新入社員の早期退職を考える / 会社側の理屈

Title : レンガ積立MAN

 

 

蜜菱銀行本店第3会議室、部長会議。

「今日お集まり頂いたのは御存じの通り、ここ5年、我が社の新入社員が入社後3年以内に退職する割合が4割にまで達したことを受け、人事部からの要請で緊急会議の招集となった。各部店、多忙であることは重々承知してはいるが、皆さんのお知恵を拝借したい。…加川クン」

「ええと。…人事部長の加川です。無駄な時間を省くため、単刀直入に申し上げたいと思います。新入社員早期退職の最たる原因は、当行の肩書至上主義にあるのではないかと…。とかく絶対視されがちな肩書に代わりうる採用基準、これに関し、今日は皆さんのお力添えを頂きたいとマア、こう考えたわけです」

「はい…。よろしい…でしょうか。ア、恐れ入ります。ええ、ワタクシ営業3部田川です。肩書に代わり得る採用基準、これはワタクシ走り書きに尽きるのではないかと。営業部店は足で稼ぐのが基本中のキ。悠長に座って描いている様な奴は出世しないぞと、いつも新人にハッパかけとるんですがどうも…」

「総務の滝川です。常日頃、各部店の方々から種々雑多な要望を多数受け、対処しています。窓口でも断るのに一苦労でして。是非、能書きタレるのが上手い人の採用をお願いしたい。切実です。能書きが天才的であれば、ほとんどの依頼をナンタラカンタラで却下出来るのではないかと」

「貸出融資等関係調整部の北川、…であ、り、ま、す、が…。どうなんでしょうな、こういうのは…。というのはつまり、こういうことではないの、か、な?。つまりは覚書なんですな、これが!。どうも相対的に貸し借りの管理があいまいというか。何なんでしょうかね、エ?。覚書事務の完璧な人、これっちゅうことなんでしょうかね結局のところが、ですよ。実際」

「金沢支店から研修に来ている融資部の及川です。お世話になっております。こちらに来て1か月、どうも案件が繋がらずにデッドになるケースが多いと感じています。拡大発展があまり見込めないケースが多い。私の立場から申し上げますと、一筆書きに長けている人材の育成が急務ではないかなと危機感さえ感じています。案件がブツリブツリと単発的に切れてしまわず、こう、ササササーッと、繋がるような、そういう人材を求めたいですね」

「システムエンジニア部のシャリマハ・ガンジーです。皆さんの考えはどうでもいいのかもしれませんけども、ですね、アアハ、ごめんなさい、ワタシ日本語があまり得意ではないでしょうけれどもがですね。上書き。これが欲しいよこちら側はですよ。何度も何度も上書き。どんなに疲れてヘトヘトになっても、次の日には健康ピンピンしてやって来る。そうゆう人

 

部長たちから歓声が上がり、スタンディング・オベーションが巻き起こった。

 

 

 

 

 

 

殺菌の徹底 / ムリ

Title : 「モフモフな者はどう洗えばいいの?」とはヤマザキのミルクパン・タヌキ

 

 

コロナ・ウィルス騒動のただ中、やはり噴出かノーテンキ日本の対応措置。人人伝染の最悪ウィルスの前に、迅速ではないチンタラ対応。保菌者を野放し、ゴユルリと今後は強制入院。うつされた人は自己責任。

やはり自由の国ニッポン。大多数より個人の要望を最優先、何という人権保護体制。ウィルスを知る会を開きたくても情報なしの未知ウィルス。

マスクの正しい付け方、手洗いの方法、など気休めを絵で描いたような報道も微笑ましい。実際、出先で手洗い徹底しても帰宅の乗り物車内で何に捕まるのか。

手袋しても手袋にウィルス付着。ということは衣服にも付着。マフラーだのコートの繊維に付着ならマツゲにも髪の毛にも付着。

改札で磁気カード叩きつけてるけど、前の保菌者がウィルス付きのカード叩きつけてたらドーすんの?。

アプリ使用なら接触不要。コロナウィルスはCPウィルスと違うけんネ、ケケケ。

自分だけは助かりたい、は皆同じ。自分と家族とアノ人とアノ人だけは助かりたい、など色々ございましょう。

自分にとって一番大切な人は誰か。それがわかるだけのコロナ騒動なのデッス。

ねたみ / やっかみ / そねみ / 自分を亡ぼす3み一体

Title : セルフ・コントロール・システム

 

 

ねたみ。妬み。

女が石になる、と書く。本来はおしゃべりで屈託のない女性が無口で頑な(かたくな)になってしまう程のマイナス感情。とはいえ、最近では男性も中性化してしまい、ねたみ、そねみ、やっかみも同等シェアするほどにまで進化してしまった。

