絶望のさ中に居る人に向かって、

「何だ、死ぬ勇気もないのか。生きてたって仕方ないだろうに」

という言葉を投げかける人々が居ます。

まるで、自分ならおめおめと生きてはいない、すぐさま死を選ぶ、と言わんばかりの様相ですが。

 

盲導犬を連れて飲食店に入って来た目の不自由な人に、

「他のお客さんの迷惑になりますから」

と入店を拒否する店主を見たことが有ります。

店を出てゆく後ろ姿が消えないうちに、店主に向かって

「よく追っ払うの?」と機嫌よく尋ねるお客さん。

 

客が “犬畜生” と呼んだその盲導犬の出てゆく横顔は悲しみをたたえている。

アンタが勝手に感情移入してるからそう見えるだけだよ、とボクに言う人もいますが。

 

「誰にも迷惑はかけない。助けなんか要らない」

と威勢の良い主張をする人が居ます。

アナタのお葬式を出すのはアナタではないのでは?、と尋ねると、

「バカヤロウ、生きてるうちの話だよッ!」

アア、そうなんだ。それだけの自信が有るからこそ、医療関係者の方々にコロナ差別発言が出来るのか、と納得してしまいます。

アナタは事故で足を骨折しても病院には行かないのだろうし、不覚にも救急搬送されてしまった場合は、人々を蹴散らしつつ、這いながら決死の形相で病棟脱出を試みるに違いありません。

 

 

通りすがりの大衆食堂のショーウィンドーを覗き込みながら、小学生達が、

「スッゲーッ!!。このカツ丼、ゲロまみれーッ!!」

 

 

Title : 店主の思い出を背負い今ここに展示される

 

 

 

確かに見えなくもありません。相当な歳月が経過した食品サンプルです。店主はこのカツ丼が出来立てピカピカのサンプルだった時の映像をハッキリと覚えている事でしょう。

今や、こんなに色あせてしまい、人々の食欲を一気に減退させてしまう恐れがあるサンプルを、何故いまだに飾り続けるのでしょう。

新しいのに代えるお金がないから。

代えるのが面倒くさいから。

客の立場の側に立って考えられない店主だから。

 

 

どんな答えを選ぶにせよ、選んだ答え、それこそが

アナタだけの世界、アナタが住む世界なのだと思います。

 

 

Title : 今も人を待つ場所

 

 

これは、かつて喫茶店だった建物です。今は営業していません。時々、店入り口横のベンチに愛犬と腰かけ、道行く人を眺めている元店主らしき人の姿を見かけます。

おだやかな顔で隣の愛犬に引きたてのコーヒーを入れてあげたりしています。

 

「ケッ、犬がコーヒー飲むかっつーの」

 

横切ってゆく誰かの声を風が運びます。

 

 

アナタの世界ではそうなのかも。

でも、アナタが思っているほど、アナタの世界は絶対ではなく、

ボクはアナタの世界に魅力を何一つ感じません。

 

 

 

 

何一つ

何ひとつ

絶対に

絶対に

ホントに

ホントに

絶対に

絶対に……