退化の為の進化。この代表例だろう。その退化は劣化のようなものではなく、幼児化と言えば分かり易いものの、細胞は若返るどころかボーロボロの卵ボーロのまま、マルコ・ボーロのように東方見聞録が執筆できるわけではない。

ねたみ、はシット。

やっかみ、は、ねたみを行動で表したもの。やっかみで悪い噂を流してしまった、といったような。

そねみ。近年は死語に近いが、嫉み自体は日常的にバンバン行われているサムライニッポン。

シットやヤッカミ、それより悔しくてタマラン、の感情が強い。

クヤシければ精神のバランスを失い、自分をコントロール出来ない未熟者は自暴自棄にも似た行動に出る。クヤシさは、やり場のない怒りを肥大させ、心に重いストレス石を積み上げてゆく。押しつぶされる限界点前に突発的に心の外部に吐き出す。

それがかなりシンドイ場合は日常的に小出しにする。

 

バイクによる集団暴走が昭和の抜きがたい要素のひとつ。落ちこぼれ共が、自分の存在感を示したくてたまらず爆音とどろかせ公共道路の花道をジグザグ走行。

不景気になった平成、1台が50万円前後する200CCバイクを更に10万かけて改造出来る奴らは居なくなり、あげくに、仲間でつるまないオヒトリサマになってしまいもしたので、

狂気の暴走チャリが台頭するようになった。高額であろうがなかろうが、とにかくチャリで人を脅かし威嚇する幼稚なブチ切れ走行。

平成最後から問題になり始めるのが、今度は

四輪車によるアオリ運転

 

シット、ねたみ、やっかみ、そねみ。所得の二極化が進めば進むほどマイナス感情が身体を蝕んでゆく。人を傷つけたい、幸せそうな笑いが出なくしてやりたい。

人を傷つける、殺傷する。人の人生、運命を握っているのはオレ。などという歪んだ蜃気楼優越感を持つ人間は思考に客観性がない。

ストレスを溜め込まずに何か他の事をして発散すればいいのに。

しかし、何か他の事を熱中して継続するためには軍資金が要る。

軍資金を調達するにはサマザマなやりかたを用いなければならない。思考能力を駆使して軍資金を稼ぐ。

思考能力が低ければ軍資金の額も低い。あるいは、即刻、両手が後ろに回る。

 

甘えた乗り物による、ねたみの発散は、毎度のこと新しい法規制で鎮火する。乗り物で、というよりアイテムで、という事だろう。

法規制しづらいのが、

スマホなどのアンドロイド系アイテムを用いた誹謗中傷。姿の見えない無数のネタミ。

ターゲットを追い落とせれば、無数のストレス保持者にストレス倍加のヌマを与えることも可能だ。

誹謗(ひぼう)中傷攻撃で自身のストレスが発散できスカッとした、など有り得ない。スカッとした気分になった気がしただけで、自分の価値が1ランク落ち、その隠せない事実が自分を騙せず、コンプレックスがストレスを化け物に作り替えるだけのことなのだ。

ねたみ、やっかみ、そねみ。どれも英語ではJEALOSY(ジェラシー)、たったヒトコト。どの言葉も大して変わらぬ意味なのに、ワザワザ単語を3種類も作るとは。今ならさしずめ、

ヤベー。

これだけ。

 

ブログ掲示板

Title : 梅干お気に入り登録ボタン

 

 

2018年 単独2月〈年間累計ではなく1ヶ月のみ〉

only one month, not year to date

 

◆ブログを訪問した検索ロボット総計 5,091

total number of search robots who came to this blog

 

◆ブログを訪問した検索エンジン総数 109

total number of search engine who came to this blog

 

★お気に入り登録総数 4,809

total number of favorites

 

 

2019年単独2月〈年間累計ではなく1ヶ月のみ〉

◆ブログを訪問した検索ロボット総数 20,075

◆ブログを訪問した検索エンジン総数 141

★お気に入り登録総数 659

 

 

2020年単独1月〈年間累計ではなく1ヶ月のみ〉

◆ブログを訪問した検索ロボット総数 56,199

◆ブログを訪問した検索エンジン総数 286

★お気に入り登録総数 1,080

コロナウィルスで思い出す日本人の薄情さ / 世界を救う単細胞

Title : 見知らぬナース

 

 

新型コロナウィルス対策。TVなどによる対策は、風邪対策とほぼ変わらず、で安心したい視聴者を到底満足させられず。

もっと有効なディフェンス情報を探し回る人々は、足元救われる形でSNSデマ情報に振り回される。

武漢から帰国した人々全員が感染しているわけではないとTVが報じても、100パーセント感染者扱いして聞く耳持たないのが情けない日本人。これまでも常にそうだった。被害者に寄り添わず、近寄るな迷惑だ!と眼を釣り上げる。

 

Title : モヒカンさんが転んなウィルス

 

例えば、水俣病に感染した同じ地元住民宅へ「出て行け!迷惑だ!!」と投石する。一人や二人の仕業ではない。

確認しておくが、水俣病が人から人へ感染すると信じられていた後、そうではないと発表された後も出て行けコールは依然として続いた。

こんな日本人の悲しい行為、水俣に限らず列島各地で同様の報告が寄せられる。だからだろうか、

日本人が世界の人々を救うヒーローものが国内では人気。無論、問題山積の国際情勢のミジンも語られず、主人公も作品視聴者も、そんなことに知識など無くても世界を救う事は可能だと信じて疑わない。

洋画より邦画が圧倒的人気を誇るようになった昨今、その傾向は間違いなく加速したのだろうと推測できる。ただし、子供向けの要素であれば例外、洋画もOK。こむずかしい要素がないから。

世界はより複雑な様相を呈し、日本人はより単純な思考力と化す(自虐的に爆)。

風評被害 / 噂による被害 / 伝聞被害 / 偽報道被害

Title : カブトガニには勝てないカブトエビ

 

 

「風評って難しくないか?。根拠あるウワサと根も葉もないウワサ、どっちなんだろ、風評って」

「パカパカ。根拠ないからウワサなんでしょーよ。根拠あれば各関係機関の発表報道でないのかい」

「そうなの?。昔、バターが敵視されたことあったよね。動物性は身体に悪い、毒だって。

そんでもって、代わりに今後は植物性のマーガリンだ、なんて発表されたもんだから、オレらバカバカ食ってたら、何十年もして、やっぱりマーガリンは良くなかったことが分かった、バターは良かったことが分かった、って何だそりゃ。これってウワサだったの?、報道だったの?。ファイナルアンサー」

「何でファイナルなんかね?。それに、オレ1人が言ってオマエ1人だけが聞いて、何でウワサになるのだパカパカ」

「ウワサって最低何人からなの?」

「知らん。でも日本ったらいい加減な風評だかウワサばっかだかんね。地方観光地でもサー、これで〇〇〇すると〇〇〇になると昔から言われておりますって言ってるけんど、誰が言ってんの?、ねぇ。ソース元は明かさんのだ。こういう口上ってウワサ伝承?。言い伝えというのは伝聞かね、もしもし」

「伝聞だったとして、それは根拠ある伝聞か、根も葉もない伝聞かだわねえ」

「織田信長、名前は長く信じるって意味だろ?。アヤツは誰も信じてなかったっしょ?。光秀に裏切られるけど、別に光秀を信じてたわけじゃないしねー」

「ソレ言うなら、光秀って秀でた光っつー意味だけど、秀吉の秀でた吉とではドッチが秀でているの?。光も吉も目には見えないから根拠ないのかなー」

「す、鋭いッ。だったら奴らの存在は単なるウワサでないの?。家康は家が安らげるって意味だけども、家康の実家って健康ランドとか温泉宿だったの?」

 

 

 

変身ヒーローよ永遠に! / キミのそばにいるからね

Title : 涙チョチョ切れシズクマン

 

 

「若者が口にしなくなった言葉って何だろうかね」とイナズマンは言う。

「青春、明日、若者、ナンパ。Gパン、レイバンのサングラス、バックスキン(靴)。柔肌、ラブレター」とレインマンは答える。

「今、掲げた言葉はみな流行語なのか普遍的若者代名詞なのか」とイナズマン。

「平成初期までは代名詞だと思っている者もかろうじて居たようだ。今は絶滅確認代名詞宣言をしても差し支えないだろう」とレインマン。

「今、明確に若者の代名詞と成り得るものを教えてくれ」とサンライズマン。

「残念ながらない。多様性の時代に入り、十派ひとからげのひとくくりは不可能となった。良い事だ。1人1人が自分の意志に忠実になった」レインマン談。

「待て。言葉による表現力はどうだ。コチラは画一化の極致を迎えた風に思えるが。ヤバイ、スゴク、ユルイ、癒される。これだけで何でもかんでも済ませてしまっている風に感じられるが」とメットを脱ぎながら遅刻のクラウドマン。

「それだけあれば何の問題もない。主観が特化した新しい人間達なのだ。他人に関心がない。第三者を認識しない以上、もはや客観性は必要ない」と丸男。

「君は誰だ。これは内輪の会議だ。関係者以外は立入禁止だ、出てってくれ」とマスクの下からくぐもった不快感あらわなイナズマン。

「どこから入って来た」とサンライズマン。

「サイトなら何処からでも侵入可能だ」と緑茶ペットボトルのキャップの閉まり具合を確認しながら丸男。

「いいだろう。今キミが語った客観性、もう少し詳しく続けてみてくれ」とクラウドマン。

「若者達の流行り歌の歌詞を聴くがいい。昔と顕著に違うのは、身の回りや自然、都会、何でもかんでも様子や有様を描写しない、というのが特徴だ。

丸山恵子の ♪ どうぞこのまま ♪ の詩中、♪ 曇りガラスを伝わる 雨のしずくの様に ♪ 、だとか、

大橋純子の ♪ 黄昏マイ・ラブ ♪ のような、♪ 夕立が白い稲妻連れて 悲しみ色の日暮れにしていった ♪ 、

に見られる様な状況描写がない。

サザンオールスターズの ♪ 真夏の果実 ♪ といった比喩もあまり使わない。作詞家の問題ではあるのだがね。

タメグチをそのまま歌ってもあまり歌詞とは言えないような気がするのだが。これは私が年寄りだからかもしれない」とそこまで言って緑茶ペットボトルを発作的に激しくシェイクし始める丸男。

「だからかもではない、年寄りだ。…うるさい、それを振るのはよせ」とシェピハド・イナズマ光線を放つ時の両腕卍ポーズをとるイナズマン。

「逆に永遠、だとか、いつも笑っていたい、とか、君のそばにいるよ、といった意味合いの歌詞が非常に多い。昔よりも若者の置かれた環境が厳しいのだろう。悲しくて立ち止まり途方にくれている姿が思い浮かぶ。誰かそういった若者の姿を目撃した者はいないか!」と突然立ち上がるレインマン。

「座れ!会議室をびしょ濡れにするつもりか!」サンライズマン談。

「すまない。この部屋にジューン・ブライドなど居はしないというのに…」

「誰も見ていない。若者達は地下に潜ってしまった。外で彼らのソウルを見かけることなど最早不可能だ」

「では誰が助けを求めているか我々には分からないではないか。一体どうする」と突然ドアが開き転がり入場するアイダホマン。

「アイダホマンよ、窮地に立った若者が我々を呼ぶ際に空めがけ発射するレスキューボンバーはどれだけ若者に配れたッ」と身を乗り出すクラウドマン。

「朝登校時、学校の前で配ろうとしたが監視カメラで不審者通報され、駅ではラッシュアワーに揉まれ誰1人として手渡すことが出来なかった」

「どうすれば我々は彼ら彼女らを救うことが出来るのか!」とイナズマン。

「過去の人気実績さえあれば商品フィギュアとなって彼らを癒せる。それが我々の新たなる救出方法だ。此処にいる全員は商品化価値がないのだが」とアイダホマン。

しかし彼だけは唯一、フィギュアでこそないがポテチのイラストに使われている。じゃがいもの後ろに小さくではあるが…。

 

 

 

 

ネバー・エンディング・ストーリーとエンド・ストーリー / マイティドラゴンの頃

Title : 「アレッ?!、オレもしかして自力で空中浮遊してる?」

 

 

子供の遊び相手が龍だった頃、少年少女はその背中にまたがり世界中を駆け巡る事に思いをはせた。

小学1年生だった私は『エルマーと龍』という絵本に夢中だったし、その後、ピーター、ポール&マリーの ♫ パフ ♫ を好んで歌うようになった。パフも魔法の龍だった。

更にその後、映画『ネバー・・エンディング・ストーリー』ではファルコンという龍が少年を背に乗せる。

子供が夢を視なくなり、空想のおとぎの国は消滅しかかっている。不毛な現実の虚しさを子供達に思い知らせるために、虚無という名の狼がおとぎの国へ入り込んで来た…。

更にその後、映画『トイ・ストーリー』では、おさな児が成長し友達だったオモチャと決別する悲しみが切々と描かれる。

 

ここ日本では、油絵具で描く洋画より、日本独特の顔料で描く日本画の値段の方がバカ高い。何十倍もの価格差も驚きではない。洋画は西洋の猿真似で日本画は日本独自の物だから、という理由。

日本画では好んで龍がモチーフに選ばれ、有名寺の天井がや壁画への依頼が舞い込んでくる。そのギャランティーは非常に高額だ。

 

私には大きな疑問がある。

龍は空想の生き物。当然、作家は自身の想像で龍の姿を描くことになる。

日本画家の方々の描く龍は、みな同じ姿かたちをしている。

何故か。

昔の人が書いた龍をコピーしているだけだからだ。

う~ん。寺の屏風や天井画、日本画の龍、子供達は見ないもんねぇ。

 

だったら独創性はいらないのかな?。

おためごかし / 規制だらけの母国語

Title : ストーブ・リーグの時期のみ存在感を見せつけるカモ

 

おためごかし。この言葉は今や死語。ゆえに、おためごかし商法が大手を振って渡り歩けるこの国。大学進学で独り暮らしの方、気を付けましょう。

宇宙へ期待弾ませこれから発信、という時に…。

ヤマトの国から宇宙旋回して幸福の惑星探しても、見つけられずに悔し涙で

イス噛んでる

名ばかりの科学SHOW。

 

そういえば、

いけしゃあしゃあ、の物言い。も死語。池をシャーシャー滑り泳ぐ渡り鳥のように滑らかに喋る、という意味ではない。

 

神対応?。死神が迎えに来ても感謝するのかネ。

 

猛暑に対してこの時期は猛寒、ではなくて厳寒。だったら厳暑はダメ?。

ダメだってさ。

この国の言語って何?。自国の言語からして規制オンパレード。しかも根拠なき規制。ただイタズラに関係者を振り回す規制。

 

天気、の気だから、気温。

天候、だから、候温。にはならずに、気候になってしまうのか。アーやだやだ、やだね、こんな日本語。漢字の書き取りマジメにやってると泣きたくなるネ。統一性、一貫性のルールを持たせないで難解にして規制する。あるのは混乱のみ。

考え過ぎ?。ア、そうか。その手があったね。

ヘタに考えるから規制に引っ掛かるのだった。

 

ひ弱な肉体から圧倒的破壊力 / 現実無視の非現実作品

Title: 軟体ぐにゃぐにゃ

 

 

日本のドラマや映画も、海外作品同様に、世界平和を目指すナンタラカンタラ物が多い。

多いが、海外のソレに比べて余りにお粗末、幼稚、非現実過ぎて情けなさの涙が止まらない。全力で同情、上から目線で冷ややかにコバカにせざるを得ない。私の様に寛大な人間をも、そんな風にさせてしまう日本の安直な子供騙し作品が憎い。

超能力少女、女捜査官、まぁ何だっていいんだが、筋肉ゼロ、これまでの人生で身体を鍛えたことなど一度もありません的な女子の蹴りやパンチで吹っ飛ぶ野郎共って……プッ。いくら超能力あるからったって、筋肉皆無、ガリガリヤセヤセ身体でその超能力使ったらアンタ、筋肉痛もコムラガエリも通り越して即緊急入院でしょーが。

ヤクザ、チンピラも大声でドス効かせて凄むけど、ガチ勝負の乱闘、身体出来てないし格闘技のカの字もないから、蹴り入れる時身体の中心軸がブレまくりで自身のパンチやキックに体重が乗らない。腰の回転がなければ相手を倒す破壊力なんてミジンも生まれない。

筋肉ない身体をそんなに斜めにして蹴り繰り出したら、軸足はらわれただけで大転倒してしまうではないですかー。

日本の若者は、外見命の極端な価値観。顔も身体も整っていなければダメ。しかし、そこに筋肉云々は100パーセント除外。

つまり、努力の積み上げ的要素には全く関心がない。

凄いスピードで空飛べる超能力持ってる少年少女に鍛え上げられたハガネの筋肉がなければ、飛び立つ瞬発力その段階で重度のむち打ち症、て、何で誰も想像出来ないのだろうか。

要するに、現実を見据えて、踏まえた上での非現実的作品などではなく、現実完全無視のデタラメ夢気分の非現実的作品なのだ。

たかがドラマ、ではない。ミジンも不自然な奇妙さに気づかない人間が現実社会に増殖している恐怖に着目すべきだ。

作品の中で若い男が女に向かってキミと呼ぶ。現実社会、そんなヤツ滅多にいない。なのに何故、作品の中ではキミなのか。

陳腐なフィクションが大半になると、やがて信奉者達は現実社会をフィクションで捉えるようになる。要するに、『世間をナメてる』人に成る。

 

ツジツマの合わない非現実作品と、ツジツマの合う非現実作品、その両者の違いは?。

説得力のなさ、で大の大人はついてこない。それでも大の大人がついてくるというのであれば、世間知らずで大?。

国内でさえ世間知らずな人に限って、世界平和のために等と大きく出てしまう。

世間知らずは、大ではなく小の大人だから、すなわち大人子供。その人たちの口癖は、

 

「いくつになっても子供心は失いたくない」